ヴェノム

【ネタバレあり】『ヴェノム』ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素まとめ

【ネタバレあり】『ヴェノム』ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素まとめ

マッキーです。

2021年公開予定の映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

そのストーリーの前作『ヴェノム』は鑑賞しましたか。

『ヴェノム』のラストにはカーネイジも登場するので、一度観た方もそうでない方も、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の鑑賞前に見返しておく必要があると思います。

今回は『ヴェノム』のネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素をまとめました。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 前売り券特典 ムビチケ
【12/3(金)公開】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』前売り券特典、主題歌(DISH//)まとめ【ヴェノム2】マッキーです。 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が2021年冬に劇場公開を予定しています。 【9/17更新】劇場...

『ヴェノム』地上波発放送【8/7(土)21時~】

2021年劇場公開『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に先がけて、フジテレビ系・土曜プレミアム(一部地域を除く)では2018年公開『ヴェノム』を放送されることが決定しました。

地上波としては初放送になります。

日時は8月7日(土)21:00からです。

詳細ページ

J・ジョナ・ジェイムソンの息子

映画冒頭、ライフ財団の宇宙船がマレーシアに墜落。

全滅かと思われた中で、1名の宇宙飛行士が生存していました。

彼の名前はジェイムソン。

宇宙飛行士のジェイムソンはスパイダーマンの原作コミックにも登場します。

しかも、その父親はデイリー・ビューグル誌の編集長J・ジョナ・ジェイムソン。

『スパイダーマン』シリーズで、ピーター・パーカーを常に怒鳴り散らすあの男性です。

引き裂かれるヴェノムとエディ

ルーベン・フライシャー監督はコミックの描写の再現に対して強いこだわりを持っています。

その一つが、ライオットによってヴェノムとエディが引き裂かれるシーン。

ヴェノムの頭部が引き剝がされて、中からエディの顔が現れます。

これは原作コミック『Venom:Carnage Unleashed#3』の表紙に描かれた、カーネイジがヴェノムとエディを分離させているカバーアートのオマージュです。

ヴェノムが人間の脳とチョコレートを好む理由

ヴェノムの好物は人間の脳。

それは殺戮を楽しんでいるからではなく、脳に含まれているフェネチルアミンという物質がシンビオートにとって必要な栄養源だからです。

フェネチルアミンは向精神作用があり、恋愛状態の人間の脳で放出される神経伝達物質とも言われています。

ところが、ヴェノムはエディとの共生の条件として「人を食べないことです」に同意したため、人間の脳以外からフェネチルアミンを摂取しなければいけません。

そこで目を付けたのがチョコレート。

チョコレートは微生物発行によってフェネチルアミンを含有します。

そのため、ヴェノムはやむを得ずチョコレートを食べています。

ちなみにフェネチルアミンはチーズにも含まれています。

「目、肺、すい臓!うまそうなものがたくさんだ…時間はないが」

ライフ財団の追跡者に追い込まれ、エディを覆いつくすように全身を現したヴェノム。

ドレイクの部下の頭を握りながら、「目、肺、すい臓!うまそうなものがたくさんだ。時間はないが」という恐怖のセリフを放ちました。

これは、原作コミックでヴェノムが初めてスパイダーマンの前に対峙したときのセリフと同じものになります。

ヴェノム犬

エディから引き離されたヴェノムは、次の宿主としてジェミニという名のパピヨンの子犬に寄生します。

そして、ジェミニを殺害してしまうことなく、うまく共生することに成功しました。

ヴェノムは原作でも犬と融合に成功しています。

今作に「負け犬」という言葉が使われるように、犬はシンビオートとの相性が良い動物なのかもしれません。

シー・ヴェノム

ライフ財団の研究所に連行されたエディ。

ドレイクに用済みの烙印を押され、彼の部下たちに射殺される寸前、スラっとしたフォルムのシンビオートが現れ、ドレイクの部下を一蹴しました。

エディを救出するという共通の目的で融合したアンとヴェノムによるシー・ヴェノムの登場です。

原作コミックでもアンがシー・ヴェノムになるストーリーがあります。

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/18 16:10:39時点 楽天市場調べ-詳細)

犬を連れた老人

マーベル作品ではお約束になっている、マーベルコミックの原作者スタン・リーのカメオ出演。

『ヴェノム』は『スパイダーマン:ホームカミング』や『アベンジャーズ』などのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品ではありませんが、スタンはしっかり登場しています。

今回は犬を連れた老人として街中を散歩しているところを、ヴェノムを宿したエディに遭遇します。

尚、スタン・リーは『ヴェノム』公開後の2018年11月12日、95歳で亡くなりました。

以降に公開された『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもスタン・リーの姿を見ることができます。

プリズン・ブレイクの看守

エンディンククレジットでは、刑務所の受刑者を取材に訪れるエディの姿が映し出されています。

その刑務所のシーンでエディを先導する男性。

彼は俳優のウェイド・ウィリアムズ。

ドラマ『プリズン・ブレイク』ではベリックという刑務所の看守役を演じていました。

シューラー・アパート

エディの追跡者たちによると、エディはシューラー・ビルという名前の建物に住んでいることが判明します。

ところで、ヴェノムのキャラクター原案はコミック読者によるもの。

編集部あての手紙には、スパイダーマンにファンタスティック・フォーのようなスーツを着せて黒く塗りつぶしてみてはどうかというアイデアが書かれていました。

この手紙を書いた人物の名前がランディ・シューラー。

スパイダーマンをベースにしたヴェノムのデザインに大きな影響を与えたランディは、いわば親のような存在なのです。

ミッチェリーニ&マクファーレン法律事務所

アンの勤務先は法律事務所。

ミッチェリーニ&マクファーレン法律事務所という、日本と同じように代表弁護士の名前に由来するような事務所名になっています。

これは、原作コミックで最初にヴェノムを描いたデイビット・ミッチェリーニとトッド・マクファーレンから引用されています。

ヴェノムの胸のシンボルマーク

ヴェノムといえば、胸にスパイダーマンと同様のクモをモチーフにした白いシンボルマークが描かれている姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

『ヴェノム』ではスパイダーマンに寄生していないため、クモのシンボルマークは描かれていません。

しかし、終盤のライオットとの決戦のシーンでは、重傷を負ったエディがヴェノムとの融合によって傷が癒されていく際に、一瞬、ヴェノムの胸元がシンボルマークのように白い光を放っています。