Disney+(ディズニープラス)

【ディズニープラス独占配信】セレーナ・ゴメス主演『マーダーズ・イン・ビルディング』あらすじ、キャストまとめ【犯人は?】

【ディズニープラス独占配信】『マーダーズ・イン・ビルディング』あらすじ、キャストまとめ

10月27日(水)より、Disney+(ディズニープラス)にて独占配信のスタートした『マーダーズ・イン・ビルディング(原題:Only Murders In The Building)』

ニューヨークにある同じ高級アパート”アルコニア”に住む、実録犯罪ドキュメントのポッドキャスト好きの3人。

とあるきっかけで意気投合した3人が、自分たちの住むアパートで起こった殺人事件の捜査に乗り出す。

職業や年齢、生き方の全く異なる3人が、自分たちの捜査をポッドキャストで配信したりしていくうちに次第に心を通わせていくものの、事件は思わぬ展開に!

アメリカのコメディ界のスターと若手人気女優によるサスペンスドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』を紹介したいと思います。

『サウンドトラック#1』
 19年来の親友である写真家のソヌと作詞家ウンスは、ウンスの創作活動に協力するために2週間限定の共同生活をはじめることに。
 友情と恋の境界線が曖昧になっていき、次第に新たな感情が芽生え始めて…。
共感できる
もどかしくて切ない
挿入歌がサイコー

作品詳細ページ

『スノードロップ』
 1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。
 厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。
秘密にドキドキ
アクションシーン
ハラハラ

作品詳細ページ

『マーダーズ・イン・ビルディング』
 ニューヨークの高級アパートを舞台に、実録犯罪マニアという共通の趣味で仲良くなったチャールズ(スティーブ・マーティン)、オリバー(マーティン・ショート)、メイベル(セレーナ・ゴメス)という異色のトリオが、建物内で起きた死亡事件の謎を解き明かサスペンスコメディ。
推理がわかりやすい
セレーナかわいい
イケオジ要素

作品詳細ページ

Disney+ (ディズニープラス)
ディズニープラスは話題作がいっぱい

映画が好きな方には動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ以外にも様々な映像作品が月額990円(または1,000円)で視聴できます。

『ウォーキング・デッド シーズン11』マーベルのドラマシリーズなど、独占配信作品も目白押し!

まずは一度、入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

『マーダーズ・イン・ビルディング』は1話あたり約30分

『マーダーズ・イン・ビルディング』は全10話。

1話あたり約30分になるので、全部で5時間くらいの作品になります。

ドラマのテンポも良いので、体感としてはあっという間に1話を観終わってしまいます。

『マーダーズ・イン・ビルディング』のここがおすすめ

せっかくDisney+(ディズニープラス)に入会したのなら、『マーダーズ・イン・ビルディング』はぜひ押さえてほしい、ドラマのおすすめポイントをまとめました。

豪華な主演3人

『マーダーズ・イン・ビルディング』で主演を務めるのは、スティーヴ・マーティン、マーティン・ショート、セレーナ・ゴメスの3人。

セレーナ・ゴメスは、子役からキャリアをスタートし、今や俳優、歌手、ファッションリーダーとして注目されています。

created by Rinker
¥2,016
(2022/05/15 19:13:40時点 楽天市場調べ-詳細)

一方のスティーヴ・マーティンとマーティン・ショートは、アメリカのコメディ界のレジェンド。

映画『花嫁のパパ』2人はで共演していて、最近ではネットフリックスで『スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜』でタッグを組むなど、公私ともに仲が良いです。

created by Rinker
¥1,493
(2022/05/15 19:13:40時点 楽天市場調べ-詳細)

すでに2人も70歳を超える老齢でありながらも、個性豊かな表情をのぞかせてくれます。

舞台はニューヨーク

『マーダーズ・イン・ビルディング』の舞台は、アメリカ・ニューヨークにある高級アパート。

セントラルパークが映し出されたり、冬のニューヨークの様子を感じることができます。

また、キャストたちが身を包む、最先端のファッションにも注目が高まります。

3人の推理にハマる

3人は毎晩、実録犯罪ポッドキャストを聞くのを楽しみにしています。

そのため、プロさながらの証拠調べや鋭い推理シーンがところどころで描かれています。

観ているうちに、あなたも気づいたら第4の仲間になっています。

Disney+ (ディズニープラス)

『マーダーズ・イン・ビルディング』キャスト

『マーダーズ・イン・ビルディング』に出てくるキャストをまとめました。

チャールズ・ハデン・サベージ(スティーブ・マーティン)

白髪のおじいちゃん。

アルコニアの14Cに住んでいます。

1990年代の人気の探偵ドラマTVシリーズ「ブラゾス」で主演を務めた俳優。

現在はリタイアしつつも、たまにオーディションを受けに出かけています。

人間不信なところがあるうえ、実生活で会話をしている最中に過去の演技のセリフで受け答えをするなど、腹の読めない性格。

興奮すると鼻血が出ます。

オリバー・パットナム(マーティン・ショート)

派手な服装でむやみやたらに話しかけてくるおじさん。

アルコニアの10Dに住んでいます。

ブロードウェイのミュージカル監督として、劇場に巨大なプールを持ち込んだ演目の「スプラッシュ」を公演するも客足は伸びず、莫大な借金を作ってしまいました。

今でも金銭的に苦しい生活を続けていて、息子夫婦に無心することも。

メイベル・モラ(セレーナ・ゴメス)

おしゃれな服に身を包んだ若い女性。

現在はアルコニアの12Eに住み、叔母の部屋の改装を手伝っています。

幼い頃から長期休暇のたびにアルコニアを訪れていて、事件の被害者ティム・コノと知り合い、男女4人で「ハーディボーイズ」を結成しました。

しかし、ある時、ハーディーボーイズの一人のゾーイが転落死してしまいます。

ティムはこの事件に関してメイベルに口を開くことがなく、10年経って再会しても彼女を遠避けていました。

ティム・コノ

アルコニアで死体として発見された青年。

警察は自殺と断定するも、死の直前にエレベーターで彼と居合わせたチャールズ、オリバー、メイベルの3人は不審に思い、実録犯罪ポッドキャスト好きが高じて、彼の死に関する調査を独自に開始します。

バニー

アルコニアの住人でアパートの理事長を務めている。

ウルスラ

アルコニアの管理人。重要な情報と引き換えに、ネットワークビジネスのツケでたまったミルクの買取を要求する。

テディ・ダイマス

第2話より登場。

アルコニアの住人で飲食チェーンのオーナー。

10年前にオリバーのミュージカルに投資をしたが、劇がコケたため大きな損失を被る。

今度はオリバーに、ポッドキャストのスポンサーになってくれるよう懇願される。

聴覚障害のある息子のダオと暮らしている。

ハワード・モリス

第2話より登場。

アルコニアの住人で大の猫好き。

ティム・コノの事件が起きた当日に、愛猫のエブリンが毒を盛られて殺害される。

エブリンはアルコニアの住人たちから愛される一方、ティムには目の敵にされていたため、ティムのことをよく思っていない。

グローバー・スタンリー

第2話より登場。

アルコニアの6階に住むセラピスト。

『マーダーズ・イン・ビルディング』各エピソード

第1話「トゥルークライム」

高級アパート”アルコニア”の大勢の警察官が駆け付ける。

アパートの非常階段を走るチャールズとオリバー。

彼らの着いた場所には、血にまみれたメイベルが死体の上にひざまずいていた…

—その2か月前

人間不信の元テレビ俳優チャールズ・ハデン・サベージ、売れないブロードウェイのディレクター、オリバー・パトナム、叔母のアパートの改装に来ているメイベル・モラ。

3人は高級アパート”アルコニア”に住む3人は、偶然、エレベーターで遭遇。

途中、電話をかけたビジネスマンが乗ってきたが、自分の部屋の階につくと何事もなく各々帰宅した。

急遽鳴り響いた警報によって建物から避難することになった3人。

居合わせたレストランで、彼らは特定の実録犯罪ポッドキャストのマニア同士だと知り意気投合。

彼らはアルコニアで殺人事件があったことを知り、内部に忍び込み、エレベーターで見たビジネスマン、ティム・コノが死んでいるのを発見する。

捜査官が自殺だったと信じていますが、3人はそうではないと考えています。

彼らは、エレベーターでのティムの必死の電話や、含む彼宛の小包の中にあった婚約指輪など、証拠を次々と発見していく。

一方、オリバーは息子との関係に苦しんでおり、チャールズは孤独の必要性について話し合っています。

そしてメイベルは、人々と個人的になることへの恐れを表明しています。

彼らは調査を続けながら、「建物の中の殺人者だけ」というタイトルのポッドキャストを開始します。

メイベルのパソコンに映し出された、仲の良い地元の4人組仲間「ハーディボーイズ」の昔の写真。

そこには、なんとティムの姿が。

第2話「ティム・コノは何者か?」

チャールズとオリバーは、ティムが何者であるかについてもっと知りたいと思い、メイベルと一緒に彼の追悼式に出席する。

ティムは他の多くの居住者の間で人気がなく、彼に対していくつかの苦情が申し立てられたことが明らかになった。

3人はより多くの手がかりを見つけるためにティム部屋に忍び込むも、お互いの信頼関係がうまく回りません。

メイベルはプライベートでビデオを録画しながら過去を回想する。

メイベルは子供の頃からティムを知っていて、後に新しい友達のオスカーとゾーイを加えて「ハーディボーイズ」を結成。

10年前のある夜、4人は建物の屋上で行われた大晦日のパーティーに出席、しばらくしてゾーイが遺体で発見されました。

ティムとメイベルは、ゾーイが死ぬ直前に見知らぬ誰かと口論していたところを目撃するも、ティムはこれを警察に開示せず、メイベルとの間に亀裂を引き起こした。

結果、事件の日の夕方にゾーイとケンカをしていたオスカーが彼女を殺害した犯人として逮捕された。

メイベルはティムのアパートを再び訪れ、宝石と彼女の古い写真を見つける。

第3話「隣人をよく知っていますか?」

チャールズ、オリバー、メイベルは、ティムの死体の近くに血のついた猫の足跡があったことから、ティムの隣に住み、猫を飼っているハワードが容疑者であると考えた。

そんな矢先、オリバーはウルスラから、家賃の支払いが滞るようならば部屋から追い出すというバニーからの警告文を渡す。

オリバーは昔の仲間のテディのところに行き、出資を懇願する。

一方、チャールズとメイベルはハワードの聞き込みを開始、思わぬトラブルが発生するも、冷凍庫に保存されていたハワードの猫の遺体の一部を入手する。

オリバーはポッドキャストを即開始することを条件にテディの出資を取り付ける。

意気揚々と愛犬のウィニーを連れてエレベーターに乗り込むと、アルコニアに住むミュージシャンのスティングと遭遇。スティングがウィニーのことを不快に思う様子を見て、オリバーはスティングを犯人なのではないかと考える。

ティムの部屋をひとり捜索するメイベルは、雑誌の中から「G.M.1/31 4:30pm 海岸通り」と書かれたメモに遭遇する。

オリバーは自分の部屋のドアに「ポッドキャストをやめなければお前を消す」と書かれた脅迫文を見つける。

家に帰ると、犬のウィニーが横たわっていた。

第4話「スティング」

第5話「ねじれ」

第6話「保護し、奉仕する」

第7話「6Bの少年」

第8話「ファンフィクション」

第9話「ダブルタイム」

第10話「開閉」

ディズニープラスは話題作がいっぱい

動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)は、ディズニー・ピクサー作品はもちろん、人気の映画やマーベル、スター・ウォーズのドラマシリーズを配信中。

さらに、話題の韓国ドラマ『サウンドトラック #1』 『スノードロップ』などの独占配信作品が目白押し!

すべて見放題で月額990円(または1,000円)

さらに公式HP申し込みからの年間契約だと、月あたり825円でオトクに利用できます。

【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外
Disney+ (ディズニープラス)

もう一つはdアカウント(ドコモ)経由からの申し込み。

ディズニーのオリジナル壁紙やディズニーストアの割引クーポンの配信もあるので、ミッキーが好きな方におすすめです。

もちろんドコモのスマホを使っていない人でも申し込みできます。

Disney+ (ディズニープラス)