ブラック・ウィドウ

『ブラック・ウィドウ』ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素、挿入歌まとめ【ホーク・アイのカメオ出演】

MCU作品の最新作『ブラック・ウィドウ』が7月8日(木)より全国の映画館で劇場公開されます。

当初の公開予定から1年2ヶ月近く経ってようやく実現しました。

マーベル映画を心より待ちわびていたファンも多いかと思います。

尚、『ブラック・ウィドウ』は7月9日(金)より、動画配信サービスのDisney+のプレミアムアクセス(追加料金が必要)でも視聴することができます。

気になる部分を過去の作品と比較しながらDisney+で観るという楽しみ方もできますね。

今回はそんな『ブラック・ウィドウ』のネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素、挿入歌を紹介しましょう。

【7/8(木)公開】『ブラック・ウィドウ』入場者特典、IMAX®、MX4D、4DX映画館一覧まとめ
【7/8(木)公開】『ブラック・ウィドウ』入場者特典、登場人物、映画関連グッズ、IMAX®、MX4D、4DX映画館一覧まとめマッキーです。 待ちに待った 『ブラック・ウィドウ』 が7月8日(木)に公開されます。 今回は『ブラック・ウィドウ』の入場者...
この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

幼少期のナターシャを演じたのはミラ・ジョヴォヴィッチの娘

『ブラック・ウィドウ』は幼いナターシャが自転車に乗るシーンからスタートします。

窮地に追い込まれても動じない、青い瞳と青い髪の少女。

この時代のナターシャを演じたのはエヴァー・アンダーソンさん。

ミラ・ジョヴォヴィッチさんと映画監督ポール・W・S・アンダーソンを両親に持つ、まさにスターの申し子です。

Disney+で配信予定の『ピーターパン』のウェンディ役を演じるなど、これからの活躍が大きく期待されています。

『007 ムーンレイカー』

ナターシャ一家が逃亡する前にリビングのTVで見ていたのは、映画『007 ムーンレイカー』。

この作品には極秘に開発された宇宙ステーションが悪の隠れ家として登場。

地上には存在せず、探しても見つけることのできないレッドルームにどことなく似ていませんか。

ノースインスティテュート

アメリカに潜入したアレクセイの目的は、ノースインスティテュートでS.H.I.E.L.D.が極秘に開発を進めているマインドコントロール技術の情報を盗むことです。

これは、実際にアメリカ国内でCIA主導によって進められていた洗脳実験「MKウルトラ計画」に基づいています。

アメリカン・パイ/ドン・マクリーン(American Pie /Don McLean)

ナターシャの家族が逃亡中に車内で流していた、エレーナのお気に入りの一曲。

1971年にリリースされたことを考えると、アレクセイやメリーナが子どもたちによく聞かせていたのかも知れません。

かりそめの生活が脅かされ、これからどうなってしまうのかもわからず逃亡する一家の現状と重ねあわせて聞いてみると一層切なく感じます。

視聴する[Amazon]

スメルズ・ライク・ティーン・スピリット/マリアJ(Smells Like Teen Spirit /Malia J)

ナターシャとエレーナが引き裂かれたときに流れていた切ない曲。

もともとはロックバンドのニルヴァーナが1991年にリリースした曲で、ドラムとベースがリズミカルに打ち込まれ、リズミカルで力強いテンポが特徴です。

視聴する[Amazon]

マリアJバージョンは『ブラック・ウィドウ』のためにリテイクされたバージョン。

聴きくらべてみると、後者は同じ楽曲とは思えないくらいエモーショナルで悲しい気持ちがにじみ出てきます。

視聴する[Amazon]

ナターシャの本当の家族

『ブラック・ウィドウ』はナターシャの“偽りの家族”の絆を中心に描かれています。

では、彼女の本当の家族は?

『アベンジャーズ』で洗脳したホーク・アイからナターシャの過去を聞き出していたロキは、幽閉されているところに現れたナターシャに「イワンコフの娘」と言いました。

イワンコフとは本作に登場するレッドルームの支配者のイワンコフ将軍のこと。

この発言だけを切り取るとナターシャがイワンコフの娘であるかのようにも思われがちです。

実際はナターシャに揺さぶりをかけるために、彼女のトラウマであり爆殺した「イワンコフの娘」について触れました。

ところで、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で惑星ヴォーミアに訪れたナターシャは、ソウルストーンの番人になったレッドスカルに「アイヴァンの娘」と告げています。

同様に「イディスの息子」と告げられたホーク・アイはこのことを否定しなかったことから、レッドスカルの発言はナターシャの家族の名前だと思われます。

アイヴァンとは東スラブ系の男性名(女性はイヴァンナ)。

ナターシャの母については作中でメリーナとイワンコフについて語られていましたが、父のアイヴァンについては未だに謎のままです。

S.H.I.E.L.D.のジープ

逃亡するナターシャの家族を追跡してきたのは、後に彼女が所属することになるS.H.I.E.L.D.(シールド)の車両でした。

1995年

1995年はマーベル作品の中で様々な出来事が発生しました。

まず、『キャプテン・マーベル』の舞台になった年代です。

後にS.H.I.E.L.D.(シールド)の長官となるニック・フューリーも当時は現場の最前線に出ていて、フィル・コールソンも新人として配属されたばかりでした。

ニックはその後、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でシールドの理事アレクサンダー・ピアースの娘の救出を行っていたことも明らかになりました。

また、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で、ガモーラはサノスに連れて行かれたのが「20数年前」と言っていることから、サノスがガモーラの故郷を滅ぼしたのはおそらく90年代半ばかと思われます。

ワカンダ王の襲撃

ロス長官がナターシャを逮捕する動機は、ソコヴィア協定違反とワカンダ王の襲撃とされています。

ソコヴィア協定とは、アベンジャーズの指揮権を国連の管理下におく法律で、ナターシャはトニーやローディ、ヴィジョンとともにこれに賛同していた。

また、ワカンダ王の襲撃は、キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーを追いつめたブラック・パンサーことティ・チャラを、ナターシャが足止めのために攻撃したことを指しています。

ナイフトリック

ターゲットを追うエレーナ。

華麗なナイフさばきで相手をねじ伏せます。

このナイフトリックは、同じくロシアの戦闘員のウィンター・ソルジャーと同様のモーションです。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で、ナターシャが過去にウィンター・ソルジャーを目にしたことがるため、同様の訓練を受けていたのかもしれません。

ちなみに『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第5話のフラッグ・スマッシャーズとジョン・カーターの乱闘に居合わせたバッキーは、不意に飛んできたナイフを空中でキャッチし、洗脳が解けた後も腕前が落ちていないことを証明してくれました。

ブラック・ウィドウの血清

本作は、ナターシャたちとレッドルームとの”ブラック・ウィドウ”を解放する血清の奪い合いが一つの軸になっています。

原作コミックでも、ブラック・ウィドウを巡るストーリーに試験管に入った血清が登場します。

こちらはウィドウの肉体と精神の能力を飛躍的に向上させて、キャプテン・アメリカに並ぶ超人能力を身につけるためのものです。

タスクマスターがコピーしたスキル

レッドルームで独自の訓練を受け、ヒーローたちがもつ技を次々と披露するタスクマスター。

どんな技を使用したのか整理してみましょう。

  • キャプテン・アメリカの盾を使った戦闘スタイル
  • ナターシャの格闘術
  • ホーク・アイの弓矢
  • ウィンター・ソルジャーのナイフトリック
  • ブラック・パンサーの爪

また、『ブラック・ウィドウ』では弓を用いていましたが、爆弾を車の底面に仕掛けて爆破させる方法は、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でニック・フューリーの車が炎上した時と同じ手法が取られています。

ホーク・アイ(ジェレミー・レナー)のカメオ出演

『ブラック・ウィドウ』には、実はホーク・アイことジェレミー・レナーが参加しています。

気づきましたか?

過去のブダペストのシーンで、ドレイコフの屋敷の前に身を潜めているナターシャにイヤホン越しに話しかけているのはホーク・アイなんです。

エンディングの出演クレジットにも載っていない、まさに驚きのカメオ出演でした。

クリムゾン・ダイナモ

自分の話ばかりするアレクセイにうんざりしてエレーナが怒りをあらわに放ったセリフでは、レッド・ガーディアンのことを誤ってクリムゾン・ダイナモと言っていました。

クリムゾン・ダイナモとは原作コミックに登場する武装した戦士で、いわば”ロシア版アイアンマン”にあたります。

ちなみにクリムゾン・ダイナモの搭乗者は『アイアンマン2』でアークリアクター開発に参加したロシア人科学者のアントン・ヴァンコです。

メリーナの豚とハリー・ポッター

メリーナは、盗まれたノースインスティテュートのデータから開発された技術を使い、豚を意のままに、時には呼吸を止めて自殺することさえできることを説明してくれます。

このレクチャー、『ハリーポッターと炎のゴブレット』のマッドアイ・ムーディが生徒たちの前で蜘蛛に唱えた許されざる呪文のシーンと重なります。

蜘蛛も豚と同様に思うがままに操られ、命令とあらば自殺行動を躊躇せずに行うことができます。

アイアンメイデンのマスク

メリーナの家の武器庫のシーンで、銀色のマスクが映し出されます。

これは原作コミックのロシア人のスーパーヴィランのアイアンメイデンのマスクと非常によく似ています。

アイアンメイデンは女性のキャラクター。

ひょっとしたら、メリーナが今後、アイアンメイデンとして登場する可能性もあるかもしれません。

ナターシャポーズ

エレーナはナターシャの着地ポーズがわざとらしいと文句を言っています。

メリーナもそれに賛同しているのか、ナターシャに変装して隔離部屋にいるシーンでは、両手を広げて寝転がっている姿が『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のナターシャのメインビジュアルに似ています。

チープ・スリル/シーア(Cheap Thrills/Sia)

タスクマスターと激突するナターシャの緊迫した展開とは少し場違いかと思わせながらも、普段はクールなナターシャの感情が高揚していく様子を表現するのに相応しい一曲。

シンガーソングライターのシーアが2016年にリリース。

もともとはリアーナのために書き上げた楽曲なので、所々リアーナらしさが感じられる。

というか、リアーナが歌っているのかと思うくらい歌声がそっくりです。

視聴する[Amazon]

ナターシャの金髪

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、アベンジャーズが分裂した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から3年後の世界が舞台になっています。

その間、アイアンマンのスーツがナノテク製に進化したり、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースが髭を伸ばしたり、ソーが短髪(嫌々切られた)になったり、様々な変化が起こりました。

その中でも、ナターシャの金髪はかなりインパクトが強かったのではないでしょうか。

これは、調達屋のメイソンが用意した偽造パスポートの人物が女性だったためにナターシャは髪の毛を染めたことが判明しました。

隠れ家にはドラッグストアで売っているようなブリーチ剤も映し出されていたため、自分で染めようとしていたようです。

ナターシャのベスト

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の登場したナターシャの変化で、金髪とともに気になるのが身につけているベスト。

ナターシャはそれまでベストを着用していませんでした。

これはエレーナが初めて自分で買った洋服で、ラストにナターシャに託したものだと判明しました。

アベンジャーズのクインジェット

調達屋のメイソンは、なんとアベンジャーズのクインジェットまで入手しました。

このクインジェットは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でワンダとヴィジョンが窮地に陥った時に使用されています。

しかし、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の作中には登場しませんでしたが、スティーブ(キャプテン・アメリカ)がラフト刑務所へ侵入した時にも使用された可能性があります。

それによってサム・ウィルソン、ワンダ・マキシモフは逃げることができました(家族のいるスコット・ラング、クリント・バートンは司法取引を選択したため逃げなかった)。

このクインジェットの紛失はアベンジャーズにとって大事件だったのか、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の次に劇場公開された『スパイダーマン:ホームカミング』では、スターク社本社屋警備部長(『アイアンマン3』)からトニーの運転手に出戻っていたハッピー・ホーガンが資産管理部長に就任し、アベンジャーズ基地への引っ越しの指揮を執っています。

それにしても、メイソンは一体どういうルートを使ったんでしょうか。

エンドクレジットの女性

MCU恒例のエンドクレジットに描かれているのは、サノス軍を打ち破った2023年の様子。

ナターシャの墓に訪れたエレーナ。

エレーナは見た目が大きく変わっていないため、サノスによって5年間消失していのかもしれません。

そんな彼女の前に現れて、物騒な依頼をする女性。

『ファルコン&ウィンター・ ソルジャー』に登場した“ヴァル”ことヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌでした。

本来は『ブラック・ウィドウ』の方が『ファルコン&ウィンター・ ソルジャー』よりも先に披露される予定だったので、すでにドラマシリーズを観た人からすると、「謎の人物」というよりも「悪いやつ」が近付いてきたという印象が強いかも知れません。

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

【月額548円】auスマートパスプレミアム【映画割引&動画見放題】

映画を観るならauスマートパスプレミアム

auスマートパスプレミアム月額548円のサービス。

もちろんauの携帯電話を使用していなくても加入することができます。

ここがすごい
  1. 映画が1,200円~鑑賞できる
  2. マクドナルドコーヒー無料券などのクーポンが豊富
  3. 音楽・雑誌・ゲームが遊び放題
  4. スタバや駅で使えるau Wi-Fiスポットを使い放題
  5. 雑誌が80誌以上読み放題→「週刊文春」も
  6. 音楽が聴き放題→『紅蓮華』、シンエヴァ主題歌も
  7. ゲームし放題→懐かしのファミコンゲーム

さらに、話題のTVアニメ『鬼滅の刃』『呪術廻戦』全話を視聴することができます。

もちろん動画保存ができるので好きな時に何度でも見れちゃうんです。

そのほかにも特典盛りだくさん!

ここでは語りつくせないauスマートパスプレミアムの魅力はこちらの記事にまとめています。

【30日間無料】auスマートパスプレミアムのお得なメリット一覧こんにちは、マッキーです。 今日は映画やエンタメが好きな人にぜひおすすめしたいのがauスマートパスプレミアム。 月額548円...

こんなにお得なのに料金はたったの月額549円。確実に元が取れます。

また、今なら30日間無料でお試しができます。

ぜひ入会してみましょう。