マーベル(MARVEL)

【第2話ネタバレ解説】『ホークアイ』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ

2021年11月25日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)『ホークアイ』の動画配信がスタートしました。

ホークアイとしてアベンジャーズで戦ってきたクリント・バートンと、その彼に憧れ、一流の弓矢の腕前を持つケイト・ビショップ

アベンジャーズを辞めたい人とアベンジャーズに憧れる人のペアが犯罪組織と戦う、コメディ色の強いドラマです。

約束のクリスマスまであと6日に迫った『ホークアイ』第2話のトリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素をまとめました。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
『サウンドトラック#1』
 19年来の親友である写真家のソヌと作詞家ウンスは、ウンスの創作活動に協力するために2週間限定の共同生活をはじめることに。
 友情と恋の境界線が曖昧になっていき、次第に新たな感情が芽生え始めて…。
共感できる
もどかしくて切ない
挿入歌がサイコー

作品詳細ページ

『スノードロップ』
 1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。
 厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。
秘密にドキドキ
アクションシーン
ハラハラ

作品詳細ページ

『マーダーズ・イン・ビルディング』
 ニューヨークの高級アパートを舞台に、実録犯罪マニアという共通の趣味で仲良くなったチャールズ(スティーブ・マーティン)、オリバー(マーティン・ショート)、メイベル(セレーナ・ゴメス)という異色のトリオが、建物内で起きた死亡事件の謎を解き明かサスペンスコメディ。
推理がわかりやすい
セレーナかわいい
イケオジ要素

作品詳細ページ

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

『ホークアイ』とは

アベンジャーズのホークアイこと、クリント・バートンが主役のドラマシリーズ。

愛する家族とのクリスマスを計画するも、突如トラブルに巻き込まれてしまったクリント。

原作での2代目ホークアイのケイト・ビショップや、単独ドラマ化も決定したエコーことマヤ・ロペスも登場。

さらに、『ブラック・ウィドウ』のあのキャラクターもクリントの前に立ちはだかります。

このドラマを観るには、以下の作品の視聴をおすすめします。

  1. 『アベンジャーズ』
  2. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
  3. 『ブラック・ウィドウ』

また、以下の作品を観るとクリント・バートンについてさらに理解が深まります。

  1. 『マイティ・ソー』
  2. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
  3. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
created by Rinker
¥1,980
(2022/05/16 11:15:38時点 楽天市場調べ-詳細)

マーベル作品(MCU)での時間軸

Total Filmの行った取材によると、『ホークアイ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の出来事から2年後とのことです。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2023年なので、『ホークアイ』の舞台は2025年12月になります。

そうなると、これまで公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4の中では、一番未来のことが描かれています。

登場人物

『ホークアイ』第2話までに登場した主要キャラクターを紹介します。

クリント・バートン / ホークアイ(ジェレミー・レナー/吹替・東地宏樹)

【11月24日(水)配信開始】『ホークアイ』登場人物、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
S.H.I.E.L.D.のエージェントにして、アベンジャーズ結成時の初期メンバーでもあるホーク・アイ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではサノスによって家族を奪われた悲しみから”ローニン”と名乗り、世界各地の裏社会の有力者たちを無差別に殺害してきた。

今作では子どもたちとニューヨークで休暇を楽しんでいる最中、ニュース番組でローニンの出現を知り、ローニンのスーツを持つケイトと遭遇する

ケイト・ビショップ / ホークアイ(ヘイリー・スタインフェルド/吹替・種﨑敦美)

【11月24日(水)配信開始】『ホークアイ』登場人物、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
少女の頃にチタウリから救ってくれたホークアイに憧れる大学生。

母の再婚を不審に思い、結婚相手のジャックを尾行ているうちに、闇のオークション会場に侵入。

会場がトラックスーツ・マフィアの襲撃に遭い、そのどさくさに紛れてローニンのスーツに身を包んで応戦する。

トラックスーツ・マフィアに取り囲まれたところをクリントに助けられる。

エレノア・ビショップ(ヴェラ・ファーミガ/吹替・井上喜久子)

ケイトの母。

2012年のニューヨーク決戦に巻き込まれて夫を亡くすも、警備会社を立ち上げて女手一つでケイトを育て上げる。

ケイトには告げずに旧知のジャック・デュケインと婚約を進める。

ジャック・デュケイン/ソーズマン(トニー・ダルトン/吹替・速水奨)

殺害されたお金持ちのアーマンド・デュケイン3世の甥で、エレノアの婚約者。

刀剣コレクターで、自らもフェンシングをたしなむ。

ケイトからは何かを隠していると毛嫌いされている。

アイヴァン・ヴァイオニス

トラックスーツ・マフィアの幹部。

闇オークションを襲撃した際、攻撃してきたケイトを付け狙う。

ローラ・バートン(リンダ・カーデリーニ)

クリントの妻で3児の母。

マヤ・ロペス / エコー(アラクア・コックス)

聴覚障害を持つトラックスーツ・マフィアのボス。

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

【第2話】かくれんぼ

思いがけずクリントと遭遇したケイト。

2人はトラックスーツ・マフィアの襲撃を避けるために留守中の叔母の家に向かう。

クリントはローニンのスーツの回収と、ケイトの安全を確保するためにトラックスーツ・マフィアのボスとの接触を試みる。

アパートの住民の名前

ケイトが隠れ家として向かったのは叔母のアパート。

アパートのブザーを鳴らすシーンでは、表札にいくつかの名前が確認できます。

ここに書かれている名前は原作コミックの原作者や漫画家の名前です。

MARVEL マーベル ステッカー silhouette ホークアイ DZ-81210

ケイトの叔母

冬はフロリダで過ごすため留守にしているケイトの叔母モイラ・ブランドン。

原作コミックのモイラ・ブランドンは元女優で、アベンジャーズに大邸宅を提供したり、窮地に陥ったホークアイを捨て身の覚悟で助けたりしました。

CREATURE OF THE DARK GALAXY

モイラの部屋には「CREATURE OF THE DARK GALAXY」という架空の映画のポスターが飾ってあります。

この作品の主演はモイラ・ブランドンとルーク・バラードのようです。

ルーク・バラードは映画の視覚効果アーティストで、様々なマーベルスタジオ作品に関わっています。

クリントの傷の手当

ケイトの傷の手当てに不満を感じたクリントは、彼女の傷口を丁寧に消毒して、絆創膏を貼りなおしました。

この動作は、『ブラック・ウィドウ』でナターシャがエレーナに施した傷の手当と同じ動作になります。

ブラック・ウィドウ 映画
『ブラック・ウィドウ』ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素、挿入歌まとめ【ホーク・アイのカメオ出演】MCU作品の最新作『ブラック・ウィドウ』が7月8日(木)より全国の映画館で劇場公開されます。 当初の公開予定から1年2ヶ月近く経っ...

グリルス

消防現場に置いてあったローニンのスーツを、LARPの衣装に使おうとして勝手に持ち出した消防士のグリルス。

サノスに決死の戦いを挑んだクリントをいとも簡単に倒し、仲間内での名声を手に入れました。

とても友好的な性格で、クリントとは最後に名前で呼び合って、メリークリスマスとともに別れを告げました。

グリルスは原作コミックではクリントの隣人として登場します、

カットニス・エヴァディーン

クリントとケイトがタイムズスクエアを歩いていると、アベンジャーズのコスプレをした集団に遭遇。

弓矢を持った女性のことをホークアイのコスプレじゃないかと問うケイトに対して、クリントは「あれはカットニスだ」と返答。

カットニス・エヴァディーンは『ハンガー・ゲーム』に登場する主人公の女性で、武器の弓矢を常に携えています。

コードル

ケイトの携帯電話にかかってきた見知らぬ番号の着信は、警察のコードル刑事。

コードルは原作コミックでもケイトの協力者として度々登場するため、今後も劇中に出てくる可能性があります。

ナターシャの得意技

クリントと電話越しで話すローラは、彼の考えている作戦を聞いて”ナターシャの得意技”と言います。

これは『アベンジャーズ』でナターシャが最初に登場したときの、敵のボスに尋問を受けているシーンのことを指しています。

ちなみに、クリントがトラックスーツマフィアに拘束された後の椅子の縛られ方も一致しています。

created by Rinker
¥1,760
(2022/05/16 04:41:31時点 楽天市場調べ-詳細)

ユーザー名: Bishop112012

トラックスーツマフィアに誘拐されたクリントを探すため、ケイトは追跡アプリにログインします。

その時に彼女が入力したユーザー名は”Bishop112012″。

これはケイト・ビショップとラッキーが初めて登場した原作コミック「ホークアイVol 4 #2」の刊行が2012年11月だったことに由来します。

エコー

トラックスーツマフィアのアジトにたたずむ黒髪の女性。

聴覚障害のため、部下のアイヴァンは身振り手振りで状況を報告しています。

この人物こそがマヤ・ロペス、またの名をエコーといいます。

原作コミックでは、エコーは『デアデビル』のヴィランにして暗黒街の帝王・キングピンに養女として育てられ、その後、日本にわたってローニンを名乗りました。

ディズニープラスは話題作がいっぱい

動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)は、ディズニー・ピクサー作品はもちろん、人気の映画やマーベル、スター・ウォーズのドラマシリーズを配信中。

さらに、話題の韓国ドラマ『サウンドトラック #1』 『スノードロップ』などの独占配信作品が目白押し!

すべて見放題で月額990円(または1,000円)

さらに公式HP申し込みからの年間契約だと、月あたり825円でオトクに利用できます。

【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外
Disney+ (ディズニープラス)

もう一つはdアカウント(ドコモ)経由からの申し込み。

ディズニーのオリジナル壁紙やディズニーストアの割引クーポンの配信もあるので、ミッキーが好きな方におすすめです。

もちろんドコモのスマホを使っていない人でも申し込みできます。

Disney+ (ディズニープラス)