マーベル(MARVEL)

【ドラマ『ロキ』第4話】ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素、挿入歌まとめ

2021年6月9日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)『ロキ』の動画配信がスタートしました。

ロキは、ソーの義弟として『マイティ・ソー』に登場。

サノスの手先として地球侵略を企てたり、父王に化けて祖国を乗っ取ったり、いたずらの神としてトラブルを起こしてばかりいるヴィラン(悪役)です。

本来は殺戮をいとわない恐ろしい悪者なのですが、俳優のトム・ヒルドストンのチャーミングな笑顔やソーとの掛け合いを見ていると、自然とロキに対して親しみが沸いてきます。

そんなズルいところも全部含めて人気の高いキャラクターです。

今回のドラマシリーズでは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のある事件をきっかけに時空を超えたロキの消息が全6話で描かれます。

前半の第1話から第3話では、時間軸を分岐させた罪でTVAに連行されたロキが、様々な時間軸に現れてTVAのハンターたちを襲う”変異体ロキ”を逮捕するため、半ば強制的にTVAに協力することに。

しかし、理屈の通じないものに対してロキがそう簡単に従うはずがありません。

今回は、後半戦の幕開けとなる『ロキ』第4話のトリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素をまとめました。

ディズニープラス ドラマ ロキ ソー ネタバレ 考察
【ネタバレ注意】『ロキ』挿入歌、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめマッキーです。 2021年6月9日(水)よDisney+ (ディズニープラス)で『ロキ』の動画配信がスタートします。 『マイ...
この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

『ロキ』とは

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアイアンマンやキャプテン・アメリカがタイムトラベルをして『アベンジャーズ』の時代に訪れた時に発生したトラブルにより、思いがけずに四次元キューブを手にしたロキ。

そのロキが四次元キューブの力を使って時間を横断し、しまいにはTVAに捕まってしまったことでこのドラマが幕を開けます。

まず、この作品を視聴する前に以下の2作品を視聴することを強くオススメします。

  1. 『アベンジャーズ』
  2. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』

また、以下の作品を視聴すると、ロキが今までに行ってきた数々の裏切りについて深く知ることができます。

  1. 『マイティ・ソー』
  2. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
  3. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』
  4. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

マーベル作品(MCU)での時間軸

本作のロキは『アベンジャーズ』の2012年から時空を超えてタイムトラベルしています。

そのため、それ以降の作品で起きた出来事は知りません。

ロキの連行されたTVAがいつの時代なのか、今後明らかになってくるかも知れません。

登場人物

『ロキ』第3話までに登場した主要キャラクターを紹介します。

ロキ(トム・ヒドルストン/吹替・平川大輔)

北欧神話に登場する悪戯(いたずら)の神のモデル。

裏切り王子、偽りの神などとも呼ばれている。

四次元キューブを使ってアベンジャーズの前から逃げ出したところをTVAに連行され、ロキの変異体が起こしたタイムラインの復元を手伝うハメに。

シルヴィと協力して惑星ラメンティスからの脱出方法を模索する。

シルヴィ・ラッシュトン(ソフィア・ディ・マルティーノ/吹替・佐古真弓)

変異体ロキの正体の女性。

何年も前からTVA攻撃の計画を立てていて、タイムキーパーの居場所を探していた。

相手を操る魔術を使うことができ、その能力は本家ロキも舌を巻くレベルである。

メビウス・M・メビウス(オーウェン・ウィルソン/吹替・志村知幸)

ドラマ ロキ メビウス・M・メビウス
マルチバースの様々なタイムラインを監視するTVA(時間変異取締局)に所属するエージェント。

TVAの中でも危険性の高い時間犯罪者の捜査を専門としている。

変異体ロキが改変した神聖時間軸を復元するために、事件の張本人であるロキに協力を依頼し捜査に乗り出す。

ロキに対して敵意はないものの研究対象としてみている節があり、ロキを理解することで変異体ロキの行動への理解につながると考えている。

第2話のラストでロキと離れてしまう。

ラヴォナ・レクサス・レンスレイヤー(ググ・バサ=ロー/吹替・鶏冠井美智子)

ドラマ ロキ ラヴォナ・レクサス・レンスレイヤー
TVAのメンバーでタイムラインを分岐させた変異体への裁判を行っている

タイムキーパーに会ったことはないものの、TVAの中ではかなり近い存在と言える。

TVA内に侵入した2人のロキを追うが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。

ハンター・B−15(ウンミ・モサク/吹替・斉藤貴美子)

マーベル ロキ ハンター・B−15
TVAのメンバー。ゴビ砂漠にいたロキをTVAまで連行した。

ロキのことを一切信用していない。

ケイシー(ユージン・コルデロ/吹替・山橋正臣)

TVAの受付にいる明るい事務員。

ロキに対する警戒心がなく、人の良さもあって彼に協力してしまうことも。

机の引き出しには無数のインフィニティストーンがあり、文鎮として使用している。

ハンター・C−20(サシャ・レーン/吹替・胡麻鶴彩)

第2話より登場するTVAのハンター。

シルヴィによって捕らえられていたところをメビウスに救出されたるも、タイムキーパーの秘密をシルヴィに漏らしてしまう。

実は100年以上前は普通に生活していた地球人で、シルヴィいわく、彼女も変異体だという。

ミス・ミニッツ(ローレーン・リバード/吹替・松浦裕美子)

時計に手足が生えたようなデザインのアニメキャラクター。

モニターを通して犯罪者に拘置所のルールについてナビゲートしてくれる。

さらに、モニターから飛び出す事もできる。

【インロック】ロキ (ドラマ) ダイカットステッカー C【2021年6月発売】[グッズ]

『ロキ』第2弾 予告編

後半戦に突入する第4話の放送に先駆けて、『ロキ』の第2弾予告編が公開されました。

この中に、新しい情報として気になるポイントが3つあります。

  • アスガルドに戻ったロキ
  • 怪しい部屋にいるラヴォナ
  • ミニッツマンに拘束されるロキとシルヴィ
  • ロキのような少女
  • 空から落下する護衛艦

まず、アスガルドに戻ったロキ。現実なのか、あるいは妄想なのか、いずれにせよ様々な可能性を秘めたカット。

次にラヴォナが青白く光る怪しい部屋で見ているものが何なのか気になりますね。ひょっとしたらタイムキーパーと謁見しているのかも知れません。

また、ロキとシルヴィは拘束されてTVAに連れ戻されます。第4話冒頭にメビウスが現れて彼らを連行するの可能性があります。

そして、一番の注目どころのロキのような少女

演じるケイリー・フレミングちゃんは『ウォーキング・デッド』で一躍人気になった子役で、『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』などで主人公レイの幼少期を演じています。

彼女もロキの変異体なのでしょうか。

最後に、空から落下する護衛艦を挙げましょう。

この戦艦は、実際に1943年に起きたフィラデルフィア事件で行方不明になったエルドリッジです。

DBクーパーといい、この歴史的な出来事にもマーベルキャラクターが一枚かんでいるのかも知れません。

第4話「分岐イベント」

前回までのおさらい
  • “変異体ロキ”を追うTVAに捜査協力することになったロキ
  • ロキは”変異体ロキ”=シルヴィとタイムキーパーの部屋の目前まで迫るも、タイムドアで惑星ラメンティスの最期の日へ
  • ラメンティスからの脱出を試みるも上手くいかず、いよいよ星が崩壊に向かう…
【ドラマ『ロキ』第3話】ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素まとめ
【ドラマ『ロキ』第3話「ラメンティス」】ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素まとめ2021年6月9日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)で『ロキ』の動画配信がスタートします。 ロキは『マイティ・ソー』で...

挿入歌

『ロキ』第4話で使用された挿入歌はこちら。

The Swan/Clara Rockmore

メビウスが訪れたラヴォーナの部屋で流れていた曲

Amazonで視聴

If You Love Me (Really Love Me)/BRENDA LEE

エンディングで流れた曲。愛がテーマの第4話にぴったり。

Amazonで視聴

Cry Me a River/MICHAEL BUBLÉ

エンディングクレジット後のシーンで流れた楽曲。

Amazonで視聴

The Nexus Event

今回のエピソードのタイトルは日本語では「分岐イベント」ですが、英語では「 The Nexus Event

ここでも『ワンダヴィジョン』で登場したNexusが言及されています。

ヴァルキリーとフェンリスのおもちゃ

幼いシルヴィはアスガルドの王宮で生活をしていました。

彼女はおもちゃでヴァルキリーと竜の戦いを繰り広げ夢中になって遊んでいます。

よく見るとこの竜は、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のヘラの手下のフェンリスにそっくり。

また、ヴァルキリーは部隊を編成できたことから、この時間軸ではヘラによるヴァルキリーの全滅はなく、アスガルドの守り神として存在していることがわかります。

A-23

シルヴィを連行したのは、当時ハンターだったラヴォーナ。

服装の番号はA-23。

原作コミックでラヴォーナが初めて登場した『Avengers#23』のことを示唆しています。

惑星モラグ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の冒頭にスター・ロードが訪れた惑星モラグ。

メビウスとB-15がタイムラインの変動を監視している場面で、一瞬、モラグが現れます。

TVAは惑星モラグを監視しているようです。

ロキの負ける運命

ラメンティスからの脱出が困難になり、シルヴィは「ロキは負ける運命だ」と言います。

しかし、当のロキは「負けるけど決して死なない」と付け加えます。

実際にロキは『マイティ・ソー』で虹の橋から落ちても生き残り、『アベンジャーズ』でも作戦が失敗して逮捕されたものの分岐イベントで逃亡し、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で刺殺されたかと思いきや生きていたり、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で惑星サカールでも権力者にすり寄って立場を得たりと、どんな時も生き残っています。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではサノスに敗北し、ソーも「今度ばかりは本当に死んだ」と言っていましたが、果たして…。

レディ・シフ

ロキの回想シーンでレディ・シフが久しぶりに再登場します。

シフは『マイティー・ソー』『マイティー・ソー/ダークワールド』のほか、ドラマシリーズの『エージェント・オブ・シールド』にも登場しましたが、『マイティー・ソー/バトルロイヤル』には姿を見せず、以降の作品にも登場しませんでした。

『マイティー・ソー/バトルロイヤル』には、同じく女性の戦士で腕っぷしの強いヴァルキリーが登場し、キャラが被るのでいなくなったのではないかとも囁かれていました。

しかし、2022年公開予定の『マイティー・ソー/ラブ・アンド・サンダー』では再び復帰することが報じられています。

今後の活躍も気になりますが、これを機会に過去の登場作品をチェックしてみましょう。

アンドロイド、エイリアン、魔法使い

タイムキーパーの正体、それはなんと操作されたアンドロイドでした。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第2話でバッキーと再会したサムは、世界にとっての脅威はアンドロイド、エイリアン、魔法使いの3つだと言いました。

そのうちの一つのアンドロイドが自らの都合で時間軸を管理し、一般人の記憶を消して自らの下で働かせていることを考えると、サムが言っていたことはあながち当たっているかもしれません。

『ファルコン&ウィンター・ ソルジャー』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ
【ネタバレ注意】『ファルコン&ウィンター・ ソルジャー』挿入歌、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ【1話~最終回】マッキーです。 2021年3月19日(金)よりDisney+で『ファルコン&ウィンター・ ソルジャー』の動画配信がスタートします。...

後ろから刺されるロキ

シルヴィに、一緒に過ごして抱いた感情を言葉で表そうとしたロキ。

突如、後ろからラヴォーナに刺され、剪定されてしまいます。

これは『アベンジャーズ』でロキが後ろからコールソンに仕掛けた攻撃と類似しています。

本作でもメビウスに後ろから襲うようなことはしないと言ったロキでしたが、よもや自分がやられる立場になろうとは思っていなかったでしょう。

3人と1匹のロキ?

エンドクレジット後に驚きの映像が登場。

隙を突かれて消されたロキは、アスガルド人が死後に行くヘルを来たものと思っていました。

しかし、目の前には子どものロキ、ムジョルニアのようなハンマーを持ったロキ、おじいちゃんロキ、そして王冠を被ったワニのロキが現れました。

背景をよく見ると、そこには崩壊したスタークタワーが映し出されています。

今後の展開からますます目が離せません。

【7/8(木)公開】『ブラック・ウィドウ』入場者特典、IMAX®、MX4D、4DX映画館一覧まとめ
【7/8(木)公開】『ブラック・ウィドウ』入場者特典、登場人物、映画関連グッズ、IMAX®、MX4D、4DX映画館一覧まとめマッキーです。 待ちに待った 『ブラック・ウィドウ』 が7月8日(木)に公開されます。 今回は『ブラック・ウィドウ』の入場者...
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』『モンスターズ・ワーク』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

【月額548円】auスマートパスプレミアム【映画割引&動画見放題】

映画を観るならauスマートパスプレミアム

auスマートパスプレミアム月額548円のサービス。

もちろんauの携帯電話を使用していなくても加入することができます。

ここがすごい
  1. 映画が1,200円~鑑賞できる
  2. マクドナルドコーヒー無料券などのクーポンが豊富
  3. 音楽・雑誌・ゲームが遊び放題
  4. スタバや駅で使えるau Wi-Fiスポットを使い放題
  5. 雑誌が80誌以上読み放題→「週刊文春」も
  6. 音楽が聴き放題→『紅蓮華』、シンエヴァ主題歌も
  7. ゲームし放題→懐かしのファミコンゲーム

さらに、話題のTVアニメ『鬼滅の刃』『呪術廻戦』全話を視聴することができます。

もちろん動画保存ができるので好きな時に何度でも見れちゃうんです。

そのほかにも特典盛りだくさん!

ここでは語りつくせないauスマートパスプレミアムの魅力はこちらの記事にまとめています。

【30日間無料】auスマートパスプレミアムのお得なメリット一覧こんにちは、マッキーです。 今日は映画やエンタメが好きな人にぜひおすすめしたいのがauスマートパスプレミアム。 月額548円...

こんなにお得なのに料金はたったの月額549円。確実に元が取れます。

また、今なら30日間無料でお試しができます。

ぜひ入会してみましょう。