Disney+(ディズニープラス)

『ザ・ビートルズ:Get Back(ゲットバック)』配信日・時間・あらすじ・公式グッズまとめ【Disney+(ディズニープラス)独占配信】

Disney+(ディズニープラス)独占配信『ザ・ビートルズ:Get Back』

マッキーです。

Disney+(ディズニープラス)では、11月25日(木)・26日(金)・27日(土)の3日間連続で、オリジナル・ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』を配信します。

ザ・ビートルズの史上初の映像や音源を鑑賞できるこの作品を楽しめるのは、Disney+(ディズニープラス)だけです。

今回は『ザ・ビートルズ:Get Back』を紹介したいと思います。

『サウンドトラック#1』
 19年来の親友である写真家のソヌと作詞家ウンスは、ウンスの創作活動に協力するために2週間限定の共同生活をはじめることに。
 友情と恋の境界線が曖昧になっていき、次第に新たな感情が芽生え始めて…。
共感できる
もどかしくて切ない
挿入歌がサイコー

作品詳細ページ

『スノードロップ』
 1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。
 厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。
秘密にドキドキ
アクションシーン
ハラハラ

作品詳細ページ

『マーダーズ・イン・ビルディング』
 ニューヨークの高級アパートを舞台に、実録犯罪マニアという共通の趣味で仲良くなったチャールズ(スティーブ・マーティン)、オリバー(マーティン・ショート)、メイベル(セレーナ・ゴメス)という異色のトリオが、建物内で起きた死亡事件の謎を解き明かサスペンスコメディ。
推理がわかりやすい
セレーナかわいい
イケオジ要素

作品詳細ページ

Disney+ (ディズニープラス)
『サウンドトラック#1』
 19年来の親友である写真家のソヌと作詞家ウンスは、ウンスの創作活動に協力するために2週間限定の共同生活をはじめることに。
 友情と恋の境界線が曖昧になっていき、次第に新たな感情が芽生え始めて…。
共感できる
もどかしくて切ない
挿入歌がサイコー

作品詳細ページ

『スノードロップ』
 1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。
 厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。
秘密にドキドキ
アクションシーン
ハラハラ

作品詳細ページ

『マーダーズ・イン・ビルディング』
 ニューヨークの高級アパートを舞台に、実録犯罪マニアという共通の趣味で仲良くなったチャールズ(スティーブ・マーティン)、オリバー(マーティン・ショート)、メイベル(セレーナ・ゴメス)という異色のトリオが、建物内で起きた死亡事件の謎を解き明かサスペンスコメディ。
推理がわかりやすい
セレーナかわいい
イケオジ要素

作品詳細ページ

Disney+ (ディズニープラス)
ディズニープラスは話題作がいっぱい

映画が好きな方には動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

ディズニー作品以外にも、『ナイル殺人事件』『ウエスト・サイド・ストーリー』などの様々な映像作品が月額990円(または1,000円)で視聴できます。

『ウォーキング・デッド シーズン11』マーベルのドラマシリーズなど、独占配信作品も目白押し!

まずは一度、入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

『ザ・ビートルズ:Get Back』とは

史上初の映像が、Disney+(ディズニープラス)でのみ観ることができます。

解散してから約半世紀以上経つにもかかわらず、今もなお世界の人々を魅了し続けるザ・ビートルズ

そんなザ・ビートルズの、ドキュメンタリー・クルーによって残された57時間以上の未公開映像と150時間以上の未発表音源が発見されました。

しかも、撮影されたのは1969年1月。

メンバーのソロ活動が活発化し解散も噂されたザ・ビートルズが、2年以上ぶりのライブコンサートに向けて曲作りを開始した時期です。

このとき生まれた曲が、後に『Abbey Road』『Let It Be』という最後の2枚のアルバムに収録されていくことになります。

この映像には、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴのスタジオでの収録時の様子や、ザ・ビートルズにとって最後のライブとなった、ロンドンのアップル本社の屋上での奇跡の42分間の“ルーフトップ・コンサート”がノーカット完全版で収録されています。

従来のファンはもちろん、ザ・ビートルズという伝説の音楽グループに興味を持ったばかりのビギナーにも楽しめる作品です。

『ザ・ビートルズ:Get Back』
公開記念グッズ

Part 1:第1~7日目

ザ・ビートルズはアルバム用に新曲14曲の制作とライブ・ショーを計画していた。
残された時間はたった3週間。
トゥイッケナム・スタジオに到着した彼らには、計り知れないプレッシャーが待ち受けていた。

Part 2:第8~16日目

ジョージがバンドから脱退するが、ポール、ジョン、リンゴの3人は復帰を願う。
その後、サヴィル・ロウに新しく作ったアップル・スタジオに移り、セッションを再開することにする。

Part 3:第17~22日目

新アルバムも完成に近づき、テレビ特番の予定を中止したザ・ビートルズは、3年ぶりにライブを行うかどうかの決断に迫られる。
彼らと制作チームは演奏場所の選択肢を広げていくうちに、もっと身近な場所で演奏することを検討し始めた。

Official The Beatles 2022 Calendar – Collectors Edition Record Sleeve Wall Format Calendar (The Official Beatles Collectors Edition Record Sleeve Calendar 2022)

『ザ・ビートルズ:Get Back』の配信時間は?

『ザ・ビートルズ:Get Back』は、11月25日(木)・26日(金)・27日(土)の3日間、3話連続で配信されます。

当初は2021年8月27日より映画館での公開が予定されていました。

作品は全部で約6時間になり、1話あたり2時間程度に収められています。

各日17時より動画の配信が開始します。

監修はピーター・ジャクソン

『ザ・ビートルズ:Get Back』の監修を務めるのは、映画監督のピーター・ジャクソン

『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズを手掛けた監督で、2018年には100年前に撮影された第1次世界大戦の記録映像を再構築したドキュメンタリー作品『彼らは生きていた』の監督・脚本を務め、高く評価されました。

全体のエッセンスを損なうことなく1つの作品を編集していく技術に長けたピーター監督でも、ザ・ビートルズの膨大な未公開映像と未発表音源の編集・復元に3年の月日を費やしました。

それだけ困難な作業であったと同時に、完成度の高い作品に仕上がっているのではないでしょうか。

『ザ・ビートルズ:Get Back』公開記念グッズ

PGSでは『ザ・ビートルズ:Get Back』の公開記念グッズの予約販売を行っています。

日本語版の写真集のほか、普段使いしたくなるようなアパレルグッズなども多数扱っているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

『ザ・ビートルズ:Get Back』
公開記念グッズ

ディズニープラスは話題作がいっぱい

映画が好きな方には動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

ディズニー作品以外にも、『フリー・ガイ』『ノマドランド』などの様々な映像作品が月額990円(または1,000円)で視聴できます。

『ウォーキング・デッド シーズン11』マーベルのドラマシリーズなど、独占配信作品も目白押し!

まずは一度、入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスは話題作がいっぱい

動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)は、ディズニー・ピクサー作品はもちろん、人気の映画やマーベル、スター・ウォーズのドラマシリーズを配信中。

さらに、話題の韓国ドラマ『サウンドトラック #1』 『スノードロップ』などの独占配信作品が目白押し!

すべて見放題で月額990円(または1,000円)

さらに公式HP申し込みからの年間契約だと、月あたり825円でオトクに利用できます。

【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外
Disney+ (ディズニープラス)

もう一つはdアカウント(ドコモ)経由からの申し込み。

ディズニーのオリジナル壁紙やディズニーストアの割引クーポンの配信もあるので、ミッキーが好きな方におすすめです。

もちろんドコモのスマホを使っていない人でも申し込みできます。

Disney+ (ディズニープラス)