キャプテン・マーベル

【ネタバレなし】『キャプテン・マーベル』の劇中歌13曲まとめ+1

キャプテンマーベル

こんにちは、マッキーだよ。
『キャプテンマーベル』は作中で使われている音楽も魅力の一つです。
作品がシリアスにより過ぎないように絶妙なバランスを保ってくれています。

アメリカではなんと、映画で使用された楽曲のダウンロード数が急上昇しているようです。

ということで、劇場で聞いて気になった方も多いと思うので、使用された音楽をまとめてみましたよ。

名曲たちによって彩られるマーベル作品

『キャプテンマーベル』のアンナ監督は、作品の舞台となる年代に合わせて、劇中歌に90年代におなじみの楽曲を起用しました。

マーベル作品では、ここぞという場面で過去の名曲が使われます。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では主人公ピーター・クイルが70・80年代の音楽を詰め込んだカセットレコーダーを宝物にしていることもあって、終始音楽が流れています。
ブルー・スウェード「ウガ・チャカ(フックト・オン・ア・フィーリング)」が耳から離れなくなった人も多いのではないでしょうか。
使用される音楽は作品の魅力の一つでもあり、ファンがジェームズ・ガン監督を熱烈に支持する理由だったりもします。

レコチョクで視聴する

最近だと『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で起用されたレッドツェッペリン「移民の歌」は、誰もが何となく耳にしたことがあり、白熱するシーンを盛り上げてくれます。

レコチョクで視聴する

マーベルにおける音楽要素の重要性は高まっているのかもしれません。

楽曲リスト

※劇中のエンドロールより抜粋

“Crazy on You” — Heart

レコチョクで視聴する

“Kiss Me Deadly” — Lita Ford

レコチョクで視聴する

“Whatta Man” — Salt-N-Pepa

レコチョクで視聴する

“Connection” — Elastica

予告編でバイクに乗っている時に流れている曲で、劇中でも同様のシーンで使われています。
曲といい、荒野の1本道をバイクで突き進む姿といい、まさにアメリカって感じがしますよね。
なお、エラスティカはイギリスのバンドです。
レコチョクで視聴する

“Only Happy When It Rains” – Garbage

レコチョクで視聴する

“Crush With Eyeliner” — R.E.M.

レコチョクで視聴する

“Waterfalls” — TLC

レコチョクで視聴する

“You Gotta Be” — Des’ree

レコチョクで視聴する

“Come as You Are” — Nirvana

レコチョクで視聴する

“Just a Girl” — No Doubt

戦闘シーンで使われた曲。大暴れするキャロルにピッタリです。
レコチョクで視聴する

“Man on the Moon” — R.E.M.

レコチョクで視聴する

“Please Mr Postman” — The Marvelettes

ニック・フューリーが劇中で口ずさんでいる曲です。
レコチョクで視聴する

“Celebrity Skin” — Hole

レコチョクで視聴する

キャロルのTシャツにも注目

予告編でも確認できる、「NIN」と書かれたキャロルのTシャツ。
これは90年代を代表するロックバンドのナイン・インチ・ネイルズのTシャツです。
さらに、このTシャツは当時流行したニセモノなんだとか。
どこまでも設定が細かすぎる。
こちらも『キャプテンマーベル』の公開に合わせてコラボTシャツを販売しています。
ニセモノが本物になったことなのかな?
興味がある方はこちらで確認してみてください。