Disney+(ディズニープラス)

【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡者、考察まとめ

【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡者、考察まとめ

マッキーです。

早くも話題沸騰中の、ディズニープラス独占配信ドラマ『ガンニバル』

今回は『ガンニバル』のキャスト、あらすじ、死亡者、考察をまとめてみました。

最大6か月間割引キャンペーン中

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ahamo

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー

Disney+(ディズニープラス)がどう変わる?月額料金、追加作品などを徹底解説【『ウォーキング・デッド』『ノマドランド』】
【2023年版】Disney+(ディズニープラス)のお得な入会キャンペーン・特典・裏ワザまとめマッキーです。 2021年10月のリニューアル以降、魅力ある映像作品が日に日に増え、ディズニー以外の作品の充実度にも注目の動画...

『ガンニバル』とは

『ガンニバル』とは、二宮正明によるコミック作品。

その実写ドラマ版が、2022年12月28日よりディズニープラスで独占配信がスタートしました。

妻子を引き連れて、山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟。

大悟一家は村の人々に温かく迎え入れられますが、一人の老婆が変死体で見つかり、状況は一変。

前任の駐在の謎の失踪。

その失踪に関わり、村で異質な存在感を放つ「後藤家」と”あの人”。

本性を次第に現し始める、閉鎖的な村の人々。

次々と起きる事件と狂気が交差する中、大悟は村の「食人」の謎に迫る驚愕のサスペンス作品。

『ガンニバル』は全何話?シーズン2は?

ドラマ『ガンニバル』は全7話になります。

また、原作コミックは全13巻で、既に完結しています。

原作の内容を踏まえると、結末によってはドラマのシーズン2が配信される可能性も考えられます。

『ガンニバル』キャスト一覧

【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡者、考察まとめ

阿川大悟(柳楽優弥)

本作の主人公。

前任者に代わって供花村の駐在に着任する。

元々は刑事として捜査の第一線で活躍していたが、抵抗する悪人に対して容赦なく暴力をふるうため、娘のましろからも「暴力警察官」と言われていた。

ましろを守るためにやむを得ず犯人を殺害してしまう。

供花村の人々や後藤家に対しても柔和な対応をするも、彼らが攻撃的な姿勢を見せたり捜査を妨害してくるや否や、強気な態度で立ち向かい、場合によっては暴力を辞さない狂気を孕んでいる。

前任者・狩野の失踪と後藤家の関係を調べる中で、供花村の隠す食人の真実を追う。

阿川有希(吉岡里帆)

大吾の妻。

粗野な言葉遣いだがコミュニケーション能力が高く、村人ともすぐに打ち解ける。

阿川ましろ(志水心音)

大吾と有希の一人娘。

以前は活発な子だったが、ある事件をきっかけに言葉を発することができなくなり、表情も乏しくなってしまう。

村の小学校の子どもたちと交流を深める中で笑顔が戻り、ここに住みたいと強く思うようになる。

父とは打って変わって、弱者に対してとてもやさしい。

後藤恵介(笠松将)

【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡者、考察まとめ
後藤家の次期当主の青年。

高圧的ながらも後藤家の中では穏健派で、性格は思慮深い。

大悟に対して興味を持ち、彼と信頼関係を築けないかと考えている。

後藤銀(倍賞美津子)

第1話で死体として発見された女性。

死体には不審な点が多かったものの、恵介は熊に殺害されたと断定し、大悟の捜査を打ち切らせる。

のちに、村で唯一の助産師であったことが判明。

後藤家と村人との確執をさらに大きくする。

後藤睦夫(酒向芳)

喧嘩っ早い、後藤家の過激。

後藤家に近づく大悟を亡き者にしようとする。

後藤洋介(杉田雷麟)

恵介の弟。

中村さぶ(中村梅雀)

村人から信頼されているリーダー的存在のおじさん。

人懐っこい顔をしているが、阿川一家に対して執拗に粘着してくる。

狩野治(矢柴俊博)

大悟の前任の駐在。

本編の冒頭において、狂気に取りつかれたかのような様子で後藤家に乗り込む。

寺山や宇多田の証言から、狩野は狂っていたのではなく、供花村の食人の謎に本気で取り組んでいたことがわかる。

狩野すみれ(北香那)

狩野治の娘。

後藤銀の葬式に現れ、棺桶に遺体が無いことを暴露。

“あの人”に殺されそうになったところを大悟に助けられる。

以降、父の失踪を追う大悟に情報を提供する。

恵介のことを信頼している。

寺山京介(高杉真宙)

顔の半分に大けがを負った青年。

18年前の奉納祭で供花村の誰かに顔を食われ、その生きた証人として隠れながら生活している。

宇多田学

大悟が寺山の紹介で面会したオカルトサイトの運営者。

食人文化について調べるうちに、供花村の死産の多さに気づく。

神山宗近(田中俊介)

供花村の来乃神神社の次期宮司。

村の閉鎖性と異常な様子を理解していて、大悟に村から出た方が良いとアドバイスを持ち掛ける。

中村加奈子

さぶの娘。常に髪を振り乱しているため、村人からは異常者とみなされている。

ましろを見て取り乱し、生まれた子どもを後藤銀によって取り上げられたと泣き叫ぶ。

村の行事以外では外出は許されず、さぶによって家に軟禁されている。

第6話「予感」

家から抜け出した加奈子は大悟に、自身の出産のときの助産師が後藤銀だったことを告白する。

程なくして、さぶと村人たちが加奈子を探しに駐在所に訪れる。

大悟は村人たちに啖呵を切りながら、後藤家について調べていることを告げる。

そのことが後藤家に伝わり、恵介が大悟を狩りに誘って殺害しようと試みるも、思いとどまり実行にいたらない。

その夜、ましろが家からいなくなり、大悟と有希は必死になって探す。

結果的に友達と遊んでいただけだったが、大悟は村人たちの仕業だと勘繰る。

翌日、大悟は中村医師と会い、狩野が失踪前に銀を病院に連れてきたこと、銀が海外の人食いする部族が発症していたクールー病だったこと、さらに70年以上前に村にクールー病の子どもがいたことを聞かされる。

その頃、恵介は弟の洋介を、後藤家の限られた人間しか知らない地下牢へと連れていく。

そこには、生後間も無く連れ去られ、あの人に食べられるためだけに飼育された子どもたちがつながれていた。

1話の冒頭で狩野が見たのもこの光景ではないだろうか。

祭りが近づくにつれて家族の危険を感じた大悟は、有希に供花村からの脱出を提案。

村人からの追跡を逃れ、旧知の山伏に有希とましろを保護してもらうと、大悟は再び供花村に戻る。

奉納祭当日。

正装した恵介に狩野すみれから電話がかかり、彼の子を身ごもったことを告げられる。

少し動揺が隠せないものの前を向く恵介。

同じく、飼育された子どもを目の当たりにした洋介も、何か居心地の悪さを感じている。

高所から祭りの様子を眺める大悟。

その背後から後藤岩男が現れ、強靭なパワーで大悟をボコボコにする。

切羽詰まった大悟は、祭りの最中に子どもが殺されるという密告が岩男に近しい人間からあったことを告げる。

冷静で動じなかった岩男が突如怒り出し、そのまま大悟を激しく殴りつける。

第6話の死亡者

第6話は死亡者は出ていません。

さぶの取り巻きの村人の一人が大悟の追跡中、車でスピンし重傷を負いました。

ドラマ『ガンニバル』伏線、考察、残された謎

ここでは本編で明かされた真実や、いまだに解明されていない謎について、テーマごとに考察していきます。

結末がどうしても気になる方には原作コミックをおすすめします。

アプリで原作をオトクに読む

原作コミックを読むなら漫画アプリがオススメ!
サイトごとにお得なキャンペーンを実施中です。
コミックシーモア/新規会員登録で70%オフクーポン
BookLive!/22,000冊以上の漫画がまるごと無料!
まんが王国/毎日最大50%のポイント還元
Amebaマンガ/新規会員限定・100冊まで全商品40%OFFクーポン
ebookjapan/セールイベント多数。Yahoo IDで簡単ログイン
dブック/dポイントが使える。初回50%割引あり

“あの人”の正体

後藤家で絶大な権力を持つ”あの人”。

大柄の老人の姿をしていて、木に登ったり、四肢を使って森の中を走り回ったり、動物のようなしぐさを見せます。

大悟は、1951年にクールー病らしき症状がみられた6歳の少年こそが”あの人”だと考えています。

誰が食人なのか

『ガンニバル』の物語の根幹を成すのは、供花村で代々受け継がれている食人文化。

死者への弔いとしてその死肉を食らう伝統を持つ後藤家の人間の行為は、まさに食人そのもの。

しかし、死肉だけでなく、奉納祭の毎に生贄を捧げられる”あの人”のように生きている人間を食らう者もいます。

しかし、食人を行うのが後藤家だけなのか、まだ謎が残りますね。

寺内京介は何者なのか?どこにいる?

第4話に登場した、半分顔のない青年の寺内京介。

彼には戸籍が存在しなかったため、出生まもなく後藤銀に連れ去らわれ、地下牢で生贄として飼育されていたものだと思われます。

後藤銀の目的は?なぜ殺された?

1話で遺体として発見された後藤銀。

恵介と洋介の祖母にあたる人物です。

その後、彼女が後藤家の中で権力があったこと、供花村で唯一の助産師だったこと、そして生まれた子どもを死産と称して誘拐していたことが明らかになりました。

ディズニープラスは話題作がいっぱい
最大6か月間割引キャンペーン中(2022.7)

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

ahamo

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー