ヴェノム

【ネタバレ解説】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ミッドクレジットシーン・エンディングを考察【ヴェノム2】

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 前売り券特典 ムビチケ
あの作品が遂に配信!

6/17(金)より、『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』などの未配信作品、『マーベル/デアデビル』などのネットフリックス配信ドラマ作品(6/29~)、さらに『スパイダーマン』シリーズや『ヴェノム』などのソニー配給作品がディズニープラスにアッセンブル!

追加配信作品一覧

「スパイダーマン」
「スパイダーマン2」
「スパイダーマン3」 
「アメイジング・スパイダーマン」
「アメイジング・スパイダーマン2」
「スパイダーマン:ホームカミング」
「スパイダーマン:スパイダーバース」
「ヴェノム」
「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
「アイアンマン」
「インクレディブル・ハルク」
「マーベル/デアデビル」シーズン1~3
「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ」シーズン1~3
「マーベル/ルーク・ケイジ」シーズン1~2
「マーベル/アイアン・フィスト」シーズン1~2
「マーベル/ザ・ディフェンダーズ」
「マーベル/パニッシャー」シーズン1~2

ディズニープラスは、もはやマーベル作品を鑑賞する上での最強の必須アイテムといえます。

料金は今までどおり、すべて見放題で月額990円(または1,000円)

さらに公式HP申し込みからの年間契約だと、月あたり825円でオトクに利用できます。

Disney+dアカウント以外の申込年間プラン

マッキーです。

マーベル作品に欠かせないクレジットシーン。

ここには次作や他の作品につながる重要なヒントが隠されています。

その甲斐あって、映画本編が終わっても鑑賞者はなかなか帰れません笑

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』では、途中で挿入されるミッドクレジットのみが収録されていて、映画の最後のポストクレジットはありませんでした。

今回は『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のミッドクレジットシーンを解説したいと思います。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前売り券特典まとめ【公開日はいつ?】
【1/7(金)公開決定】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前売り券特典、試写会、SixTONES主題歌まとめマッキーです。 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が全国の映画館で劇場公開されます。 トム・ホランドがスパイダーマン/...
created by Rinker
¥1,980
(2023/02/06 03:48:25時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
500円で映画鑑賞

auスマートパスプレミアムなら、『スパイダーマン』3作品、『アメイジング・スパイダーマン』2作品、『スパイダーマン:ホームカミング』の6作品の字幕・吹替が見放題で楽しめます。

また、映画を500円で鑑賞できるクーポンを配布中なので、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を鑑賞する方にピッタリなサービスです。

その他、マクドナルドのコーヒー無料券などのお得なクーポンがもらえたり、動画・音楽・雑誌などのサービスがすべて使い放題で、間違いなく月額以上のメリットを受けられます。

月額549円ですが、今なら30日間無料でお試しができます。

30日間無料キャンペーン中

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ミッドクレジットシーン

カーネイジから世界を救ったエディとヴェノムは、警察の目を避けるため、スペイン語が使われている熱帯地域でバカンスを楽しんでいます。

ある夜、2人はベッドに横になってスペイン語のメロドラマを見ていたところ、エディはヴェノムが自分に隠しているかどうかを疑問に思います。

ヴェノムは、何千もの宇宙と現実にまたがるシンビオートの集合精神の知識にアクセスできるが、エディの頭ではそれを処理できないと説明しました。

つまり、いつもチョコレートなどのんきなことばかりを話しているヴェノムは、その裏でエディに対して常に隠し事をしていたわけです。

しかし、誠意を示すために、ヴェノムはエディにほんの一例を示すと言います。

ヴェノムがエディに何かを見せようとした瞬間、部屋は移動し始めます。

今まで彼らがいたホテルの部屋はガラリと変わり、空からは陽が差し、家具の配置などは先程までいたホテルの部屋と似ているもののわずかに異なる部屋で目を覚まします。

この部屋が変動するシーン、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でドクター・ストレンジがピーター・パーカーの依頼を受けて魔術を使用するシーンをどことなく彷彿させます。

エディとヴェノムがテレビに目を向けると今まで見ていたメロドラマの代わりにニュース番組が放送されています。

スパイダーマンの正体はピーター・パーカーだと、デイリー・ビューグル社のJ.ジョナジェイムソンがけたたましく吠える声。

そう、これは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のミッドクレジットシーンと同様の映像です。

テレビにはトム・ホランド演じるスパイダーマン/ピーター・パーカーが映し出され、ヴェノムが画面に舌を這わせて食いつきたそうな表情を浮かべます。

1月7日(金)公開の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、マルチバースの扉が開かれたことで、ドクター・オクトパスやエレクトロなど、過去のスパイダーマンシリーズに登場したヴィランたちが姿を見せます。

別の次元のヴェノム/エディ・バウアーが登場した『スパイダーマン3』に現れたサンドマンが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』することを考えると、ヴェノム/エディ・バウアーがスパイダーマンの前に立ちはだかる可能性もあるかもしれません。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前売り券特典まとめ【公開日はいつ?】
【1/7(金)公開決定】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前売り券特典、試写会、SixTONES主題歌まとめマッキーです。 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が全国の映画館で劇場公開されます。 トム・ホランドがスパイダーマン/...
500円で映画鑑賞

auスマートパスプレミアムなら、『スパイダーマン』3作品、『アメイジング・スパイダーマン』2作品、『スパイダーマン:ホームカミング』の6作品の字幕・吹替が見放題で楽しめます。

また、映画を500円で鑑賞できるクーポンを配布中なので、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を鑑賞する方にピッタリなサービスです。

その他、マクドナルドのコーヒー無料券などのお得なクーポンがもらえたり、動画・音楽・雑誌などのサービスがすべて使い放題で、間違いなく月額以上のメリットを受けられます。

月額549円ですが、今なら30日間無料でお試しができます。

30日間無料キャンペーン中

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベルが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額990円(dアカウント)で、マーベルのドラマや映画を見放題で楽しむことができるので、作品の伏線をいつでもチェックできます。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスは話題作がいっぱい
最大6か月間割引キャンペーン中(2022.7)

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

ahamo

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー