マーベル(MARVEL)

【ドラマ『ロキ』第3話「ラメンティス」】ネタバレ、トリビア、小ネタ、伏線、考察、隠し要素まとめ

2021年6月9日(水)よりDisney+ (ディズニープラス)『ロキ』の動画配信がスタートします。

ロキは『マイティ・ソー』でソーの義弟として登場。

サノスの手先として地球侵略を企てたり、父王に化けて祖国を乗っ取ったり、いたずらの神としてトラブルを起こしてばかりいるヴィラン(悪役)です。

本来は殺戮をいとわない恐ろしい悪者なのですが、俳優のトム・ヒルドストンのチャーミングな笑顔やソーとの掛け合いを見ていると、ロキに対して親しみが自然と沸いてきます。

そんなズルいところも全部含めて人気の高いキャラクターです。

今回のドラマシリーズでは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のある事件をきっかけに時空を超えたロキの消息が全6話で描かれます。

果たして今度はどんないたずらを仕掛けるのでしょうか。

『ロキ』第3話からのトリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素をまとめました

ディズニープラス ドラマ ロキ ソー ネタバレ 考察
【ネタバレ注意】『ロキ』挿入歌、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめマッキーです。 2021年6月9日(水)よDisney+ (ディズニープラス)で『ロキ』の動画配信がスタートします。 『マイ...
この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

『ロキ』とは

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアイアンマンやキャプテン・アメリカがタイムトラベルをして『アベンジャーズ』の時代に訪れた時に発生したトラブルにより、思いがけずに四次元キューブを手にしたロキ。

そのロキが四次元キューブの力を使って時間を横断し、しまいにはTVAに捕まってしまったことでこのドラマが幕を開けます。

まず、この作品を視聴する前に以下の2作品を視聴することを強くオススメします。

  1. 『アベンジャーズ』
  2. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』

また、以下の作品を視聴すると、ロキが今までに行ってきた数々の裏切りについて深く知ることができます。

  1. 『マイティ・ソー』
  2. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
  3. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』
  4. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

マーベル作品(MCU)での時間軸

本作のロキは『アベンジャーズ』の2012年から時空を超えてタイムトラベルしています。

そのため、それ以降の作品で起きた出来事は知りません。

ロキの連行されたTVAがいつの時代なのか、今後明らかになってくるかも知れません。

登場人物

『ロキ』第2話までに登場した主要キャラクターを紹介します。

ロキ(トム・ヒドルストン/吹替・平川大輔)

北欧神話に登場する悪戯(いたずら)の神のモデル。

裏切り王子、偽りの神などとも呼ばれている。

四次元キューブを使ってアベンジャーズの前から逃げ出したところをTVAに連行され、ロキの変異体が起こしたタイムラインの復元を手伝うハメに。

シルヴィ・ラッシュトン(ソフィア・ディ・マルティーノ/吹替・佐古真弓)

変異体ロキの正体の女性。

何年も前からTVA攻撃の計画を立てていて、タイムキーパーの居場所を探していた。

相手を操る魔術を使うことができ、その能力は本家ロキも下を巻くレベルである。

メビウス・M・メビウス(オーウェン・ウィルソン/吹替・志村知幸)

ドラマ ロキ メビウス・M・メビウス
マルチバースの様々なタイムラインを監視するTVA(時間変異取締局)に所属するエージェント。

TVAの中でも危険性の高い時間犯罪者の捜査を専門としている。

変異体ロキが改変した神聖時間軸を復元するために、事件の張本人であるロキに協力を依頼し捜査に乗り出す。

ロキに対して敵意はないものの研究対象としてみている節があり、ロキを理解することで変異体ロキの行動への理解につながると考えている。

ラヴォナ・レクサス・レンスレイヤー(ググ・バサ=ロー/吹替・鶏冠井美智子)

ドラマ ロキ ラヴォナ・レクサス・レンスレイヤー
TVAのメンバーでタイムラインを分岐させた変異体への裁判を行っている

メビウスの任務に協力する。

タイムキーパーに会ったことはないものの、TVAの中ではかなり近い存在と言える。

ハンター・B−15(ウンミ・モサク/吹替・斉藤貴美子)

マーベル ロキ ハンター・B−15
TVAのメンバー。ゴビ砂漠にいたロキをTVAまで連行した。

ロキのことを一切信用していない。

ケイシー(ユージン・コルデロ/吹替・山橋正臣)

TVAの受付にいる明るい事務員。

ロキに対する警戒心がなく、人の良さもあって彼に協力してしまうことも。

机の引き出しには無数のインフィニティストーンがあり、文鎮として使用している。

ハンター・C−20(サシャ・レーン/吹替・胡麻鶴彩)

第2話より登場するTVAのハンター。

司令官として任務に赴くも変異体ロキに洗脳されて仲間を攻撃、その後、ロキに別次元へ連れて行かれる。

変異体ロキにタイムキーパーへの接触方法を教えてしまう。

ミス・ミニッツ(ローレーン・リバード/吹替・松浦裕美子)

時計に手足が生えたようなデザインのアニメキャラクター。

モニターを通して犯罪者に拘置所のルールについてナビゲートしてくれる。

さらに、モニターから飛び出す事もできる。

第3話「ラメンティス」

変異体ロキが隠れるスーパーに潜入したロキとメビウスらTVAメンバー。

そこに現れたのは女性の姿をした変異体ロキだった。

彼女はTVAから奪ったタイムドアとリセットチャージャーを使い、20カ所の神聖時間軸を同時に爆破。

さらに捕らえていたハンターのCー20からタイムキーパーの居場所を聞き出すことにも成功していた。

呆気に取られていたロキを尻目にタイムドアで別の次元へ。

メビウスが現場に到着すると、ロキも後を追うようにタイムドアへと入っていった。

第1話と第2話に関する情報はこちらの記事にまとめました。

ディズニープラス ドラマ ロキ ソー ネタバレ 考察
【ネタバレ注意】『ロキ』挿入歌、トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめマッキーです。 2021年6月9日(水)よDisney+ (ディズニープラス)で『ロキ』の動画配信がスタートします。 『マイ...

挿入歌

第3話で使用された挿入歌です。

demons/HAYLEY KIYOKO

オープニングのMARVELのタイトルバック時に流れていた楽曲。

Amazonで視聴

Deep Blue/LADYTRON

C-20とシルヴィが会話をしている時に流れていた楽曲。

Amazonで視聴

Dark Moon/BONNIE GUITAR

エンディングに流れていた楽曲。

Amazonで視聴

シルヴィ

エピソード冒頭で変異体ロキの名前がシルビィと判明。

原作コミックのシルビィはエンチャントレスとも呼ばれています。

オクラホマ州ブロックストン出身の10代の少女であり、ラグナロク後のコミックのアスガルド人の一時的な家であり、突然不思議な力に恵まれました。彼女は新しいスキル(呪文、テレポート、さまざまな種類の魔法を含む)を、アスガルドのパンテオンである魔女アモラから借りたマントルと組み合わせ、ニューヨークに向かい、ヤングアベンジャーズと戦います。

シルヴィの王冠

鋭利な短い角が時に武器にも変わるシルヴィの王冠。

良く見ると左側の角が欠けています。

これは2014-5年の原作のマーベルコミックシリーズでロキが着用したものと同じです。

大いなる目的

電車でのロキとシルヴィの会話の中で、シルヴィは「大いなる目的」のために行動していることを告げます。

「大いなる目的」とは『ロキ』の第1話のタイトルと同一です。

また、『アベンジャーズ』でロキが四次元キューブを奪った時も「大いなる目的」のためだと告げています。

今作でのロキとシルヴィの「大いなる目的」が気になります。

王子と王女

第1話で、ロキの性はその時々によってさまざまな性別を行き来するジェンダーフルイドであることが判明しました。

そのため、彼が愛しく感じた相手は、時に王子だったり、時に王女だったりしたことをシルヴィとの会話の中で明かしています。

ロキの義母・フリッガ

ロキの育ての母でソーの実母にあたるフリッガ。

フリッガは幼いころに魔女に育てられていたことが『アベンジャーズ/エンドゲーム』で彼女の口から語られ、それゆえタイムトラベルをしてやって来たソーの正体にも気づくことができました。

今回のエピソードでは、フリッガは実際に魔法を操ることができ、さらにロキに魔法を教えていたことがわかりました。

「もう一杯!」

お酒を飲んで酔っ払い、陽気になるロキ。

兄のソーは『マイティ・ソー』ではセルヴィグと、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では故スタン・リー演じる老人と飲み対決をし、どちらも相手を負かしお酒に強いことを証明してきました。

もっとも、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の中盤以降のソーは酒浸りでしたが…。

そんな酒好きの性格はロキも一緒。

さらに、酔った挙げ句、「もう一杯!」と叫んでグラスを地面にたたきつけました。

これは『マイティ・ソー』で地球に来たばかりのソーがスープを飲んでいたマグカップを床にたたきつけるシーンのオマージュです。

このシーンはソー役クリス・ヘムズワースのアドリブだったようで、隣にいたジェーン役ナタリー・ポートマンとダーシー役カット・デニングスは素で驚いていました。

TVAの嘘

シルヴィがTVAのハンター・Cー20の精神を乗っ取るために過去の記憶を呼び覚ました。

それはTVAに入る前に普通の人間だった頃の記憶で、数百年前のものだった。

そして、TVA職員は皆、変異体なのだという。

ロキは第1話にミス・ミニッツから、TVAの職員はタイムキーパーによって創り出されると説明を受けたが、これは思いこまされているだけで全くのデタラメだったことが証明された。

警備兵の名前

エンドクレジットで電車の警備兵の名前が、ハドソン、ヒックス伍長であることが判明。

これは『エイリアン2』の登場する植民地海兵隊と同じ名前である。

Disney+ (ディズニープラス)とは

マーベル、ディズニー、ピクサー、スターウォーズが好きな方には、動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。
月額770円で、マーベルの最新ドラマ作品『ラーヤと龍の王国』、ピクサー最新作『あの夏のルカ』などの話題作をはじめとした様々な映像作品を見放題(公開中の映画など一部除く)で楽しむことができます。
さらに、追加料金を支払うことで、公開中の映画(7月公開『ブラック・ウィドウ』など)を、いつでも、どこでも、好きなときに観ることができます。映画チケットを買うことを考えると、2人以上で鑑賞する場合はある意味での方がオトクなのです。
はじめてなら初月無料!
まずは一度、お試しで入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)