マーベル(MARVEL)

【ネタバレ注意】『ホワット・イフ…?』登場人物、挿入歌、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ(随時更新)

【ネタバレ注意】『ホワット・イフ…?』 考察 マーベル アニメ

マッキーです。

2021年8月11日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)『ホワット・イフ…?』の動画配信がスタートします。

この作品はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のアニメ作品で、『アイアンマン』から『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』までのシリーズ23作品の“もしも”の物語が描かれています。

『ホワット・イフ…?』の予告編から、作品に登場するキャラクターについてまとめました

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

【7/9(金)配信開始】『モンスターズ・ワーク』登場人物一覧【吹き替え声優は変更?ランドールは出るの?何分?】
【7/9(金)配信開始】『モンスターズ・ワーク』登場人物一覧【サリーとマイクの声優は変更?ランドールは出るの?何分?】マッキーです。 ディズニー・ピクサーの人気作品『モンスターズ・インク』の続編に当たるアニメ『モンスターズ・ワーク』の配信が、7月9...

h2>『ホワット・イフ…?』とは

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では初めてとなるアニメーション作品シリーズ。

『アイアンマン』から『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』までのシリーズ23作品の、実際には起こらなかった“もしもの展開”を描いた作品。

1話完結のオムニバス形式。

1話ごとに1タイトルに沿ったストーリーが、ウォッチャーのウアトゥ視点で語られます。

Contents

今までのアニメ作品との違い

マーベルでは、『MARVELスパイダーマン』『MARVELアベンジャーズ・アッセンブル』、日本オリジナルの『MARVELフューチャー・アベンジャーズ』など、MCUの展開が本格化した後も多数のアニメーション作品を発表してきました。

『ホワット・イフ…?』がその他のアニメ作品と大きく異なるのは、MCUの一部であること

つまり、『ホワット・イフ…?』で起きた出来事には、その他のMCU作品と相互に影響を及ぼす可能性が秘められています。

ドラマ『ロキ』を既に鑑賞した人ならば、シーズン1第6話で発生した多元宇宙が、『ホワット・イフ…?』に関わっているようにも感じるのではないでしょうか。

また、他のアニメ作品との大きな違いは、原語版の声優

そのほとんどの登場人物の声を、MCU作品で同じキャラクターを演じた俳優さんが担当しています(一部除く。)

最も注目されているのは、ティ・チャラ

『ブラックパンサー』でティ・チャラ/ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンさんは、2020年8月に病気でなくなりました。

チャドウィックさんの出演シーンの収録は亡くなる前に終えていたため、『ホワット・イフ…?』がチャドウィックさん演じるティ・チャラのラストになります。

『アベンジャーズ・エンドゲーム』では終盤の登場ながらも、その勇ましい声とたたずまいで圧倒的な存在感を見せつけてくれたチャドウィックさんのティ・チャラ。

彼のエピソードはマーベルファンならずとも要注目です。

『ホワット・イフ…?』登場キャラクター(予定)

『ホワット・イフ…?』は毎回新しいエピソードが展開されるため、ウォッチャーのウアトゥを除く登場キャラクターは1話ごとに変わります。

予告編に登場したキャラクターを紹介しましょう。

ウォッチャーのウアトゥ

マーベル世界には、多元宇宙のすべてを監視する”ウォッチャー”という異星人が登場します。

このウォッチャーは、『ロキ』に登場したタイムキーパーとは全く異なる存在です。

『ホワット・イフ…?』はウォッチャーの一員であるウアトゥの目線でストーリーが語られるのではないかと予想されています。

このウアトゥの原語版の声優をジェフリー・ライトが担当。

ジェフリー・ライトは2022年公開のDC映画『ザ・バットマン』で、バットマンと交友関係を持つ刑事のジェームズ・ゴードンを演じます。

トニー・スターク

『アイアンマン』の冒頭シーンで登場。

この時はアイアンマンではありません。

エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス / ウンジャダカ(声 – マイケル・B・ジョーダン)

爆発に巻き込まれそうになるトニー・スタークを、『ブラックパンサー』のヴィランであるキルモンガーが間一髪、救助します。

ガモーラ

『アベンジャーズ』のニューヨーク決戦の集合シーンのように背中を合わせる、ティ・チャラ率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。

そのメンバーのガモーラは、なんとサノスの持つ両刃の大型剣を持っています。

背景の看板は「眼メ」「音楽JOYSOUND」などと書かれているため、ひょっとしたら舞台は東京の可能性も。

ソー(声 – クリス・ヘムズワース)

明るく照らされた島の上空でウルトロンとぶつかり合うソー。

この小島は、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の舞台になったマドリプールです。

また、髭のないバージョンのソーも登場します。

ブルース・バナー / ハルク(声 – マーク・ラファロ)

ほんの一瞬ですがハルクも登場

ハワード・ザ・ダック(声 – セス・グリーン)

実は『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも助っ人として参戦していたハワード・ザ・ダック

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と同じくセス・グリーンが声を担当します。

キャプテン・ペギー・カーター(声 – ヘイリー・アトウェル)

キャプテン・アメリカのような盾を構えて、勇ましく敵の懐に飛び込んでいくペギー・カーター。

スーパーソルジャー血清によって力を手に入れたペギーの服には、彼女の祖国・英国の国旗が刻まれています。

アイアンマンなのか、アイアンモンガーなのか、人型のマシンの上をベイマックス風に乗る姿も。

この映像には『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などに登場した悪の科学者アーニム・ゾラの姿も。

さらに、ドクター・ストレンジと対面するシーンも。

タコのような怪物を手に持った剣で切り刻みます。

この怪物はシュマ・ゴラスという『ドクター・ストレンジ』の原作に登場する邪神で、1995年にカプコンがリリースした格闘ゲーム『MARVEL SUPER HEROES』にも登場しました。

アーニム・ゾラ(声 – トビー・ジョーンズ)

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などに登場した悪の科学者。

キャプテン・ペギー・カーターのシーンで登場。

ドクター・ストレンジ

ペギーとの対面やエンシェント・ワンとの戦闘など、いくつかの場面に登場します。

エンシェント・ワン

ドクター・ストレンジと戦うエンシェント・ワン

ティ・チャラ / スター・ロード(声 – チャドウィック・ボーズマン)

ピーター・クイルの代わりにヨンドゥによって宇宙へ連れていかれたティ・チャラ。

スター・ロードの装備もしっかり身に着けています。

ヨンドゥ・ウドンタ(声 – マイケル・ルーカー)

ティ・チャラとミーティングをしたり、ヤカの矢で彼を援護したりと、クイルのスター・ロードよりも馬が合いそうなヨンドゥ。

コラス・ザ・パーサー(声 – ジャイモン・フンスー)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でスター・ロードと対立していたコラス。

ティ・チャラ、ヨンドゥとともに並び歩く。

テイザーフェイス(声 – クリス・サリヴァン)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 』でヨンドゥを裏切ったテイザーフェイス。

ティ・チャラ、ヨンドゥとともに並び歩く。

クラグリン・オブフォンテリ(声 – ショーン・ガン)

兄のヨンドゥとともに登場。

ロキ(声 – トム・ヒドルストン)

「大いなる目的」のために軍隊を率いるロキ

クリント・バートン / ホークアイ(声 – ジェレミー・レナー)

矢をつがえてゾンビに向かって構えをとるクリント。

グランドマスター(声 – ジェフ・ゴールドブラム)

ヨンドゥたちと乱闘を行うグランドマスター。

シュリ

ドーラ・ミラージュを従えて建物から打って出てきたシュリ。

ペッパー・ポッツ

トニー・スタークの秘書であり恋人のペッパーは、どういうわけかシュリと一緒に銃で応戦。

スパイダーマン

ウェブシューターを飛ばすスパイダーマンは、『スパイダーマン:ホームカミング』のコスチュームを着用。

エゴ

ピーター・クイルの父エゴが人の姿で登場。

ウルトロン

ソーと戦うほか、ウルトロン軍団を従えているシーンで登場。

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ

赤いエネルギーを身にまとい、力を開放しているワンダ。

ラモンダ

ティ・チャラの母であるラモンダは、ワカンダの外と思われる都市でドーラ・ミラージュを指揮しています。

ドラックス

ティ・チャラに頬を寄せ、仲良しアピールのお茶目なドラックス。

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

キャプテン・アメリカの盾を投げるナターシャ。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも、投げ捨てられた盾をバイクで回収しました。

俳優が声を担当する登場予定キャラクター

ハワード・スターク(声 – ドミニク・クーパー)

ジェームズ・ブキャナン・“バッキー”・バーンズ / ウィンター・ソルジャー(声 – セバスチャン・スタン)

エイブラハム・アースキン(声 – スタンリー・トゥッチ)

ティモシー・“ダム・ダム”・デューガン(声 – ニール・マクドノー)

ジェーン・フォスター(声 – ナタリー・ポートマン)

ニック・フューリー(声 – サミュエル・L・ジャクソン)

ネビュラ(声 – カレン・ギラン)

サノス(声 – ジョシュ・ブローリン)

ハンク・ピム(声 – マイケル・ダグラス)

スコット・ラング(声 – ポール・ラッド)

カート(声 – デヴィッド・ダストマルチャン)

ブロック・ラムロウ / クロスボーンズ(声 – フランク・グリロ)

コーグ(声 – タイカ・ワイティティ)

【月額548円】auスマートパスプレミアム【映画割引&動画見放題】

映画を観るならauスマートパスプレミアム

auスマートパスプレミアム月額548円のサービス。

もちろんauの携帯電話を使用していなくても加入することができます。

ここがすごい
  1. 映画が1,200円~鑑賞できる
  2. マクドナルドコーヒー無料券などのクーポンが豊富
  3. 音楽・雑誌・ゲームが遊び放題
  4. スタバや駅で使えるau Wi-Fiスポットを使い放題
  5. 雑誌が80誌以上読み放題→「週刊文春」も
  6. 音楽が聴き放題→『紅蓮華』、シンエヴァ主題歌も
  7. ゲームし放題→懐かしのファミコンゲーム

さらに、話題のTVアニメ『鬼滅の刃』『呪術廻戦』全話を視聴することができます。

もちろん動画保存ができるので好きな時に何度でも見れちゃうんです。

そのほかにも特典盛りだくさん!

ここでは語りつくせないauスマートパスプレミアムの魅力はこちらの記事にまとめています。

【30日間無料】auスマートパスプレミアムのお得なメリット一覧こんにちは、マッキーです。 今日は映画やエンタメが好きな人にぜひおすすめしたいのがauスマートパスプレミアム。 月額548円...

こんなにお得なのに料金はたったの月額549円。確実に元が取れます。

また、今なら30日間無料でお試しができます。

ぜひ入会してみましょう。