スターウォーズ

【ネタバレ解説】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』登場人物、時系列、声優、考察まとめ

【ネタバレ解説】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』登場人物、時系列、声優、考察まとめ

マッキーです。

Disney+ (ディズニープラス)では、2021年9月22日より、ルーカスフィルムと日本のアニメスタジオによるタッグ作品『スター・ウォーズ:ビジョンズ』の日米同時動画配信がスタートします。

この作品は、『スター・ウォーズ』の世界を舞台に、アニメスタジオが独自の“ビジョン”で新たな物語を紡ぐ、9つの短編映像集です。

また、原語の声優陣は映画・ドラマで活躍する俳優陣がキャスティングされているばかりか、日本語版においても、中村悠一さん、榎木淳弥さん、内田雄馬さんなどの人気声優陣、さらに”声優界のレジェンド”野沢雅子さんまで参加しています。

どこをとっても最強でしかない、『スター・ウォーズ:ビジョンズ』を紹介したいと思います。

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(8月公開『ジャングルクルーズ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます(一部除く)。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

Contents

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』とは

『スター・ウォーズ』のルーカスフィルムによる、その作品創造のルーツとなった日本のアニメスタジオとタッグを組んだ短編アニメーション集。

世界で高い評価を受ける日本の7つのアニメスタジオの“ビジョン”で描かれた、9つの新たな『スター・ウォーズ』の物語が展開されます。

created by Rinker
¥1,320
(2021/09/23 16:10:25時点 楽天市場調べ-詳細)

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は日本だけでなく、世界でも配信されます。

そんなスターウォーズサーガに一石を投じる新たな物語とアニメーション、注目が集まらないわけがありません。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』の時系列

『スター・ウォーズ ビジョンズ』の9作品はそれぞれ独立した時間軸の物語です。

スターウォーズ全体の時系列においても、既存のシリーズとのつながりをうかがわせるものもあれば、時代が不明確なものもあります。

そういう意味では、往年のスターウォーズファンはもちろん、Disney+ (ディズニープラス)に加入したばかりで、これからスターウォーズの世界に足を踏み入れてみたいという方にもピッタリな作品なんです。

Disney+ (ディズニープラス)

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』全エピソードと監督・登場人物・声優キャスト

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』の各エピソードを担当する監督

『The Duel』

その日、2人が立ち寄った村は長い間、野盗集団による過酷な暴力の犠牲となっていた。

だが、村人達は意を決し、少しずつ集めた金で雇った用心棒たちと行動を起こす。

野盗集団と用心棒たちの戦い。当初は優勢にみえた用心棒たちだったが、現れた野盗の女ボスによって形勢は逆転する。

番傘型の赤いセーバーを携えた彼女はシスだったのだ。一部始終を見ていた浪人は、真っすぐシスの元へと向かっていく。

『The Duel』と他作品との時系列関係

『The Duel』がどの作品の時系列とつながるかは特に言及されていません。

水﨑淳平(神風動画)

テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像や、企画・制作を手がけたテレビアニメ『ポプテピピック』が大きな話題を呼び、映画『ニンジャバットマン』が世界的にも高く評価されたアニメーションスタジオ。

代表の水崎淳平氏が1998年に個人事業主として活動を開始し、2002年に有限会社神風動画を設立した。3DCGだけに囚われることなく、技法を融合させた独自のアニメーション表現を追求し、躍動感のある演出や、独自のストーリー性や世界観が特徴。

ローニン(てらそままさき /原語版・ブライアン・ティー)

野盗のボス(渡辺明乃 /原語版・ルーシー・リュー)

少年村長(三瓶由布子 /原語版・ジェイデン・ウォルドマン)

『THE TWINS』

かつての銀河皇帝が扱った恐るべきダークサイドの力によって生みだされた双子の暗黒卿Am(アム)とKarre(カレ)の物語。

再び銀河のバランスが崩れようとしていた。平和と繁栄が続く共和国から遠く離れた未知の領域で、双子の暗黒卿アムとカレは、銀河帝国の残党を率いてシスの復権と新たなる銀河帝国の再建を企んでいた。

強大な力を持つ邪悪な究極兵器も完成し、まさにいま、新帝国旗艦「ツインスター・デストロイヤー」起動の最終調整が行われていた。

『THE TWINS』と他作品との時系列関係

『THE TWINS』は銀河帝国崩壊後の世界が舞台になるので、時系列としては『エピソード6』以降になります。

今石洋之(トリガー)

ガイナックスで『天元突破グレンラガン』の監督を務め、その後、トリガーで人気作品『キルラキル』『プロメア』を監督として手掛ける。

カレ(榎木淳弥 /原語版・ニール・パトリック・ハリス)

アム(白石涼子 /原語版・アリソン・ブリー)

B-20N(川島得愛 /原語版・ジョナサン・リポフ)

『T0-B1』

ジェダイを夢見る少年型ドロイドのT0-B1は、唯一の人間であるミタカ博士と暮していた。

星に生命を宿らせるという博士の研究をそっちのけで夢ばかりみている彼に、ミタカは試練を与える。それはライトセーバーの核となるカイバークリスタルを見つけだすこと。

はりきって星中を探し回るT0-B1は、ミタカに禁止されていた地下室に足を踏み入れ、古い宇宙船を見つけてしまう。

この悪気ない行動が、平和だった彼らの星に悪の手を招いてしまうことに―。

『T0-B1』と他作品との時系列関係

『T0-B1』は『エピソード3』『エピソード4』の間の出来事として描かれています。

アベル・ゴンゴラ(サイエンスSARU)

2013年に設立されたアニメーションスタジオ。

映画『夜は短し歩けよ乙女』やアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門グランプリ・クリスタル賞など数々の海外の映画賞を総なめにした『夜明け告げるルーのうた』、上海国際映画祭で金爵賞アニメーション最優秀作品賞を受賞した『きみと、波にのれたら』、アニメシリーズ「DEVILMAN crybaby」、「映像研には手を出すな!」などを生み出し、世界から高く評価されている。

独特なキャラクターと美しい表現力を持ち、同社にしか生み出せないアニメーションでファンを魅了している。

T0-B1(ティーオービーワン)(野沢雅子 /原語版・ジェイデン・ウォルドマン)

『ドラゴンボール』の孫悟空役として世界的な認知度を誇る、あの野沢雅子さんがスターウォーズに登場!

少年のようなドロイドT0-B1を演じる。

ミタカ博士(磯部勉 /原語版・カイル・チャンドラー)

『赤霧』

とある星の危機に導かれるように駆けつけたジェダイのツバキは、敵の襲撃にあい気を失ってしまう。

そんな彼を助けたのは、かつて親交があった王女ミサの一行。

再会を果たした2人は、王国奪還のため宮殿へ向かうことに。

旅路の果てに待ち構えていたのは、兄である国王を殺しシスとなったマサゴ。ツバキは強大な力を誇るマサゴとの戦いのなかで、自分自身の秘めたある想いを利用され、究極の選択を迫られることに―。

『赤霧』と他作品との時系列関係

『赤霧』がどの作品の時系列とつながるかは特に言及されていません。

チェ・ウニョン(サイエンスSARU)

2013年に設立されたアニメーションスタジオ。

映画『夜は短し歩けよ乙女』やアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門グランプリ・クリスタル賞など数々の海外の映画賞を総なめにした『夜明け告げるルーのうた』、上海国際映画祭で金爵賞アニメーション最優秀作品賞を受賞した『きみと、波にのれたら』、アニメシリーズ「DEVILMAN crybaby」、「映像研には手を出すな!」などを生み出し、世界から高く評価されている。

独特なキャラクターと美しい表現力を持ち、同社にしか生み出せないアニメーションでファンを魅了している。

ツバキ(宮崎遊 /原語版・ヘンリー・ゴールディング)

ミサ(Lynn /原語版・ジェイミー・チャン)

センシュウ(未発表 /原語版・)

カマハチ(高木渉 /原語版・キーオン・ヤング)

マサゴ(野沢由香里 /原語版・ロレイン・トゥーサント)

『のらうさロップと緋桜お蝶』

銀河帝国の強制労働者として捕らえられていた孤児のロップ。

ある日辺境の惑星タオに生きる一家の長・弥三郎と、その娘・お蝶と出会う。

3人は種族を超えて「家族」となるため日々を穏やかに過ごしてきた。

しかし、帝国に対する考え方の違いから、弥三郎とお蝶は徐々にすれ違い、ついに弥三郎が独断で帝国基地への爆破テロを強行する事態となってしまう。

ロップが二人の仲を取り持とうとする中、帝国将校が目の前に立ちはだかる。

『のらうさロップと緋桜お蝶』と他作品との時系列関係

『のらうさロップと緋桜お蝶』がどの作品の時系列とつながるかは特に言及されていませんが、銀河帝国が成立していることを考えると『エピソード3』から『エピソード6』の間の出来事だと推測されます。

五十嵐 祐貴(ジェノスタジオ)

アクションやサスペンスなど、重厚な世界観や絵作りが得意なスタジオ。

2015年に設立され、鮮烈さ際立つ劇場アニメ『虐殺器官』を世に送り出した。

また、2018年~2020年にかけ、TVアニメ『ゴールデンカムイ』を3シーズン制作。

実力派スタッフが集結し、スタジオの描く世界観を形にするため、熱く・強い作品づくりに日々取り組んでいる。

ロップ(小林星蘭 /原語版・アンナ・カスカート)

お蝶(清水理沙 /原語版・ロミ・デイムス)

弥三郎(藤村忠寿 /原語版・ポール・ナカウチ)

帝国将校(中野泰佑 /原語版・カイル・マカフリー)

『タトゥイーン・ラプソディ』

木村 拓(スタジオコロリド)

長編映画とショートコンテンツに特化した新進気鋭のアニメーションスタジオ。

2011年の設立以来、著名クリエイターの参画をはじめデジタル作画へのチャレンジなど制作能力を向上し続けている。

第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した初の長編アニメとなる映画『ペンギン・ハイウェイ』、そして昨年公開の映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、同社ならではの美しく温かみのあるビジュアルとダイナミックな映像演出が国内外から高く評価されている。

ジェイ(吉野裕行 /原語版・ジョセフ・ゴードン=レヴィット)

ギーザー(後藤光祐 /原語版・ボビー・モイニハン)

ボバ・フェット(金田明夫 /原語版・テムエラ・モリソン)

K-344(藤田昌代 /原語版・シェルビー・ヤング)

ラン(勝杏里 /原語版・マーク・トンプソン)

『The Elder』

経験豊富なジェダイマスターのタジンと若いパダワンのダン。訪れる者も少ない辺境宙域をパトロールしていた二人は怪しい気配を感じ惑星ハボに降り立つ。

星の住人から数日前に一人の老人が小型のスターシップで飛来したことを聞き、調査を開始する二人。

しかし老人が乗って来たスターシップを目にした時、タジンの脳裏に不吉な予感が漂い始める。

『The Elder』と他作品との時系列関係

アニメーションを手がけたトリガーによると、『The Elder』は『エピソード1』よりも前の時系列の物語が描かれています。

大塚 雅弘(トリガー)

『キルラキル』や『リトルウィッチアカデミア』を手掛ける、トリガーの代表者

スタジオジブリに入社し、『平成狸合戦ぽんぽこ』、『耳をすませば』で監督助手を担当。

その後、ガイナックスに所属して、『新世紀エヴァンゲリオン』の演出、演出助手を務めた。

タジン(土師孝也 /原語版・デヴィッド・ハーバー)

経験豊富なジェダイマスター。

ダン(中村悠一 /原語版・ジョーダン・フィッシャー)

ジェダイになるために修行を積んでいる若きパダワン。

老人(緒方賢一 /原語版・ジェームズ・ホン)

『村の花嫁』

垪和 等(キネマシトラス)

「100年残る、時代が変わっても変わらない価値観が入っているフィルムを産み出す」という理念を掲げたアニメーションスタジオとして2008年に創設。

以来、作品×社会×仲間×自分自身と常に向き合いながら制作を続けている。近年では『メイドインアビス』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『盾の勇者の成り上がり』などの海外ファンからの支持も熱い数々の話題作を生み出し、日本アニメの次世代を担うスタジオとして注目されている。

エフ(瀬戸麻沙美 /原語版・福原かれん)

ハル(潘めぐみ /原語版・ニコール・サクラ)

アス(内田雄馬 /原語版・クリストファー・シーン)

ヴァン(上川隆也 /原語版・ケイリー=ヒロユキ・タガワ)

イズマ(下山吉光 /原語版・アンドリュー・キシノ)

サク(伊瀬茉莉也 /原語版・ステファニー・シェー)

『九人目のジェダイ』

神山 健治(プロダクションI.G.)

竜の子プロダクションより独立し、1987年に創業。

1995年に発表した押井守監督作品『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が米・ビルボード誌のセルビデオチャートで1位となったことで注目を集め、2004年には続編にあたる『イノセンス』がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、日本アニメ―ション初の快挙として話題となる。

また、クエンティン・タランティーノ監督作品『キル・ビル Vol.1』のアニメーションパートを担当するなど、世界中に多くの支持者を持つ日本屈指のアニメーション制作会社。

『攻殻機動隊』シリーズ、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ、『ハイキュー!!』シリーズなど、幅広いジャンルの作品を手掛ける。

カーラ(赤﨑千夏 /原語版・キミコ・グレン)

ジューロ(金尾哲也 /原語版・アンドリュー・キシノ)

ジーマ(三木眞一郎 /原語版・シム・リウ)

原語版は、シャンチーで主役を演じて人気急上昇中のシム・リウが担当。

イーサン(峯田大夢 /原語版・マシ・オカ)

原語版は、海外ドラマ『HEROES』で圧倒的な存在感を見せてくれた日本人俳優のマシ・オカが担当。

ローデン(中井和哉 /原語版・グレッグ・チャン)

ナレーション(大塚明夫 /原語版・ニール・キャプラン)

ヘン・ジン(平川大輔 /原語版・マイケル・シンターニクラス)

【月額548円】auスマートパスプレミアム【映画割引&動画見放題】

映画を観るならauスマートパスプレミアム

auスマートパスプレミアム月額548円のサービス。

もちろんauの携帯電話を使用していなくても加入することができます。

ここがすごい
  1. 映画が1,200円~鑑賞できる
  2. マクドナルドコーヒー無料券などのクーポンが豊富
  3. 音楽・雑誌・ゲームが遊び放題
  4. スタバや駅で使えるau Wi-Fiスポットを使い放題
  5. 雑誌が80誌以上読み放題→「週刊文春」も
  6. 音楽が聴き放題→『紅蓮華』、シンエヴァ主題歌も
  7. ゲームし放題→懐かしのファミコンゲーム

さらに、話題のTVアニメ『鬼滅の刃』『呪術廻戦』全話を視聴することができます。

もちろん動画保存ができるので好きな時に何度でも見れちゃうんです。

そのほかにも特典盛りだくさん!

ここでは語りつくせないauスマートパスプレミアムの魅力はこちらの記事にまとめています。

【30日間無料】auスマートパスプレミアムのお得なメリット一覧こんにちは、マッキーです。 今日は映画やエンタメが好きな人にぜひおすすめしたいのがauスマートパスプレミアム。 月額548円...

こんなにお得なのに料金はたったの月額549円。確実に元が取れます。

また、今なら30日間無料でお試しができます。

ぜひ入会してみましょう。