MCU(マーベル)

MCUマーベル映画はこの順番で見よう!(随時更新)

こんにちは、マッキーです。

MCU作品を一覧にまとめました。

MCUとは

マーベルシネマティックユニバースの略。アメリカのマーベル社の人気コミックを題材にした実写映画で、各ヒーローが同じ世界を共有し、作品間でクロスオーバーします。そのため、例えばインクレディブル ハルクにトニー・スターク(アイアンマン)が登場したり、ある作品で起きた出来事が原因で他の作品に影響を及ぼすことがあります。

公開予定のものを含めると20作品以上あり、それぞれの物語の進行に合わせてフェーズごとに区分されています。

フェーズ1

アイアンマン

記念すべきMCUの1作品目。

この映画のポイント

  • 絶体絶命の状況から誕生した「アイアンマン」
  • 今までの「正義」と「平和」を疑うトニー
  • 吹き替え版でトニーを演じるヒロシ(藤原啓治さん)の話し方が絶妙w

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • ニック・フューリー
  • フィル・コールソン
インクレディブル ハルク

MCUの2作品目。この映画以前にもハルクの映画はありますが、MCUとして新たに制作されました。シリアスかつロマンスにあふれた大人のハルクです。

この映画のポイント

  • エドワード・ノートン演じる、セクシーなブルース・バナー
  • 婚約者との許されない愛
  • とにかくパワフルなハルクが見れる

登場ヒーロー

  • ハルク
  • (アイアンマン)
アイアンマン2

MCU3作品目にしてアイアンマンの続編が登場。アークリアクターの影響で自身の体が蝕まれるトニーの目の前に、アークリアクターの共同研究者でロシアに強制送還された父を持つイワンが、恨みを晴らさんと現れる。

この映画のポイント

  • 自分の命がもたないことを知って行動しまくりのトニー、それを知る由もなく振り回される恋人のペッパー。
  • 亡き後もトニーを思う父ハワードの愛情が胸に来る
  • ブラック・ウィドウの突入シーンがカッコイイ!本作の監督でハッピーを演じるジョン・ファヴローも力闘w

登場ヒーロー

    • アイアンマン
    • ブラック・ウィドウ
    • ウォーマシン
    • ニック・フューリー
    • フィル・コールソン
マイティー・ソー

MCU4作品目。雷神にしてアスカルドの王子ソーは、父オーディーンの怒りを買い、人間のいる世界・ミッドガルドへ追放されます。ソーは武器と力を失いながらも、ジェーンやエリックと打ち解けるうちに状況を受け入れるようになったものの、アスカルドでは弟のロキが国の乗っ取りを画策して…。

この映画のポイント

  • 雷神ソーの人間離れしたアクションは見物
  • 浅野忠信さんも出演しています(見せ場が少ないですが…)
  • これがロキだ

登場ヒーロー

  • ソー
  • ロキ
  • ホークアイ
  • フィル・コールソン
 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

MCU5作品目。舞台は第二次世界大戦中の1942年。キャプテンアメリカってコスチュームがダサいし、名前もストレート過ぎてどうも好きになれない、というそこの方!これを観ると間違いなくキャップのファンになります。

この映画のポイント

  • 正義こそが力
  • 精鋭部隊の破竹の活躍に歓喜!
  • そしてアベンジャーズへ

登場ヒーロー

  • キャプテンアメリカ
  • バッキー
  • ニック・フューリー
アベンジャーズ

MCU6作品目にしてフェーズ1の集大成。宇宙から攻め込んでくる地球外生命体を倒すためにヒーローが集まり、アベンジャーズを結成します。

この映画のポイント

  • 各ヒーローの登場シーンが熱い!
  • バラバラなチームが少しづつまとまっていくところが見どころ。
  • 敵が巨大で戦闘シーンもド派手

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • キャプテンアメリカ
  • ソー
  • ハルク
  • ブラック・ウィドウ
  • ホークアイ
  • ニック・フューリー
  • フィル・コールソン

フェーズ2

アイアンマン3

MCU7作品目はアイアンマン3部作の完結編。1作目に出てきたテロリスト集団「テン・リングス」の正体が明らかになります。「アーマー依存症」で日に日に病んでいくトニーが、ペッパー、ローディら仲間に支えられながら立ち上がる。

この映画のポイント

  • 圧巻のアイアン軍団!
  • トニーとペッパー、互いを思いやる愛情が熱い!
  • 「アーマー」という繭がトニーにもたらした成長とは。

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • ウォーマシン
  • (ハルク)
マイティ・ソー/ダーク・ワールド

MCU8作品目。9つの世界の危機を救うべくアスカルド、地球をまたにかけた戦いが始まる

この映画のポイント

  • エリック役ステラン・スカルスガルドの「体を張った」演技w
  • インフィニティストーン登場
  • アスカルドの科学技術も見どころ

登場ヒーロー

  • ソー
  • ロキ
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

MCU9作品目。世界平和を守る組織S.H.I.E.L.Dが大きな陰謀に包まれて、突如として仲間のキャプテンアメリカ、ブラック・ウィドウ、ニック・フューリーを襲う。首謀者は誰だ…サスペンス要素満載です。

この映画のポイント

  • ファルコンのアクロバット(落とされないか心配でハラハラ)
  • ファイナルファイトのような、エレベーターでの戦闘シーン
  • 友情が、新たな友情で蘇る

登場ヒーロー

  • キャプテンアメリカ
  • ブラック・ウィドウ
  • ニック・フューリー
  • ウィンターソルジャー
  • ファルコン
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

MCU10作品目はニューフェイスの登場。宇宙の落ちこぼれ達が、自分の欲望と少しの正義のために立ち上がり、悪の野望を阻止する。近未来を70年代・80年代の彩り、なぜか優しくて親近感のある世界が広がっています。

この映画のポイント

  • 「ウガチャカ、ウガウガ」が頭から離れない
  • スターロードのルパン三世のようなチャラ感がいい
  • 「We are Groot」以降の展開が熱すぎる

登場ヒーロー

  • スターロード(ピーター・クイル)
  • ガモーラ
  • ドラックス
  • ロケット
  • グルート
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

MCU11作品目はアベンジャーズが再集結。トニーが人類の平和を守るために作り出したウルトロンが暴走。新たな仲間とともにウルトロンの野望を阻止する。

この映画のポイント

  • キレのある戦闘が見どころ。ヒーローたちの連携技は必見です
  • アベンジャーズタワーでくつろいでいる何気ない姿がおもしろい
  • もはやソーがいれば何でもできる気がします

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • キャプテンアメリカ
  • ソー
  • ハルク
  • ブラック・ウィドウ
  • ホークアイ
  • ニック・フューリー
  • ウォーマシン
  • ファルコン
  • スカーレットウィッチ
  • クイックシルバー
  • ビジョン
アントマン

MCU12作品目のフェーズ2の最終作。主人公が冴えないおっさんだったり、他のヒーローと比べて、その名の通りスケールの小さい作品に思えます。が、登場人物が人間臭く、愛情丸出しな姿を見ているとついつい感情移入してしまう作品です。

この映画のポイント

  • 愛する娘のために奮闘するスコットの姿に好感
  • 巨大化&縮小化の多彩なアクションバトル!トーマスがw
  • ブラマヨ小杉氏の吹き替えが当たり役過ぎるw

登場ヒーロー

  • アントマン
  • ファルコン

フェーズ3

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

MCU13作品目、フェーズ3の幕開け早々、アベンジャーズに分裂の危機が。新たなヒーローも加わり、それぞれの持ち味を活かした多彩なバトルが展開されます。キャプテンアメリカvsアイアンマン、果たして勝つのはどちらか!?

この映画のポイント

  • 世界平和を守るために命を捧げてきたキャプテンが、親友・バッキーのために立ち上がる
  • 中盤の総当たりバトルが一番の見どころ
  • ヒーローそれぞれの立ち位置が明確になり、改めてキャラクター像が浮かび上がってきます

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • キャプテンアメリカ
  • ブラック・ウィドウ
  • ホークアイ
  • ウォーマシン
  • ファルコン
  • スカーレットウィッチ
  • ビジョン
  • ウィンターソルジャー
  • アントマン
  • ブラックパンサー
  • スパイダーマン
ドクター・ストレンジ

MCU14作品目。孤高の天才外科医が、交通事故をきっかけにネパールの大魔術師に弟子入りをし、過酷な修行を通して魔術師として成長していく。世界の支配を巡る争いに巻き込まれ、世界を救うヒーローとして目覚めていく。

この映画のポイント

  • 超次元バトルのSFXがすごい
  • 天才を底から支えるもの、それは努力
  • 力ではなく、頭で敵を負かす天才

登場ヒーロー

  • ドクターストレンジ
  • ウォン
  • (ソー)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

MCU15作品目。「”クソッたれ”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーにようこそ」。相変わらずのスピード感とギャグ満載の展開ですが、今度のガーディアンズは…泣かせてくれます。卑怯じゃないかと思うくらいカッコイイ作品です。

この映画のポイント

  • スターロードの「父親」は…
  • ちびグルートがかわいい
  • ヨンドゥ&ロケットのタッグがカッコイイ

登場ヒーロー

  • スターロード(ピーター・クイル)
  • ガモーラ
  • ドラックス
  • ロケット
  • グルート
  • ネビュラ
  • マンティス
スパイダーマン:ホームカミング

MCU16作品目は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のワンシーンからスタート。トニー・スタークに認められようと、スパイダーマンとして隣人の人助けに励むピーターは、ハイテク兵器を持った強盗団と遭遇。手柄を上げるため追跡調査を試みるが…。

この映画のポイント

  • 新しく生まれ変わったスパイダーマンの物語
  • スターク社製スパイダースーツのギミックがすごい
  • アイアンマンのハッピーが大忙しw

登場ヒーロー

  • スパイダーマン
  • アイアンマン
  • (キャプテンアメリカ)
マイティ・ソー/バトルロイヤル

MCU17作品目。今までの『マイティ・ソー』シリーズの荘厳な作風が一転。爽快なバトルアクションが見どころです。ここにきてハルクに焦点を当てたストーリーが展開されるのも魅力の一つです。魔術師として貫禄のついたドクターストレンジも登場。

この映画のポイント

  • ヘラが尋常じゃなく強過ぎます
  • 「アアア~アッ!」ソー&ロキのコンビネーションに注目
  • 神様なのに、俗っぽくて本当に複雑な家族関係w

登場ヒーロー

  • ソー
  • ハルク
  • ロキ
  • ドクターストレンジ
ブラックパンサー

MCU18作品目。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』直後、王位を継ぐことになったブラックパンサーことティ・チャラのリーダーとしての苦悩を描く。実は超技術大国のワカンダ。ティ・チャラの妹にして天才科学者シュリの最新技術にも注目です。

この映画のポイント

  • 困難に直面しながらも一歩ずつ前進するティ・チャラの姿に好感
  • 遠隔操作ヘリなど『ガーディアンズ~リミックス』のソブリン人並みの技術力にビックリw
  • リーダーとして誰を守るのか、何を守るのか。

登場ヒーロー

  • ブラックパンサー
  • (ウィンターソルジャー)
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

MCU19作品目。ついにヒーローが総集結し、インフィニティストーンを巡る争いに参戦。アイアンマンチームはサノスの故郷・惑星タイタンへ、キャプテンアメリカチームはサノス軍を迎え撃つべくワカンダへ、ソーチームは最強の武器を手に入れるべく惑星ニダベリアへ。最強の敵サノスに挑む。

この映画のポイント

  • 前作を上回るクロスオーバーに大興奮
  • キャプテンアメリカがカッコ良すぎる!最初、誰だかわからなかったw
  • 恐れられるサノスにも人としての心がある

登場ヒーロー

  • アイアンマン
  • キャプテンアメリカ
  • ソー
  • ハルク
  • ブラック・ウィドウ
  • ホークアイ
  • ニック・フューリー
  • ウォーマシン
  • ファルコン
  • スカーレットウィッチ
  • ビジョン
  • ウィンターソルジャー
  • ブラックパンサー
  • スパイダーマン
  • ロキ
  • ドクターストレンジ
  • ウォン
  • スターロード(ピーター・クイル)
  • ガモーラ
  • ドラックス
  • ロケット
  • グルート
  • ネビュラ
  • マンティス
アントマン&ワスプ

MCU20作品目。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より時間軸が前の物語。『シビル・ウォー~』の事件をきっかけに自宅に軟禁されている、相変わらず冴えないスコットに、ハンク・ピムとホープから連絡が。

この映画のポイント

  • 前作を上回る、変幻自在のアクション
  • 粒子世界への大冒険
  • 悪役も何だか憎めない…

登場ヒーロー

  • アントマン
  • ワスプ