Disney+(ディズニープラス)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ

マッキーです。

2021年12月29日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信のスター・ウォーズのドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』

“銀河一の賞金稼ぎ”と呼ばれているボバは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の冒頭でルークと交戦、ソロに隙を突かれて砂漠の怪物サルラックに飲み込まれてしまい、死亡したかのうように思われました。

しかし、ドラマシリーズ『マンダロリアン』第14話では今まで明かされなかった素顔とともに、その生存した姿を現しました。

シリーズでも人気の高いボバの物語には新旧含め多くのファンから注目されています。

そんな『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』について考察したいと思います。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

スター・ウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円で、映画シリーズや独占配信のドラマを見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【11/12(金)はディズニープラスデイ】マッキーです。 ディズニーの話題作や、ここでしか配信されないマーベルやスター・ウォーズのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービス...
スター・ウォーズ関連

【時系列は?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』とは

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した賞金稼ぎのボバ・フェットに焦点を当てた物語です。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で死亡したかのように思われたボバが、銀河の裏社会を支配するために、死亡したジャバ・ザ・ハットの代わりに彼の治めていた地盤を手に入れようと画策する物語です。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『マンダロリアン』第14話の直後の物語が描かれます。

エピソードのラストで惑星タトゥーインに帰還したボバとフェネックは、かつて銀河の闇社会を支配していたジャバ・ザ・ハットの城に向かいました。

そこにはかつてのジャバ・ザ・ハットの腹心のビブ・フォーチュナが、親玉として居座っていました。

ビブはボバの生還に驚くも間もなく殺害され、ボバは残されたジャバの玉座に腰を下ろしました。

【何話?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は全7話

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、全7エピソードを予定しています。

『マンダロリアン』のシーズン1・2がそれぞれ8エピソードだったことを考えると、気持ち少なくなっています。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物・俳優・吹替声優

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』の登場人物を紹介しましょう。

主役のボバと彼をサポートするフェネックは、『マンダロリアン』に引き続き同じ俳優が担当し、吹替の声優もそのまま続投になります。

created by Rinker
¥1,315
(2022/01/17 22:11:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ボバ・フェット(テムエラ・モリソン/吹替・ 金田明夫)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
マンダロア兵団の武装を身にまとった“銀河一の賞金稼ぎ”。

『エピソード4/新たなる希望』でのちに追加されたシーンではジャバ・ザ・ハットがハン・ソロの借金を取り立てる際の用心棒として雇い、『エピソード5/帝国の逆襲』ではダース・ベイダーに雇われてハン・ソロを捕らえて冷凍づけされたソロをもらい受け、続く『エピソード6/ジェダイの帰還』ではソロに賞金をかけたジャバの元で再び姿を現しました。

ボバの父は、これまた“銀河一の賞金稼ぎ”を称するジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェットは『エピソード2/クローンの攻撃』でドゥークー伯爵にクローン・トルーパーの製作のために自身の遺伝子を提供、その見返りとしてジャンゴの遺伝子を完全に受け継ぐ純真なクローンとしてボバを受け取りました。

ちなみにジャンゴの俳優はボバと同じテムエラ・モリソンが務めています。

フェネック・シャンド(ミン・ナ/吹替・花藤蓮)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
犯罪組織から仕事を請け負う凄腕の暗殺者。

同じ賞金稼ぎのトロ・カリカンに腹部を刺され、砂漠の真ん中で絶命しかけたところをホバが救出。

サイボーグ化して一命を取り留め、それ以降、ホバに付き従う。

フェネックはアニメシリーズ「スター・ウォーズ:バッドバッチ」にも登場します。