マーベル(MARVEL)

【第3話ネタバレ解説】『ホークアイ』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ

【第3話ネタバレ解説】『ホークアイ』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ

2021年11月25日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)『ホークアイ』の動画配信がスタートしました。

ホークアイとしてアベンジャーズで戦ってきたクリント・バートンと、その彼に憧れ、一流の弓矢の腕前を持つケイト・ビショップ

アベンジャーズを辞めたい人とアベンジャーズに憧れる人のペアが犯罪組織と戦う、コメディ色の強いドラマです。

約束のクリスマスまであと4日に迫った『ホークアイ』第3話「エコー」のトリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素をまとめました。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

『ホークアイ』とは

アベンジャーズのホークアイこと、クリント・バートンが主役のドラマシリーズ。

愛する家族とのクリスマスを計画するも、突如トラブルに巻き込まれてしまったクリント。

原作での2代目ホークアイのケイト・ビショップや、単独ドラマ化も決定したエコーことマヤ・ロペスも登場。

さらに、『ブラック・ウィドウ』のあのキャラクターもクリントの前に立ちはだかります。

このドラマを観るには、以下の作品の視聴をおすすめします。

  1. 『アベンジャーズ』
  2. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
  3. 『ブラック・ウィドウ』

また、以下の作品を観るとクリント・バートンについてさらに理解が深まります。

  1. 『マイティ・ソー』
  2. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
  3. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
created by Rinker
¥1,980
(2022/01/17 22:01:29時点 楽天市場調べ-詳細)

マーベル作品(MCU)での時間軸

Total Filmの行った取材によると、『ホークアイ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の出来事から2年後とのことです。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2023年なので、『ホークアイ』の舞台は2025年12月になります。

そうなると、これまで公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4の中では、一番未来のことが描かれています。

登場人物

『ホークアイ』第2話までに登場した主要キャラクターを紹介します。

クリント・バートン / ホークアイ(ジェレミー・レナー/吹替・東地宏樹)

【11月24日(水)配信開始】『ホークアイ』登場人物、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
S.H.I.E.L.D.のエージェントにして、アベンジャーズ結成時の初期メンバーでもあるホーク・アイ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではサノスによって家族を奪われた悲しみから”ローニン”と名乗り、世界各地の裏社会の有力者たちを無差別に殺害してきた。

今作では子どもたちとニューヨークで休暇を楽しんでいる最中、ニュース番組でローニンの出現を知り、ローニンのスーツを持つケイトと遭遇する

ケイト・ビショップ / ホークアイ(ヘイリー・スタインフェルド/吹替・種﨑敦美)

【11月24日(水)配信開始】『ホークアイ』登場人物、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
少女の頃にチタウリから救ってくれたホークアイに憧れる大学生。

母の再婚を不審に思い、結婚相手のジャックを尾行ているうちに、闇のオークション会場に侵入。

会場がトラックスーツ・マフィアの襲撃に遭い、そのどさくさに紛れてローニンのスーツに身を包んで応戦する。

トラックスーツ・マフィアに取り囲まれたところをクリントに助けられる。

エレノア・ビショップ(ヴェラ・ファーミガ/吹替・井上喜久子)

ケイトの母。

2012年のニューヨーク決戦に巻き込まれて夫を亡くすも、警備会社を立ち上げて女手一つでケイトを育て上げる。

ケイトには告げずに旧知のジャック・デュケインと婚約を進める。

ジャック・デュケイン/ソーズマン(トニー・ダルトン/吹替・速水奨)

殺害されたお金持ちのアーマンド・デュケイン3世の甥で、エレノアの婚約者。

刀剣コレクターで、自らもフェンシングをたしなむ。

ケイトからは何かを隠していると毛嫌いされている。

アイヴァン・ヴァイオニス

トラックスーツ・マフィア 『ホークアイ』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
トラックスーツ・マフィアの幹部。

闇オークションを襲撃した際、ローニンのスーツを着た人物からの思わぬ反撃を受ける

情報網からその正体がケイト・ビショップであることを突き止め、部下のトマスとエンリケを引き連れて彼女をつけ狙う。

ローラ・バートン(リンダ・カーデリーニ)

クリントの妻で3児の母。

マヤ・ロペス / エコー(アラクア・コックス)

聴覚障害を持つトラックスーツ・マフィアのボス。

カジ

トラックスーツ・マフィアの一員。

ボスであるマヤの通訳を務めたり、他のメンバーよりも彼女からの信頼を得ている。

ピザ・ドック

ラッキー/ピザ・ドック 『ホークアイ』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
ケイトがアーモンドの屋敷の目の前で偶然遭遇した、左目が不自由なオスの野良犬。

のちに、ケイトはピザ・ドックがトラックスーツ・マフィアに暴行を受けているのを目撃し、彼を助け、自宅で保護することに。

差し出されたピザをおいしそうに頬張る。

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

【第3話】「エコー」

第3話は12/1に配信されます。まずは今までのおさらいをしましょう。

ホークアイに憧れるケイト・ビショップは、ひょんなことから暗殺者ローニンのスーツを手に入れ、トラックスーツマフィアと交戦。

その様子をテレビのニュース番組で知ったクリントは、過去にスーツを着用して起こした行動が裏社会から大きな恨みを買っていたため、その危険なスーツの回収に向かい、ケイトと遭遇します。

紆余曲折の末、スーツを回収したクリント。

しかし、ケイトを突け狙うトラックスーツマフィアとの因縁にケリをつけるため、彼らのボスとの交渉を試みようわざと捕まります。

そこに、潜入作戦とは知らずにケイトが現場に飛び込んでしまい、結果、二人とも捕まることに。

その様子をモニターとスピーカーの振動を通して観察していた女性ボスがゆっくりと立ち上がります。

ケイトの母の婚約者ジャックの本性と彼の叔父の急死…まだまだ謎が広がっていく物語の第3話。

created by Rinker
¥462
(2022/01/17 22:20:06時点 楽天市場調べ-詳細)

ドラゴン

ウィリアムは、ドラゴンに興味を持つ娘のマヤに「ドラゴンは別の世界に住んでいる」と話します。

MCUにおけるドラゴンといえば、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に登場した、ターロー村の守護神グレートプロテクター。

ターローは、簡単に行き来することのできない「別世界」であって、ウィリアムの示唆するところのドラゴンがグレートプロテクターのことだと考えることもできます。

スーツの大男

2007年、空手教室に通う幼いマヤ。

父親の背後にいたスーツの大男に頬を触られるとうれしそうな表情を浮かべます。

この大男の正体は明かされていませんが、『デアデビル』などに登場したウィルソン・フィスクことキングピンの可能性があります。

キングピンはニューヨークの裏社会を牛耳る犯罪組織のボス。

クリントがケイトに伝えた「関わるとまずい奴」というのもキングピンのことを示唆しているものと思われます。

顔についた手形

ウィリアムが死の間際にマヤの顔に触れると、手のひらに付着した血が手形のようにマヤの顔に残ります。

原作コミックでも同様の設定がなされていて、マヤは顔に白い手形のペイントを施しています。

72年式チャレンジャー

敵のアジトから脱出する際に、ケイトはすぐそばにあった赤いクラシックカーに乗り込もうとしますが、クリントは拒否しました。

この車はダッジチャレンジャーという70年代のクラシックカー。

実は、原作コミック「ホークアイ#3」だと2人がトラックスーツ・マフィアから逃れるためにこの車を使用しました。

USBアロー

一見、何の役にも立たなそうなUSBの矢。

これは『ホワット・イフ…?』【第8話】にも登場していて、クリントたちに残された最後の希望をつなぐための架け橋にもなった貴重な矢です。

ピムアロー

クリントが、ケイトの空に放った矢に対して、ピム(PYM)と書かれた矢を直撃させると、矢が一気に巨大化して地上の車に突き刺さりました。

このピムとは、初代アントマンことハンク・ピムと、彼が発見した物質の大きさを自由自在に変えることのできるピム粒子のことを指しています。

ハンク・ピムは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以前はクリントの所属するS.H.I.E.L.D.やアベンジャーズに対して、どちらかというと非協力的でしたが、クリントと現アントマンのスコットは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で協力関係にあったことも影響しているのか、クリントがピム粒子の技術を持った矢を使うようになったのかも知れません。

もしかすると、本作と2023年公開予定の『アントマン&ワスプ: クアントゥマニア (原題)』がつながる可能性もあります。

クラシック・ホークアイ

ホークアイにはヒーローとしてのブランディングが必要と説くケイトは、クリントにホークアイの衣装を提案しました。

紫色のコスチューム、「H」のロゴが入ったヘルメット。

これらは原作コミック初期に描かれたホークアイです。

クラシックデザインのキャラクターは、『ロキ』第5話でも年老いたロキが原作コミック初期の衣装を着ていて話題になりました。

クリントとジャック

今エピソードは、部屋に潜んでいたジャックがクリントの喉元にローニンの剣を突き付けるところで幕を閉じました。

原作コミックでは、ジャックは若い頃のクリントに戦闘技術を教えた師匠として描かれています。

この2人の関係がどのようなものなのかは、今後のエピソードをうらなう上でも重要な役割がありそうです。