Disney+(ディズニープラス)

【ディズニープラス独占】『ホーム・スイート・ホーム・アローン』あらすじ、旧作との関係・考察、小ネタ、伏線、ネタバレまとめ(ホーム・アローン6)

【ディズニープラス独占】『ホーム・スイート・ホーム・アローン』あらすじ、旧作との関係・考察、小ネタ、伏線、ネタバレまとめ(ホーム・アローン6)

マッキーです。

クリスマス映画の定番と聞いて何を思い出しますか?

しんしん降り積もる雪、きらびやかなクリスマスツリー、それと泥棒と言って思い出すのは『ホーム・アローン』ではないでしょうか。

そんなクリスマス映画を代表する痛快コメディの最新作がDisney+(ディズニープラス)に登場します。

今回は”ホーム・アローン6″こと『ホーム・スイート・ホーム・アローン』を紹介したいと思います。

『サウンドトラック#1』
 19年来の親友である写真家のソヌと作詞家ウンスは、ウンスの創作活動に協力するために2週間限定の共同生活をはじめることに。
 友情と恋の境界線が曖昧になっていき、次第に新たな感情が芽生え始めて…。
共感できる
もどかしくて切ない
挿入歌がサイコー

作品詳細ページ

『スノードロップ』
 1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。
 厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。
秘密にドキドキ
アクションシーン
ハラハラ

作品詳細ページ

『マーダーズ・イン・ビルディング』
 ニューヨークの高級アパートを舞台に、実録犯罪マニアという共通の趣味で仲良くなったチャールズ(スティーブ・マーティン)、オリバー(マーティン・ショート)、メイベル(セレーナ・ゴメス)という異色のトリオが、建物内で起きた死亡事件の謎を解き明かサスペンスコメディ。
推理がわかりやすい
セレーナかわいい
イケオジ要素

作品詳細ページ

Disney+ (ディズニープラス)
ディズニープラスは話題作がいっぱい

映画が好きな方には動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

ディズニー作品以外にも、『フリー・ガイ』『ノマドランド』などの様々な映像作品が月額990円(または1,000円)で視聴できます。

『ウォーキング・デッド シーズン11』マーベルのドラマシリーズなど、独占配信作品も目白押し!

まずは一度、入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』とは

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』は、マコーレ・カルキン主演で一世を風靡した映画『ホーム・アローン』シリーズの第6作目。

20世紀スタジオが制作を行い、2021年11月12日(金)よりDisney+(ディズニープラス)で配信がスタートした作品です。

長期休暇で東京へと旅立った家族に代わって、坊ちゃん刈りで小太りのクセ強め少年マックスが家中に罠を仕掛け、家に忍び込もうとする悪者をギャフンと言わせる痛快コメディです。

しかも、マックスは家族と離れてしまったことを不安に思うどころか、一人でいられることを喜んでいるタイプの子ども。

アッと驚くようないたずらを仕掛けるのではないでしょうか。

ところで、主人公マックスを演じるアーチー・イェーツはイギリス出身の12歳。

『ジョジョ・ラビット』では、 ジョジョの親友ヨーキー役として出演し、これからの活躍が大いに期待される俳優です。

ちなみに、『ジョジョ・ラビット』はDisney+(ディズニープラス)にラインナップされています。

Disney+ (ディズニープラス)

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』あらすじ

マックス・マーサーは、休暇で日本へ出かけた家族に誤って取り残され、一人ぼっちで家に置き去りにされてしまう。

そんな中、貴重な“家宝”を取り戻そうとする夫婦に自分の家が狙われる。

侵入者から我が家を守れるのはマックスただ一人。

マックスはあの手この手で侵入者を撃退しようとする。

壮大なスケールの愉快なハチャメチャ騒動が起き、事態は混乱状態。

そしてマックスは、愛しの我が家に勝る場所はどこにもないのだと気づく。

『ホーム・アローン』との関係

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』には、なんと『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』に登場したマカリスター家の長男バズ・マカリスターが登場します。

しかも、演じたのは、旧作で同じ役を務めたデヴィン・ラトレイ氏。

1作目から29年経ち、すっかり大人になったバズは、今や警察官です。

ただのカメオ出演なのか、あるいはマックスのピンチに駆けつけるのか、その役回りにも注目したいですね。

新作にマコーレ・カルキンは登場するの?

『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』で主人公ケビンを演じたマコーレ・カルキン

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』への出演も噂されていて、大きな注目を集めていました。

しかし、マコーレ・カルキン氏はツイッターで、『ホーム・スイート・ホーム・アローン』に自身は出演しなことを明かしました。

デヴィン・ラトレイ氏が再登場しただけに、マコーレのカムバックを期待していたファンには少し残念ですね。

『ホーム・アローン』考察、小ネタ、伏線、ネタバレ解説

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』を観る前、もしくは観た後には旧作シリーズの鑑賞をおすすめします。

ディズニープラスには『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』『ホーム・アローン3』『ホーム・アローン5』がラインナップされているため、いつでも好きな時に旧作を観ることができます。

特に、マコーレ・カルキンが主役を演じて世界中を話題で包んだ『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』は、警察官のバズが登場することもあり、鑑賞して損はありません。

また、『ホーム・アローン3』に登場する、13歳のスカーレット・ヨハンソンも見逃せません。

そんな旧作の中から、『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』の映画本編が楽しくなるネタバレを紹介します。

Disney+ (ディズニープラス)

バズのガールフレンド

ケビンは、一番上の兄バズの部屋で、いかつい顔を浮かべたバズのガールフレンドの写真を発見してしまいます。

この写真、さすがに本物の女の子に演じさせるにはキツい、という監督の配慮から、ウィッグをつけた男の子が演じていました。

マーリーの傷

ケビン一家の隣に住むマーリーは手にケガを負っていました。

当初は包帯で覆っていましたが、教会でケビンと会った時には絆創膏になり、ラストの孫娘を抱きかかえるシーンでは傷がほぼ癒えていました。

リトル・ネロのピザ

マカリスター家がよく注文する宅配ピザの店舗の名前は「リトル・ネロ」。

これはローマ皇帝のネロに由来していて、ネロがローマ大火の際に燃える都市を見ながらバイオリンを弾いていたという逸話にちなみ「演奏しない!」というスローガンを掲げています。

ケビンの航空券

ケビンの分の飛行機のチケットは、一家が夕食をとっているときにジュースがこぼれたテーブルの上を片付けている際、父親のピーターが誤ってごみ箱に捨ててしまいました。

銃のネクタイピン

泥棒のハリーが警察官を装って情報収集を行っていたとき、彼は銃の形をしたネクタイピンを身に着けていました。

こんな警官が本当にいたら、なかなか怖いですよね。

2台のバン

一家は2台のバンを使って空港へ向かいました。

全員で17人のため、バンは8人乗りと9人乗りに分かれます。

そのせいで車の登場人数の把握が困難になり、結果、ケビンの不在に気づくことができませんでした。

『汚れた顔の天使』

ケビンがいたずらに使った白黒のギャング映画は、名作『汚れた顔の天使』をモチーフにしたもの。

実際に登場したシーンは本作用に製作されたものです。

created by Rinker
¥2,622
(2022/05/16 08:40:24時点 楽天市場調べ-詳細)

残されたままのミルクとクッキー

サンタクロースにお礼をしたいと考えたケビンは、クリスマスツリーの前に感謝の意を込めたミルクとクッキーを用意しました。

しかし、明くる日のクリスマスになってもミルクとクッキーは残ったまま。

ケビンの成長がテーマの本作には、サンタクロースからの卒業も織り込まれています。

ハリーは既婚者

気絶したハリーのお腹の上を、タランチュラがゆっくりと降りてくるシーン。

よく見ると、ハリーの左手の薬指に指輪があります。

ドナルド・トランプ氏

『ホーム・アローン2』はなんと、若かりし日の第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ氏がカメオ出演していました。

舞台となったプラザホテルは製作当時、トランプ氏がオーナーを務めていました。

真偽は不明ですが、一説によると、トランプ氏は自身を出演させなければ撮影を許可しないと強引に迫ったそうで、マコーレー・カルキン氏ら出演陣からは該当シーンの削除を求める声が上がっています。

フラーのコート

ケビンが『ホーム・アローン』で着用していたブラウンのコートは、『ホーム・アローン2』では従兄弟のフラーが着ていました。

ちなみにフラー役のキラー・カルキン氏は、実際にマコーレー・カルキン氏の弟です。

ハリーの火傷

ハリーの左の手のひらに刻まれた「M」の烙印。

これは『ホーム・アローン』で熱せられたドアノブに触れた際にできた火傷が原因になっています。

ヒューズエンターテインメントのロゴ

ケビンがロックフェラーセンタービルの前のクリスマスツリーを見上げるシーンで、ツリーの後ろにあるビルのライトが、2つを除いてすべて消えていきます。

ツリーの頂点にある星のオーナメントと組み合わさると、本作の製作会社ヒューズエンターテインメントのロゴになります。

ディズニープラスは話題作がいっぱい

映画が好きな方には動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

ディズニー作品以外にも、『フリー・ガイ』『ノマドランド』などの様々な映像作品が月額990円(または1,000円)で視聴できます。

『ウォーキング・デッド シーズン11』マーベルのドラマシリーズなど、独占配信作品も目白押し!

まずは一度、入会してみませんか。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスは話題作がいっぱい

動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)は、ディズニー・ピクサー作品はもちろん、人気の映画やマーベル、スター・ウォーズのドラマシリーズを配信中。

さらに、話題の韓国ドラマ『サウンドトラック #1』 『スノードロップ』などの独占配信作品が目白押し!

すべて見放題で月額990円(または1,000円)

さらに公式HP申し込みからの年間契約だと、月あたり825円でオトクに利用できます。

【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外
Disney+ (ディズニープラス)

もう一つはdアカウント(ドコモ)経由からの申し込み。

ディズニーのオリジナル壁紙やディズニーストアの割引クーポンの配信もあるので、ミッキーが好きな方におすすめです。

もちろんドコモのスマホを使っていない人でも申し込みできます。

Disney+ (ディズニープラス)