◆本記事はアフィリエイト広告を利用しています
Disney+ (ディズニープラス)

【第1話ネタバレ解説】『シークレット・インベージョン』登場人物、吹替声優、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素

【6/21(水)第1話配信】『シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素

マッキーです。

2023年6月21日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信がスタートのマーベルドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』。

アベンジャーズの発案者ニック・フューリーが、誰にでも擬態する能力を持つスクラル人たちの地球侵略阻止に挑むサスペンス作品。

彼と同じくMCU初期から活躍するウォー・マシンのローディや、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』で逮捕・逃走したロス、『キャプテン・マーベル』から30年経って成長した、タロスの娘のガイアなど、様々な登場人物たちが陰謀の渦に引き寄せられていきます。

今回は『シークレット・インベージョン』のネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素をまとめました。

created by Rinker
¥3,630
(2024/07/14 21:14:09時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
最大6か月間割引キャンペーン中

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ahamo

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
【2023年12月版】Disney+(ディズニープラス)のお得な入会キャンペーン・特典・裏ワザまとめマッキーです。 2021年10月のリニューアル以降、魅力ある映像作品が日に日に増え、ディズニー以外の作品の充実度にも注目の動画...

『シークレット・インベージョン』とは

かつてニック・フューリーがアベンジャーズを結成した理由…それは地球外からの侵略を阻止するためだった。

しかし、この最強チームが表舞台から消えた時、全世界を揺るがす脅威が訪れる。

他人に擬態する能力を持つ<スクラル>による “見えざる”地球侵略計画。ひそかに諸国の要人に成り代わった彼らは、各地で戦いを仕掛け、人類は滅亡の危機に晒される。

かつて信じた仲間も<スクラル>による擬態かもしれないという疑いの中、フューリーはこの侵略にひとり立ち向かう。

あなたは、本当の敵を見抜けるか―観る者を翻弄するサスペンス・スリラー開幕。

【作品時系列は?】『シークレット・インベージョン』の時間軸

『シークレット・インベージョン』は、『アントマン&ワスプ:クアントマニア』からスタートしたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ5に位置する作品。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でのはっきりとした時間軸は公表されていないが、エヴェレット・ロスの状況を考えると、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の舞台の2025年以降の出来事だと思われます。

また、『ミズ・マーベル』も2025年の出来事ですが、ニックの活躍する『マーベルズ』にラストが接続することを考えると、『シークレット・インベージョン』はそれよりも前の出来事と考えるのが自然かもしれません。

予測としては『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』『ミズ・マーベル』の中間で、『シー・ハルク』とほぼ同時期だと思われます。

【何話?何分?】『シークレット・インベージョン』は全6話

『シークレット・インベージョン』 は全6エピソードを予定しています。

なお、配信日は水曜日になるので注意しましょう。

バンダイスピリッツ|BANDAI SPIRITS S.H.Figuarts ニック・フューリー(アベンジャーズ)【rb_toy_cpn】 【代金引換配送不可】

『シークレット・インベージョン』を視聴する前に押さえておくべき作品

『シークレット・インベージョン』はスクラル人による侵略を描いた作品。

スクラル人が地球に来ることになったきっかけを描いた『キャプテン・マーベル』はこの機会に視聴しておくべき。

また、タロス扮するニック・フューリーが登場する『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』、ロスの活躍する『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』などを視聴しておくと、ニックを取り巻く世界について理解が深まる。

created by Rinker
¥2,420
(2024/07/14 17:33:49時点 楽天市場調べ-詳細)

『キャプテン・マーベル』…スクラルの特性を知るために必須の作品。ニック・フューリーとタロスの出会いも描かれている。

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』…目的のためなら部下や自分の死すら利用する、ニック・フューリーの理想への執念が伝わってくる。

『ワンダヴィジョン』『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』…S.W.O.R.D.の台頭、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ(ヴァル)の暗躍、スナップ後の格差社会など、S.H.I.E.L.D.とアベンジャーズのいなくなった社会と秩序が描かれている。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

『シークレット・インベージョン』登場人物・キャスト

ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン/吹替・森川智之)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素
元S.H.I.E.L.D.長官にして、アベンジャーズ計画の発案者。

トニー・スタークの葬式に参列して以降地球を離れていたが、ある脅威に対処するべく地球へと帰還する。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』では宇宙船内の3D映像を観ながらささやかな休暇を楽しんでいた。

また、『ワンダヴィジョン』のラストではモニカ・ランボーを宇宙に招集。

2023年11月公開の『マーベルズ』の予告では、宇宙に来たモニカとともに実験を行っていた。

吹替は『アベンジャーズ』以降の映画作品でニック役を演じてきた竹中直人さん。

尚、ディズニープラス独占配信の『ホワット・イフ…?』ではニック役を声優の立木文彦さんが演じていた。

【第3話ネタバレ注意】『ホワット・イフ…?』登場人物、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ ヒドラストンパー
【第3話ネタバレ注意】『ホワット・イフ…?』登場人物、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめマッキーです。 2021年8月11日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)で『ホワット・イフ...?』の動画配信がスタート...

同作以降のブラックウィドウやホーク・アイ、あるいは『モンスターズ・ワーク』のマイクやサリーなどの吹替が、映画版を担当した有名人から声優さんに変わる現象が度々発生していた。

今作での竹中直人さんのキャスティングは、ディズニープラス独占配信の今後を占う上でも非常に意義が大きいと思われる。

タロス(ベン・メンデルソーン/吹替・関俊彦)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素 タロス
優れた擬態能力を持つシェープ・シフターで、スクラル人の将軍。

『キャプテン・マーベル』ではフューリーと共にクリー帝国との戦争を終結させ、キャロル・ダンヴァースと共に生き残った同胞を探しに旅立った。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』ではニック・フューリーに擬態して、彼の代わりにピーター・パーカーと接触をしていた。

マリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  マリア・ヒル
元S.H.I.E.L.D.副長官にして、ニック・フューリーの側近。

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン(ドン・チードル)

シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  ローディ
アメリカ空軍大佐で、トニー・スタークの親友兼相棒。

“ウォーマシン・アーマー”を身にまとうアベンジャーズの一員。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第1話以来の久しぶりの登場になる。

エヴェレット・K・ロス(マーティン・フリーマン/吹替・森川智之)

エヴェレット・ロス シークレット・インベージョン』ネタバレ、登場人物、時系列、トリビア、小ネタ、伏線、隠し要素  
元アメリカ空軍パイロットで、対テロ共同対策本部の副司令官を務めていたCIA捜査官。

『ブラックパンサー』ではヴィブラニウムの闇取引を追うも重傷を負い、搬送されたワカンダで内紛に巻き込まれる。

元アメリカ空軍パイロットの腕前を披露して命を救ってくれたティ・チャラを援護し、以降、ワカンダと親交を持つようになる。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』では恩人であうワカンダ王女シュリのためにCIAの機密情報を調査。

そのことがCIA長官で元妻のヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌに発覚してしまい、スパイ容疑で逮捕されてしまう。

しかし、移送中にワカンダのドーラ・ミラージュに救出される。

ちなみに『インクレディブル・ハルク』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などに登場するロス長官は全くの別人。

ソーニャ・ファルズワース(オリヴィア・コールマン)


ニック・フューリーの旧友のMI6特別捜査官。

ガイア(エミリア・クラーク)


タロスの娘。

グラヴィク(キングズリー・ベン=アディル)


タロスの元部下。

意見の違いからタロスと袂を分かち、チェルノブイリを拠点としてテロ活動を行っている。

第1話「復活」

現在地を表示したタイトルカード

本編開始早々、画面に「MOSCOW PRESENT DAY」という言葉が大きく表示されます。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』で監督のルッソ兄弟が用いた手法と同じです。

目の前の出来事がいつどこで起こったことなのかを視覚的に伝えるだけでなく、作品全体のテンポを上げてくれます。

スクラル人が擬態したロス

CIAの諜報員と連絡を取るためにモスクワに姿を見せたのはエヴェレット・ロス。

『ブラックパンサー』からのクロスオーバーに心を踊らせたのも束の間、なんと彼の正体はスクラル人でした。

それもそのはずで、本物のロスは『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』でCIAを解雇されています。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のロスは自らの危険を顧みずに恩人であるシュリの依頼を引き受けていたため、スクラル人ではなく本人だと考えて間違いはなさそうです。

宇宙ステーションS.A.B.E.R.

空軍大佐でウォーマシンでもあるローディの話によると、ニック・フューリーはアメリカ政府の指示で衛星軌道上にある宇宙ステーションS.A.B.E.R.(セイバー)で特別な任務に就いていました。

『スパイダーマン:ファーフロムホーム』ではセイバー内で休暇を過ごすニックの姿や、『マーベルズ』の予告で宇宙実験を行っている様子が映っていたため、ヒーローたちの拠点などとして今後も登場することが見込まれます。

リットソン大統領

作中での現在のアメリカ大統領はリットソンです。

しかし、今後公開予定の『サンダーボルツ』ではロス長官ことサディアス・ロスが大統領に就任することが噂されています。

そのため、作品内でのリットソン大統領の失脚が描かれる可能性があります。

一方で、最重要機密であるニックのセイバー離脱の情報をグラヴィクたちが入手していることや米露の戦争を画策していることを考えると、このリットソン大統領もスクラル人である可能性も否定できません。

ソレンの死

ニックはタロスに会うなり、彼の妻ソレンにお悔やみの言葉をかけます。

ソレンは『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』でマリア・ヒルに擬態して、タロスとともに本人のようにふるまっていました。

それを考えると、グラヴィク一派によって発生したソレンの死はそこまで前のことではないのかもしれません。

ソーニャ・ファルズワース

今作には、原作コミックには存在しないオリジナルキャラクターのソーニャ・ファルズワースが登場します。

彼女は英国の諜報機関MI6の幹部で、古くからニックと面識を持っていることをうかがわせます。

実は今までの作品にファルズワースという姓のキャラクターが登場していました。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で、キャプテン・アメリカを支える特殊部隊”ハウリングコマンドーズ”の一員のジェームズ・モンゴメリー・ファルスワースがその人です。

同じく”ハウリングコマンドーズ”のゲイブ・ジョーンズの孫が『エージェント・オブ・シールド』で“アンソニー・トリプレット”という名前でS.H.I.E.L.D.のエージェントとして活躍していたことを考えると、ファルズワースも単なる偶然ではないような気がします。

「家を壊された」

ソーニャはニックに会うなり、あなたが我が家を壊したことを許さないとジョーク交じりの恨みをぶつけます。

これは『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』でミステリオのスタークドローンがロンドンを襲撃したことを指しています。

もっとも現場にいたのはニック・フューリーに擬態したタロスでした。

スクラルの記憶装置

グラヴィクの基地の奥には、ポプリシュチンをはじめ、数人の人間が機械につながれて奇妙な電気を流し込まれています。

これは『キャプテン・マーベル』で、タロスらがスクラルの兵士だったキャロルを捕えて記憶を探るときに使用した装置と同様のものと思われます。

ディズニープラスは話題作がいっぱい
最大6か月間割引キャンペーン中(2022.7)

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

ahamo

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー