スターウォーズ

【第2話ネタバレ解説】『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ

マッキーです。

2021年12月29日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信のスター・ウォーズのドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』

“銀河一の賞金稼ぎ”と呼ばれているボバは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の冒頭でルークと交戦、ソロに隙を突かれて砂漠の怪物サルラックに飲み込まれてしまい、死亡したかのうように思われました。

しかし、ドラマシリーズ『マンダロリアン』第14話では今まで明かされなかった素顔とともに、その生存した姿を現しました。

シリーズでも人気の高いボバの物語には新旧含め多くのファンから注目されています。

そんな『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』について考察したいと思います。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

スター・ウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円で、映画シリーズや独占配信のドラマを見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【11/12(金)はディズニープラスデイ】マッキーです。 ディズニーの話題作や、ここでしか配信されないマーベルやスター・ウォーズのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービス...
スター・ウォーズ関連

【時系列は?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』とは

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した賞金稼ぎのボバ・フェットに焦点を当てた物語です。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で死亡したかのように思われたボバが、銀河の裏社会を支配するために、死亡したジャバ・ザ・ハットの代わりに彼の治めていた地盤を手に入れようと画策する物語です。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『マンダロリアン』第14話の直後の物語が描かれます。

エピソードのラストで惑星タトゥーインに帰還したボバとフェネックは、かつて銀河の闇社会を支配していたジャバ・ザ・ハットの城に向かいました。

そこにはかつてのジャバ・ザ・ハットの腹心のビブ・フォーチュナが、親玉として居座っていました。

ビブはボバの生還に驚くも間もなく殺害され、ボバは残されたジャバの玉座に腰を下ろしました。

【何話?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は全7話

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、全7エピソードを予定しています。

『マンダロリアン』のシーズン1・2がそれぞれ8エピソードだったことを考えると、気持ち少なくなっています。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物・俳優・吹替声優

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』の登場人物を紹介しましょう。

主役のボバと彼をサポートするフェネックは、『マンダロリアン』に引き続き同じ俳優が担当し、吹替の声優もそのまま続投になります。

created by Rinker
¥1,315
(2022/01/17 22:11:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ボバ・フェット(テムエラ・モリソン/吹替・ 金田明夫)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
マンダロア兵団の武装を身にまとった“銀河一の賞金稼ぎ”。

『エピソード4/新たなる希望』でのちに追加されたシーンではジャバ・ザ・ハットがハン・ソロの借金を取り立てる際の用心棒として雇い、『エピソード5/帝国の逆襲』ではダース・ベイダーに雇われてハン・ソロを捕らえて冷凍づけされたソロをもらい受け、続く『エピソード6/ジェダイの帰還』ではソロに賞金をかけたジャバの元で再び姿を現しました。

ボバの父は、これまた“銀河一の賞金稼ぎ”を称するジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェットは『エピソード2/クローンの攻撃』でドゥークー伯爵にクローン・トルーパーの製作のために自身の遺伝子を提供、その見返りとしてジャンゴの遺伝子を完全に受け継ぐ純真なクローンとしてボバを受け取りました。

ちなみにジャンゴの俳優はボバと同じテムエラ・モリソンが務めています。

フェネック・シャンド(ミン・ナ/吹替・花藤蓮)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
犯罪組織から仕事を請け負う凄腕の暗殺者。

同じ賞金稼ぎのトロ・カリカンに腹部を刺され、砂漠の真ん中で絶命しかけたところをボバが救出。

サイボーグ化して一命を取り留め、それ以降、ボバに付き従う。

フェネックはアニメシリーズ「スター・ウォーズ:バッドバッチ」にも登場します。

執事長

執事長 『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
モク・シェイーズ市長の執事長。種族はトワイレック。

与えられた仕事を淡々とこなすタイプで、市長に代わってボバのもとへ訪問した際も毅然とした態度で「挨拶」を伝えた。

ガーザ・フウィップ

ガーザ・フウィップ 『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
バーのサンクチュアリを経営する女主人。種族はトワイレック

8D8

ジャバ・ザ・ハットの執事として仕えていたドロイド。

再プログラムによって冷酷な性格をしていて、もともと過酷な鉱石採取施設の単純作業用に開発されたこともあってか、高性能なドロイドを拷問していると気分が上がる様子がうかがえる。

モク・シェイーズ

モス・エスパのエリアを治める市長。種族はアイソリアン。

ジャバの残党を恐れている様子がなく、ボバのことも自分の手の内にいるものと考えている。

【第2話】「タトゥーインの部族」

第2話は1/4(水)に配信が開始しました。まずは前回までのおさらいをしましょう。

ボバ・フェットはビブから奪取したジャバ・ザ・ハットの宮殿を根城としていました。

回復カプセルに入り、目を閉じてしばしの休養を取るボバ。

そこでは砂漠の怪物サルラックの胃袋からの命がけの脱出し、その後ジャワに武装を奪われたことやタスケン・レイダー(サンドピープル)に奴隷として連行された過去の記憶がフラッシュバックしてきます。

目を覚ましたボバは玉座に座り、住民たちから賛辞を受けますが、謁見した市長の使者からは貢物はなく、関係が思わしくないことを感じます。

「俺は恐怖ではなく、尊敬をもって統治する」

ジャバに仕えていた2体のガモーリアンを警備に従えたボバとフェネックは、ならず者の集うバーのサンクチュアリで経営者のガーザ・フウィップと対面。

その帰り道、突如現れた暗殺者集団に襲われました。

ガモーリアンの助太刀もあり、ボバは辛くも難を逃れることができたものの負傷してしまいました。

フェネックは暗殺者集団を追走し、ボバは再び宮殿の回復カプセルで休みます。

目を閉じると、再びタスケンの奴隷として扱われていた記憶が呼び起されます。

タスケンの子どもに連れられて水を掘る仕事に従事していたボバの前に、急遽、巨大な人型の怪物が現れました。

ボバは鎖につながれながらも必死に応戦、怪物を絞め殺すことに成功しました。

怪物の首を手に持ち意気揚々と村に戻ったタスケンの子ども。

それを見てボバが怪物を倒して子どもを救ったことを察知した村人たちは奴隷である彼に敬意を払い、タスケンのリーダーは水を差しだしました。

宮殿の正門

フェネックは捕まえた暗殺者を連れて、車両が通れるほど大きな宮殿の正門を通ります。

この門は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でC-3POとR2-D2のコンビ、そしてルークが宮殿に入る時にも使用しています。

「EChuTa!」

捕えた暗殺者は質問するボバに対して「EChuTa!」という言葉を返します。

この「EChuTa」はスター・ウォーズ独自の言葉で、相手を侮辱するときに使用されています。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のクラウドシティのシーンで、E-3POを見つけたC-3POは「あなたに会えて光栄です」と伝えたところ「EChuTa!」と言われてしまい、「なんて失礼な」と憤慨していました。

ランコア

ナイトウィンドの殺し屋は王座の仕掛けによって、ランコアのいる穴へと落とされました。

ランコアとは鋭い鉤爪を持った巨大な肉食獣で、人型の種族を丸呑みしてしまうほど獰猛な生き物です。

おまけに皮膚は強靭で、ブラスター銃などでは満足に傷ひとつ付けることができません。

しかし、ジャバの宮殿のランコアはルーク・スカイウォーカーによって息の根を止められたため、現在ではただの落とし穴としての機能しか持っていません。

【中古】フィギュア ランコア&ルーク・スカイウォーカー 「スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース」 DXクリーチャーフィギュア [69771/69655]【タイムセール】

ウーキーの賞金稼ぎ

ジャバの従兄弟の双子が用心棒として雇っているのはウーキーの戦士。

同族のチューバッカと違い、黒い毛並みに覆われています。

彼の名はブラック・クルサンタン。

原作コミック「スター ウォーズ: ダース ベイダー」に登場し、腕利きの賞金稼ぎとしてダース・ベイダーやジャバに雇われていました。

パイク・シンジケート

武装列車でタスケンたちを襲っていたのは、銀河系でスパイスの流通を取り仕切るパイク・シンジケートと呼ばれる犯罪組織でした。

そのトレードマークとして、彼らはコブラのような形をしたヘルメットを身につけています。

パイク・シンジケートはアニメシリーズ『クローン・ウォーズ』に登場し、『ハン・ソロ』の惑星ケッセルでも姿を見せます。

火葬

タスケンたちは武装列車の襲撃で死亡した仲間の亡骸を火葬しました。

オビ=ワンもジャワの死体を同様に荼毘に付したり、ルークも亡くなったダース・ベイダーの鎧に火をくべていたことから、火葬はタトゥーインでは最も一般的な葬儀の方法なのかもしれません。

ケイミーとフィクサー

バーに居合わせた常連客と思われるカップル。

この2人はケイミーとフィクサーと呼ばれるルークの友人かと思われます。

ケイミーとフィクサーは『スター・ウォーズ エピソードⅣ/新たなる希望』でアンカーヘッドにあるトシ・ステーションで帝国軍の襲来を語るルークを小馬鹿にしていましたが、登場シーンは本編ではカットされてしまいました。

黒いローブ

タスケンに認められたボバは、リーダーから黒いローブを与えられます。

これは『マンダロリアン エピソード2』でボバが初めて登場していたときに身につけていた服装と同じ物になります。