◆本記事はアフィリエイト広告を利用しています
マーベル(MARVEL)

【第4話ネタバレ解説】『シークレット・インベージョン』登場人物、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素まとめ

マッキーです。

2023年6月21日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信がスタートのマーベルドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』。

アベンジャーズの発案者ニック・フューリーが、誰にでも擬態する能力を持つスクラル人たちの地球侵略阻止に挑むサスペンス作品です。

彼と同じくMCU初期から活躍するウォー・マシンのローディや、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』で逮捕・逃走したロス、『キャプテン・マーベル』から30年経って成長したタロスの娘のガイアなど、様々な登場人物たちが陰謀の渦に引き寄せられていきます。

今回は『シークレット・インベージョン』のネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素をまとめました。

created by Rinker
¥3,630
(2024/07/14 21:14:09時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
最大6か月間割引キャンペーン中

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ahamo

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
【2023年12月版】Disney+(ディズニープラス)のお得な入会キャンペーン・特典・裏ワザまとめマッキーです。 2021年10月のリニューアル以降、魅力ある映像作品が日に日に増え、ディズニー以外の作品の充実度にも注目の動画...

『シークレット・インベージョン』とは

かつてニック・フューリーがアベンジャーズを結成した理由…それは地球外からの侵略を阻止するためだった。

しかし、この最強チームが表舞台から消えた時、全世界を揺るがす脅威が訪れる。

他人に擬態する能力を持つ<スクラル>による “見えざる”地球侵略計画。ひそかに諸国の要人に成り代わった彼らは、各地で戦いを仕掛け、人類は滅亡の危機に晒される。

かつて信じた仲間も<スクラル>による擬態かもしれないという疑いの中、フューリーはこの侵略にひとり立ち向かう。

あなたは、本当の敵を見抜けるか―観る者を翻弄するサスペンス・スリラー開幕。

【作品時系列は?】『シークレット・インベージョン』の時間軸

『シークレット・インベージョン』は、『アントマン&ワスプ:クアントマニア』からスタートしたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ5に位置する作品。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でのはっきりとした時間軸は公表されていないが、エヴェレット・ロスの状況を考えると、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の舞台の2025年以降の出来事だと思われます。

また、『ミズ・マーベル』も2025年の出来事ですが、ニックの活躍する『マーベルズ』にラストが接続することを考えると、『シークレット・インベージョン』はそれよりも前の出来事と考えるのが自然かもしれません。

予測としては『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』『ミズ・マーベル』の中間で、『シー・ハルク』とほぼ同時期だと思われます。

【何話?何分?】『シークレット・インベージョン』は全6話

『シークレット・インベージョン』 は全6エピソードを予定しています。

1話あたり約50分程度になります。

なお、配信日は水曜日になるので注意しましょう。

バンダイスピリッツ|BANDAI SPIRITS S.H.Figuarts ニック・フューリー(アベンジャーズ)【rb_toy_cpn】 【代金引換配送不可】

『シークレット・インベージョン』を視聴する前に押さえておくべき作品

『シークレット・インベージョン』はスクラル人による侵略を描いた作品。

スクラル人が地球に来ることになったきっかけを描いた『キャプテン・マーベル』はこの機会に視聴しておくべき。

また、タロス扮するニック・フューリーが登場する『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』、ロスの活躍する『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』などを視聴しておくと、ニックを取り巻く世界について理解が深まる。

created by Rinker
¥2,420
(2024/07/14 17:33:49時点 楽天市場調べ-詳細)

『キャプテン・マーベル』…スクラルの特性を知るために必須の作品。ニック・フューリーとタロスの出会いも描かれている。

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』…目的のためなら部下や自分の死すら利用する、ニック・フューリーの理想への執念が伝わってくる。

『ワンダヴィジョン』『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』…S.W.O.R.D.の台頭、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ(ヴァル)の暗躍、スナップ後の格差社会など、S.H.I.E.L.D.とアベンジャーズのいなくなった社会と秩序が描かれている。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

『シークレット・インベージョン』登場人物・キャスト

ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン/吹替・森川智之)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素
元S.H.I.E.L.D.長官にして、アベンジャーズ計画の発案者。

トニー・スタークの葬式に参列して以降地球を離れていたが、ある脅威に対処するべく地球へと帰還する。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』では宇宙船内の3D映像を観ながらささやかな休暇を満喫。

また、『ワンダヴィジョン』のラストではモニカ・ランボーを宇宙に招集し、2023年11月公開の『マーベルズ』の予告では、宇宙に来たモニカとともに実験を行っている。

タロス(ベン・メンデルソーン/吹替・関俊彦)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素 タロス
優れた擬態能力を持つシェープ・シフターで、スクラル人の将軍。

『キャプテン・マーベル』ではフューリーと共にクリー帝国との戦争を終結させ、キャロル・ダンヴァースと共に生き残った同胞を探しに旅立った。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』ではニック・フューリーに擬態して、彼の代わりにピーター・パーカーと接触をしていた。

マリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  マリア・ヒル
元S.H.I.E.L.D.副長官にして、ニック・フューリーの側近。

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン(ドン・チードル)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  ローディ
アメリカ空軍大佐で、トニー・スタークの親友兼相棒。

“ウォーマシン・アーマー”を身にまとうアベンジャーズの一員。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第1話以来の久しぶりの登場になる。

エヴェレット・K・ロス(マーティン・フリーマン/吹替・森川智之)

エヴェレット・ロス シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  
元アメリカ空軍パイロットで、対テロ共同対策本部の副司令官を務めていたCIA捜査官。

『ブラックパンサー』ではヴィブラニウムの闇取引を追うも重傷を負い、搬送されたワカンダで内紛に巻き込まれる。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』では恩人であうワカンダ王女シュリのためにCIAの機密情報を調査するも、CIA長官で元妻のヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌに発覚してしまい、スパイ容疑で逮捕されてしまう。

しかし、移送中にワカンダのドーラ・ミラージュに救出される。

ちなみに『インクレディブル・ハルク』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などに登場するロス長官は全くの別人。

ソーニャ・ファルズワース(オリヴィア・コールマン)


ニック・フューリーの旧友のMI6特別捜査官。

ガイア(エミリア・クラーク)


タロスの娘。

グラヴィク(キングズリー・ベン=アディル)


タロスの元部下。

意見の違いからタロスと袂を分かち、チェルノブイリを拠点としてテロ活動を行っている。

第4話「愛された者」

『シークレット・インベージョン』 の第3話は7/5(水)16時より配信が開始します。

まずは前回までのおさらいをしましょう。

【第3話ネタバレ解説】『シークレット・インベージョン』登場人物、吹替声優、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素まとめ
【第3話ネタバレ解説】『シークレット・インベージョン』登場人物、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素まとめマッキーです。 2023年6月21日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信がスタートのマーベルドラマシリーズ『シ...

クラヴィクは次なるテロを実行するために3人のスクラル人をイギリス海軍に送り込みます。

家に帰宅したフューリー。彼はスクラル人のヴァーラと結婚していました。

しかし、フューリーが長年不在にしていたことに不満を募らせたヴァーラはクラヴィクらと太いつながりを持つようになっていました。

一方、タロスはクラヴィクとイギリスで面会することに。

娘のガイアを連れ戻すことが当初の目的でしたが、地球人を馬鹿にした態度に激怒して交渉は決裂。

帰る途中にクラヴィクに同行していたガイアからテロの情報を入手しました。

その後、フューリーが合流し、テロを阻止するためにイギリス将校宅に潜入。

ガイアの協力を経てテロを防ぎ、第3次世界大戦の引き金を辛くも止めることに成功しました。

しかし、仲間を裏切っていた事実が白日の下にさらされたガイアは、なんとクラヴィクに銃殺されてしまいました。

一方、ヴァーラも動き出します。

ローディと同じ声の主にクラヴィクとの面会を拒否されたヴァーラは、自宅を出て飛行機を乗り継いだ先にある貸金庫から拳銃を受け取ります。

誰がスクラルか?【WHO DO YOU TRUST?】

『シークレット・インベーション』やMCUフェーズ5以降の作品の登場キャラクターの中から、スクラルだった人物、あるいはスクラルである可能性のあるキャラクターをピックアップしました。

ロス

第1話冒頭でCIA捜査官プレスコットと接触したロスはスクラルが擬態した姿でした。

オコエ(『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』)

ロスは『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の終盤、逮捕後に車で護送されている最中に、ワカンダの親衛隊ドーラ・ミラージュの元隊長のオコエによって救出されます。

このシーンは『シークレット・インベーション』への伏線に他ならないのではないでしょうか。

ここで気になるのはオコエが単独でロスを救出しにきたことです。

ドーラ・ミラージュは複数名での活動を基本としています。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』で、ジモを脱獄させたバッキーの前に姿を見せたアヨも複数名の親衛隊を従えていました。

オコエの現在の所属はわかりませんが、シュリの王命で救出に駆け付けたのならば単独なのはおかしいように感じます。

仮にドーラ。ミラージュとして行動することが許されていないとしても、同じくミッドナイトエンジェルの一員のアネカを同行させるのではないでしょうか。

ロスとオコエには、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の本編からカットされた未公開シーンがそれぞれ存在します。

ひょっとすると…。

ローディ

ローディはニックとの会話の中で、スクラル人に関する機密を以前から知っていたことを告白します。

ニックのことを尊敬していたと言いながら、このタイミングになるまでなぜスクラルの話を持ち込まなかったのかは疑念が拭えません。

さらに、第1話でニックがセイバーから離脱したことを大統領に報告したのもローディです。

ニックの動向は時を同じくしてクラヴィクにも届きました。

この情報がアメリカ空軍大佐だからローディの耳まで入ったというよりも、セイバーにいるスクラル人によって極秘裏にもたらされたと考える方が自然に感じます。

また、ローディは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でのヒーロー同士の衝突の際にヴィジョンの誤射によって下半身が麻痺するほどの大けがを負い、以降の作品ではウォー・マシンスーツを着ていないと足を引きずっているシーンが多く映されていました。

さらに、第4話ではヴァーラへ電話越しに指示をしていたのはローディの声でした。

ローディに擬態したスクラル人がいることは間違いないですが、果たしてどこまでが本物のローディなのでしょうか。

「”超人”遺伝子の解読」

ヴァーラの家をよく見ると、「DECODING THE ‘SUPERHUMAN’ GENE」という書籍が飾ってあります。

フューリーが長期不在だったことを考えると、この書籍はヴァーラが読んでいたものと推測できます。

本来の彼女は研究者として遺伝子に関わる仕事をしているのかもしれません。

ところで、『ミズ・マーベル』のカマラ・カーンは遺伝子の突然変異であるミュータントであることが判明しました。

X-MENのMCU合流を考えると、ミュータントやインヒューマンズと何らかのつながりがあるのかもしれません。

ナノテク

フューリーはローディに、ウィスキーにはナノテクが入っていると冗談交じりに話しましたが、実際にナノテクの発信機が仕組まれていました。

ナノテクといえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のアイアンマンMk.50を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

トニー・スタークのナノテクノロジーの開発は非常に進んでいて、体内に流れるナノテクに信号を送ることでアイアンマンのスーツに変化させることができます。

アイアンマンMk.50が登場したのは今作の5年以上前なので、この技術を転用するものが出てきても不思議ではありません。

Bandai 魂ネイション S.H.Figuarts 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』アイアンマン MK-50 ナノ 武器セット

ローディの正体

怪しい挙動の目立つローディでしたが、彼の正体がスクラル人の女性だということが判明しました。

マーベル公式に掲載されたマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ氏のコメントによると、ローディがスクラル人に擬態されているという設定は前々から計画されていて、ローディ役のドン・チードルはその状況を理解して役柄を演じていたとのことです。

そうすると、本物のローディがスクラル人と入れ替わったのがいつなのか非常に気になりますよね。

ローディが主役の作品『アーマー・ウォーズ(原題)』が2024年以降に映画として公開されます。

『アーマー・ウォーズ(原題)』は元々、ドラマシリーズとして配信される予定でしたが、2022年に長編映画として公開することになったと発表されました。

本物のローディが永い眠りから目覚めるという意味合いから考えても、MCU全体における『アーマー・ウォーズ(原題)』の位置づけは極めて重要なのかもしれません。

パピー・ヴァン・ウィンクル

フューリーがローディへの手土産として持ち込んだのはパピー・ヴァン・ウィンクルというバーボン。

これは実在する高級バーボン。

世界中のファンから人気が高いことと年に一回しか発売されないことが相まってプレミアがつきやすく、日本でも20万円以上で取引されています。

ロケット・ランチャーを構えるフューリー

クラヴィクらに老いて何もできないと言われるフューリーですが、大統領の救出に駆けつけた際にその健在ぶりが発揮されていました。

それを証明するかのように、ロケットランチャーで宙を舞うヘリコプターを狙撃しました。

フューリーといえば、『アベンジャーズ』で理事たちによって核ミサイルを積んだ飛行機がアベンジャーズの戦うニューヨークへ向かう決断が下されるや否や、ヘリデッキの甲板に向かい離陸しようとする飛行機をロケットランチャーで撃墜しました。

グルートの腕

クラヴィクは戦闘中、右腕を木の枝のように伸ばして大統領の警備兵を握りつぶしました。

この伸縮可能な樹木の腕は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のグルートの持つ能力です。

スーパーヒーローに対抗するための”スーパースクラル計画”実現のために、クラヴィクらは様々なDNAサンプルを採取してきました。

ガイアが盗み見したパソコンにはフロスト・ビーストとカル・オブシディアンの情報も登録されていました。

クラヴィクが今後、さらなる能力を見せつける可能性も十分考えられます。

マーベルレジェンド・シリーズ グルート【送料無料】

ディズニープラスは話題作がいっぱい
最大6か月間割引キャンペーン中(2022.7)

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

ahamo

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー