スターウォーズ

【第3話ネタバレ解説】『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ

マッキーです。

2021年12月29日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信のスター・ウォーズのドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』

“銀河一の賞金稼ぎ”と呼ばれているボバは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の冒頭でルークと交戦、ソロに隙を突かれて砂漠の怪物サルラックに飲み込まれてしまい、死亡したかのうように思われました。

しかし、ドラマシリーズ『マンダロリアン』第14話では今まで明かされなかった素顔とともに、その生存した姿を現しました。

シリーズでも人気の高いボバの物語には新旧含め多くのファンから注目されています。

そんな『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』について考察したいと思います。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

スター・ウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円で、映画シリーズや独占配信のドラマを見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【11/12(金)はディズニープラスデイ】マッキーです。 ディズニーの話題作や、ここでしか配信されないマーベルやスター・ウォーズのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービス...
スター・ウォーズ関連

【時系列は?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』とは

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した賞金稼ぎのボバ・フェットに焦点を当てた物語です。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で死亡したかのように思われたボバが、銀河の裏社会を支配するために、死亡したジャバ・ザ・ハットの代わりに彼の治めていた地盤を手に入れようと画策する物語です。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、『マンダロリアン』第14話の直後の物語が描かれます。

エピソードのラストで惑星タトゥーインに帰還したボバとフェネックは、かつて銀河の闇社会を支配していたジャバ・ザ・ハットの城に向かいました。

そこにはかつてのジャバ・ザ・ハットの腹心のビブ・フォーチュナが、親玉として居座っていました。

ビブはボバの生還に驚くも間もなく殺害され、ボバは残されたジャバの玉座に腰を下ろしました。

【何話?】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は全7話

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、全7エピソードを予定しています。

『マンダロリアン』のシーズン1・2がそれぞれ8エピソードだったことを考えると、気持ち少なくなっています。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物・俳優・吹替声優

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』の登場人物を紹介しましょう。

主役のボバと彼をサポートするフェネックは、『マンダロリアン』に引き続き同じ俳優が担当し、吹替の声優もそのまま続投になります。

created by Rinker
¥1,315
(2022/01/17 22:11:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ボバ・フェット(テムエラ・モリソン/吹替・ 金田明夫)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
マンダロア兵団の武装を身にまとった“銀河一の賞金稼ぎ”。

『エピソード4/新たなる希望』でのちに追加されたシーンではジャバ・ザ・ハットがハン・ソロの借金を取り立てる際の用心棒として雇い、『エピソード5/帝国の逆襲』ではダース・ベイダーに雇われてハン・ソロを捕らえて冷凍づけされたソロをもらい受け、続く『エピソード6/ジェダイの帰還』ではソロに賞金をかけたジャバの元で再び姿を現しました。

ボバの父は、これまた“銀河一の賞金稼ぎ”を称するジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェットは『エピソード2/クローンの攻撃』でドゥークー伯爵にクローン・トルーパーの製作のために自身の遺伝子を提供、その見返りとしてジャンゴの遺伝子を完全に受け継ぐ純真なクローンとしてボバを受け取りました。

ちなみにジャンゴの俳優はボバと同じテムエラ・モリソンが務めています。

フェネック・シャンド(ミン・ナ/吹替・花藤蓮)

【ネタバレ解説】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』登場人物、吹替声優、あらすじ、トリビア、小ネタ、時系列、考察まとめ
犯罪組織から仕事を請け負う凄腕の暗殺者。

同じ賞金稼ぎのトロ・カリカンに腹部を刺され、砂漠の真ん中で絶命しかけたところをボバが救出。

サイボーグ化して一命を取り留め、それ以降、ボバに付き従う。

フェネックはアニメシリーズ「スター・ウォーズ:バッドバッチ」にも登場します。

執事長

執事長 『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
モク・シェイーズ市長の執事長。種族はトワイレック。

与えられた仕事を淡々とこなすタイプで、市長に代わってボバのもとへ訪問した際も毅然とした態度で「挨拶」を伝えた。

ガーザ・フウィップ

ガーザ・フウィップ 『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
バーのサンクチュアリを経営する女主人。種族はトワイレック

8D8

ジャバ・ザ・ハットの執事として仕えていたドロイド。

再プログラムによって冷酷な性格をしていて、もともと過酷な鉱石採取施設の単純作業用に開発されたこともあってか、高性能なドロイドを拷問していると気分が上がる様子がうかがえる。

モク・シェイーズ

モス・エスパのエリアを治める市長。種族はアイソリアン。

ジャバの残党を恐れている様子がなく、ボバのことも自分の手の内にいるものと考えている。

ハット兄妹

『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ ハット
ナル・ハッタからやってきたジャバ・ザ・ハットの従兄弟。

ジャバの支配していた地域を手に入れようと目論み、用心棒として賞金稼ぎのブラック・クルルサンタンを雇っている。

ブラック・クルルサンタン

『ボバ・フェット』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ ブラック・クルルサンタン
ハットに雇われた賞金稼ぎで、チューバッカと同じウーキー。

タスケン・レイダー


古来よりタトゥーインに住む民族。

惑星が水に満たされていた時代から暮らしていた。

子どもから大人にいたるまで、全員が常に仮面を被っている。

サルラックから脱出し、サンドピープルに所持品をすべて奪われたボバを発見して連行。

最初はボバに奴隷として仕事をさせていたが、自分たちの子どもを体を張って守ったことで彼に対して敬意を抱くようになり、次第に仲間として認めていく。

棒術による接近戦に長けていて、ボバも始めはまったく歯が立たなかった。

【第3話】「モス・エスパの町」

第3話は1/12(水)に配信が開始しました。まずは前回までのおさらいをしましょう。

ボバを襲撃したのはナイトウィンドに所属する暗殺者。

その1人を捕えたボバとフェネックは、彼が雇い主だと告げたモク・シェイーズ市長のもとを訪れますが、市長は目の前で暗殺者を処刑し、真相を知りたければガーザのサンクチュアリへ行くようにうながされます。

サンクチュアリでガーザを問いただしている最中、外から何者かが近づいてくる大きな音がしました。

ジャバの権力の後釜を狙うジャバの従兄弟の兄妹たちが、ウーキーの賞金稼ぎブラック・クルサンタンと大勢の従者を連れて行進してきました。

ひとまずジャバの従兄弟らとの衝突を回避し、宮殿へと帰ったボバは再び眠りにつきます。

夢の中でタスケンと過ごした日々を回顧するボバ。

子どもをピンチから救い彼らに認められたため、足の鎖は外れて棒術の稽古をつけてもらっています。

そんなところへ砂漠の中を武装列車が横断し、ビーム砲で次々とタスケンを射殺していきます。

列車が過ぎ去り、亡くなったタスケンたちを火葬したボバは列車を停止させることを決意します。

そのための武器としてゴロツキたちからスピーダーバイクを強奪し、扱い方を知らないタスケンへ使い方を伝授します。

訓練を十分に重ねたある日、再び現れた武装列車へ襲撃を開始。

何人かの犠牲者を出すものの列車を停車させ、スパイスの密輸を行っていたパイク・シンジケートを捕えることに成功。

ボバはタスケンの砂漠を通る際に通行料を払うことを要求し、捕虜を解放しました。

事態を首尾良く治めた様子を見ていたタスケンの族長は、ボバへ贈り物をします。

トカゲのような生き物が鼻から入り、意識が混沌とするボバは、砂漠の中から身の丈ほどの流木を抱えて村へ戻ってきました。

族長からタスケンの黒いローブを渡されたボバ。

流木は職人の手によって次第にタスケンの使うスティックへと姿を変えていきました。

タスケンから敬意を集めたボバは、晴れて彼らの正式な一員として認められることになりました。

ボマー・オーダー

冒頭のジャバの宮殿が映し出されるシーンの中、テクテクと歩くクモのような機械が目に留まります。

これは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でC-3POとR2-D2がジャバの宮殿に訪れた際にも物陰から姿を現し、C-3POを驚かせました。

このクモのような姿をしたドロイドはボマー・オーダーと呼ばれる宗教団体の僧侶です。

僧侶たちは悟りを開くため、肉体から取り出した脳を容器に入れ、機械のアームを取り付けました。

ジャバの宮殿はもともとはボマー・オーダーの修道院とされていたものでした。

ジャバはボマー・オーダーたちに危害を加えず放置していたため、今でも宮殿近くで彼らの姿を見ることができます。

created by Rinker
¥32,780
(2022/01/18 15:43:34時点 楽天市場調べ-詳細)

セール・バージの破壊後

セール・バージとは砂漠を移動する飛空艇のこと。

8D8の言う「セール・バージの破壊後」とは、ジャバがルークらをサーラックの巣穴に落として処刑しようとしたものの、反撃にあってセール・バージが破壊され、ジャバもレイアに絞殺された時のことを指しています。

水の惑星カミーノ

水商人ローサ・ピールと話すボバは「俺は水に囲まれて育った」と言いました。

その後の幼少期の回想シーンでは、水の惑星ミラーノが映し出されます。

串刺しされたストーム・トルーパーのヘルメット

パイクシンジケートが根城の前には、これ見よがしにストーム・トルーパーのヘルメットが地面から伸びた木製の槍に串刺しになって掲示されています。

ペリー・モットー

ストーム・トルーパーのヘルメットのさらに奥では、ソバージュヘアーの女性と3体のうピット・ドロイドが歩いている姿が映し出されます。

彼女は『マンダロリアン』に登場した、モス・アイズリーに住む整備士のペリー・モットーです。

ダソミアの魔女

ランコアを愛おしむボバを見て、ランコアの飼育係は「ダソミアの魔女はこいつに乗って森や湿地を走った」と言いました。

ダソミアはフォースの力を扱う女性たちが支配する惑星。

その様子は『クローン・ウォーズ』シーズン3第12話「ダソミアの魔女」で描写されています。

また、ダース・モールの故郷で、『ハン・ソロ』のラストに登場した彼はキーラにダソミアへ来いと呼びかけました。

【中古】フィギュア ランコア&ルーク・スカイウォーカー 「スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース」 DXクリーチャーフィギュア [69771/69655]【タイムセール】

ホイッスリング・バード

ブラック・クルルサンタンの襲撃を受けたボバは、アーマーからミサイルを取り出しました。

これは『マンダロリアン シーズン1』第3話に登場したホイッスリング・バードという武器。

起動させると口笛を吹くかのように無数の小さなホーミングミサイルが穴から排出され、周囲の敵を一瞬にして仕留めることができます。

ボバは第1話で暗殺者集団に突然取り囲まれたため、用心のためにガジェットに仕込んでおいたのかもしれません。

元賞金稼ぎの助言

ハットたちの依頼でボバのもとへ単身で乗り込み、逆に捕まってしまったブラック・クルルサンタン。

翌日、謝罪に来たハットたちにブラック・クルルサンタンの引き渡しを提案したボバは、貢ぎ物として好きにするように告げられました。

雇い主に裏切られたクルルサンタンをボバは解放し、「損をするだけだからクズに仕えるな」と助言を送ります。

タスケンとの出会いによって生き方を見つめなおし、ダース・ベイダーやジャバに雇われた過去に得るものがなかったと気づいたボバだからこそ伝えることのできるメッセージです。

10倍大きな猛獣

ランコアへ乗ることに興味津々のボバは、過去にランコアの10倍大きな猛獣に乗ったことがあると発言します。

ボバは『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』で恐竜のような大型の動物に乗っていたので、このことに関する言及ではないかと思われます。

ジャバの絵

追跡シーンの一コマで、運び出されている絵画にギャングの一人が突撃し、絵がボロボロになってしまいました。

この絵はラルフ・マクウォリーによって描かれた、ジャバ・ザ・ハットがルーク・スカイウォーカーと対面しているコンセプトアートの一部。

ルークの部分はカットされています。

ボバはジャバの右隣に確認することができます。

ギャングのリーダー

身体にドロイドの部品を埋め込んだギャングの若者たち。

そのリーダーの女性はスピーダーバイクを巧みに乗りこなし、見事、執事長を足止めしました。

ところで原作コミックのボバは賞金稼ぎのシンタス・ヴェルと結婚して、娘のエイリン・ヴェルをもうけるというエピソードが存在します。

エイリンは母を捨てたボバのことを憎んでいて、彼への復讐を悲願としています。

今作に登場するかはわかりませんが、年代設定から考えるとこの女性リーダーと同じ年頃だと思われます。