◆本記事はアフィリエイト広告を利用しています
スター・ウォーズ

【第6話ネタバレ解説】スター・ウォーズドラマ『アコライト』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ【Disney+ (ディズニープラス)独占配信】

ネタバレ解説】スター・ウォーズドラマ『アコライト』トリビア、小ネタ、伏線、ネタバレ、考察、隠し要素まとめ【Disney+ (ディズニープラス)独占配信】

マッキーです。

6月5日(水)よりディズニープラス独占でスター・ウォーズドラマシリーズ『アコライト』の配信がスタートしました。

幼いときに悲劇的な運命を体験したオーシャとメイ。

オーシャとジェダイらがケルナッカの屋敷に踏み込もうとした矢先、赤いライトセーバーを持った覆面の人物が襲い掛かってきました。

メイのマスターである彼の正体はカイミールでした。

部隊を壊滅させられながらもオーシャの機転でカイミールを撃退することができたソルは、彼女とともにコルサントへ向かう。

しかし、この時、メイがオーシャに成り代わっていたのです

一方、メイに気絶させられた本物のオーシャはカイミールに発見されます。

この記事はネタバレを含んでいますのでご注意ください
実質1か月分無料

NTTドコモでは、Disney+ (ディズニープラス)に初めて入会した方全員に1ヵ月分相当のdポイントをプレゼントするキャンペーンを実施中です。

こちらは、スタンダードプランに入会で990pt、プレミアムプランに入会で1,320ptが進呈されます。

もちろんNTTドコモのスマホを使っていない人も対象です。

年間契約なら15%オフ

Disney+ (ディズニープラス)では、公式HPから年間契約で申し込むと、月あたり825円(15%オフ)でオトクに利用できます。

Disney+dアカウント以外の申込年間プラン

第6話「指導/堕落」

メイと入れ替わったオーシャはキミールに謎の惑星に連れていかれました。

それまでジェダイこそが正義と信じていたオーシャでしたが、彼の過去やジェダイの欺瞞について聞かされ心が動揺します。

一方のメイはソルとともにコルサントへ向かう途中、宇宙船がしたために修理を試みます。

未知の惑星

アコライトのエピソード6の冒頭で、オーシャは「未知の惑星」とだけ記された海洋世界で目を覚まします。

しかし、それは「最後のジェダイ」で初めて登場した、岩だらけの島々が点在し、最初のジェダイ寺院があった場所だと考えられていた海洋惑星オク=トーに非常によく似ています。

また、ベンソロがダークサイドに落ちた後、ルークスカイウォーカーが亡命した場所でもあります。

しかし、この海の世界は、レジェンドのバルデムニックの説明にも当てはまります。

バルデムニックは、レジェンドでダース・プレイガスが師匠を殺した場所として特に有名ですが、キミールのヘルメットを鋳造するのに使用されたのと同じ金属である希少なコルトーシス鉱石の貯蔵庫もあります。

そのため、この世界はプレイガス自身とのつながりをほのめかしている可能性があります。

緊急コードゼロ

軌道に入ると、マスターソルは「緊急コードゼロ」を使用してコルサントに連絡します。

このコードもビデオゲーム「Star Wars: Empire at War 」から来ています。

「緊急コードゼロ」は緊急の救援を求める緊急救難信号です。

オーシャ/メイがナイフを振り回す

アコライトのエピソード6も、オーシャとメイの重要な共通点から始まります。

世界は離れているにもかかわらず、オーシャはナイフを振り回してキミールの背後に忍び寄ろうとし、メイもマスターソルとともにジェダイの船内で同じことをします。

しかし、どちらもお互いのマスターを殺すことはありません。

あなたの感情はあなたを裏切る

当初、オーシャはキミールが自分の心を読むことができるのではないかと恐れていた。

しかし、彼は実際に彼女の感情を読むことができ、それが彼女の考えを裏切るのだということを明かした。

つまり、これはスカイウォーカーの物語で何度も聞かれた「人の考えは感情を裏切る」という古典的なセリフの逆転である。

「権力を握ろうとする上院議員たち」

マスター・ヴァーネストラ・ロウが共和国元老院議員と会談した際、複数の元老院議員がジェダイ・オーダーの外部調査を要請していることが明らかになった。

しかし、それは単に「権力を握ろうとする元老院議員の行為」だとも述べられていた。

つまり、これは『スター・ウォーズエピソード4/ファントム・メナス』の出来事の100年前に、共和国元老院の腐敗と隠された計画がすでに始まっていたことを示す重要な伏線であるようだ。

キミールの過去

アコライトのエピソード6で重要な事実が明かされるのは、キミールがオーシャに、自分もかつてはジェダイだったと告白したことです。

こうして、このダークサイドの使い手の過去に何が起こったのかという新たな謎が明らかになりました。

キミールがジェダイを離れたきっかけは何だったのでしょうか。

そして、彼はどのようにしてダークサイドに傾倒するようになったのでしょうか。

ピップのリセット

メイがオーシャのピップドロイドを工場出荷時の設定に戻すと、2つのライトが白から赤に変わります。

これは、シスの言語を読むためにシステムがリセットされたときにC-3POとその目に起こることと似ています。

微妙ではありますが、このリセットはスカイウォーカーサーガの最も古典的なドロイドの1つを反映することを意図しているように見えます。

『最後のジェダイ』のレイの衣装がモチーフ?

灰色で肩が開いた衣装を着たオーシャの姿が『アコライト』第6話で見られるが、これは『最後のジェダイ』でレイ・スカイウォーカーが着ていた衣装、特に彼女がルークとアク=トーで訓練していたときの衣装に非常によく似ている。

つまり、この海の世界とその岩だらけの島々と、続編三部作で登場した島とのもう一つの類似点である。

また、これはレイとベン・ソロがそうであったように、オーシャとメイがフォースの二者関係にあることを示唆しているのかもしれない。

未知の環境

ヴァーネストラ・ロウがコファーの調査に参加するのはよい考えかと問われると、アウター・リムと「未知の環境」について言及される。

したがって、これはハイ・リパブリック時代にアウター・リムが主に指していた拡張領域と関係がある可能性が高い。

これは、共和国とその入植者が銀河のこの地域の広大な部分をまだ測量中だったためであるが、そのほとんどは『アコライト』の時点ではおそらく探検されていた。

マスター・ヴァーネストラのハイパースペースに関する問題

アコライトの第6話では、ハイパースペースでヴェルネスタが抱える問題は病気によるものではないことが確認されています。

その代わりに、彼女はハイパースペースは不安をかき立てるものだと反論しています。

これは、ヴァーネストラがハイパースペース中に見るであろうビジョンへの言及であり、若い頃のヴァーネストラを描いたさまざまなハイリパブリックの小説やコミックで初めて言及されました。

新しいジェダイシャトル

コルサントのジェダイ寺院を出発したヴァーネストラとジェダイチームは、新型のジェダイシャトルに乗り込みます。

しかし、このシャトルはT-6と同じシリーズの初期モデルで、かなり見覚えがあります。

T-6はクローン戦争中にジェダイによって、また新共和国時代にはアソーカタノによって広く使用されました。

キミールの傷跡

キミールの傷がジェダイマスターから受けた傷であるかどうかは確認されていません。

彼はオーシャの質問に答えようとしません。

しかし、傷自体はかなりギザギザしており、ライトセーバーでまっすぐに切られたものではないようです。

代わりに、フォースライトニングによるものである可能性があり、キミールがシス卿の元弟子である可能性を裏付けています。

キミールがコルトーシスの能力を確認

キミールは、アコライトの第6話で、自分のヘルメットがコルトーシスで作られていることを明かしています。

コルトーシスは、スターウォーズの銀河でライトセーバーを一時的に無効にできる希少金属です。

しかし、彼はまた、そのヘルメットの2番目の力として、思考をブロックすると同時に、感覚遮断ヘッドピースとしても機能することを認めています。

つまり、それをかぶった人は、気が散ることが限られるため、フォースへの集中力とつながりをさらに高めることができるのです。

「あなたが持ち込んだもの」

キミールはオーシャに、ヘルメットがすべてを奪い去るので「あなたとフォースだけ…そしてあなたが持ち込んだものだけ」になるとも告げる。

これは、ヨーダがルークに、フォースの境界内にあるフォース以外のものは彼が持ち込んだものだけであると告げるダゴバの邪悪な洞窟と関連しており、これはフォースの重要なビジョンに先立つ古典的な概念である。

したがって、エピソードの最後にヘルメットをかぶったオーシャは、フォースと再びつながる可能性が高い。

ジェダイのコファー調査

マスター・ヴァーネストラは、コファーで起こった戦いの音を聞いているようで、残酷な戦いの残響を感知できるようです。

フォースを通して残響を感知する能力は、少数の強力なジェダイだけが持つ稀有な能力で、その多くは物体に触れるだけで過去の瞬間に完全にアクセスできます(サイコメトリーと呼ばれます)。

この能力を持つ有名なジェダイには、クインラン・ヴォス、カル・ケスティス、アソーカ・タノなどがいます。

ヴァーネストラのライトセーバーウィップ

ヴァーネストラの印象的なライトウィップは、ついに『アコライト』第6話で実写デビューを果たします。

予告編で予告されていたように、ヴァーネストラの紫色のライトセーバーには、彼女がまだパダワンだったときに改造した別のウィップ機能があります。

そのため、彼女の印象的でユニークなライトセーバーは、正典のハイリパブリックの小説とコミックに初めて登場しました。

カイロ・レンのテーマ、再び

カイロ・レンのテーマ曲は、アコライト第5話の最後でキミールの登場シーンで初めて流れ、続編で使用されたが、アコライト第6話のエンドクレジットで再び聞くことができる。

これはカイロとキミールの重要なつながりを示唆しており、おそらくキミールがレンの初期の騎士として明らかになることをほのめかしている。

いずれにせよ、聴覚的なイースターエッグの背後には意図的な理由があるようだ。

実質1か月分無料

NTTドコモでは、Disney+ (ディズニープラス)に初めて入会した方全員に1ヵ月分相当のdポイントをプレゼントするキャンペーンを実施中です。

こちらは、スタンダードプランに入会で990pt、プレミアムプランに入会で1,320ptが進呈されます。

もちろんNTTドコモのスマホを使っていない人も対象です。

年間契約なら15%オフ

Disney+ (ディズニープラス)では、公式HPから年間契約で申し込むと、月あたり825円(15%オフ)でオトクに利用できます。

Disney+dアカウント以外の申込年間プラン
ディズニープラスは話題作がいっぱい
最大6か月間割引キャンペーン中(2022.7)

NTTドコモではDisney+ (ディズニープラス)と、ahamoもしくはドコモのギガプラン※を両方契約すると、Disney+ (ディズニープラス)の毎月990円(税込)が最大6か月間割引(5Gギガライト・ギガライトは最大4か月間割引)になるキャンペーンを実施中です。

月額2,970円(税込)で20GBも使えるドコモの格安プランahamoにも対応しているので、スマホの乗り換えを考えている人にもお得なキャンペーンです。

ドコモユーザーがディズニープラスに入会するなら今がチャンス!

ドコモ経由でディズニープラスに入会。

ahamoもしくはドコモのギガプラン※を契約。

ahamo

※「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」を契約、または「はじめてスマホ割」「U15はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「ドコモのロング学割」を利用せずに「5Gギガライト」「ギガライト」を契約

キャンペーンページよりエントリー